子育て中の悩みは怒ってばかりの自分!1歳の子供の叱り方のコツとは?

スポンサーリンク

子供は親が予想もしていないことを突然したり、

危ないことも平気でしてしまいます。

その度に親としては叱らなければならないわけですが、

子供のためを思って叱りたいと思っていても、

つい感情的になり怒鳴ったり、

ガミガミと怒ったりしてしまいますよね。

そしてそんな自分に嫌気がさして悪循環に陥ったりも…。

どうしたら子供のためにも自分のためにも

いい叱り方が出来るのか考えました。

大きな声を出さないように、

子供にイライラをぶつけないように

どうしてダメなのかを真剣に話すようにしたり

自分なりに工夫したら子供が変わってきたこと

その中で大切だと感じたことをお伝えします。

1歳の子育てにイライラして叱る場面が増えた

スポンサーリンク

スーパーなどで床に寝転んで

グズグズ言っている子供に対して、

お母さんが大声で「いい加減にしなさい!」

なんて言う場面、見たことあるでしょうか?

私もそのような場面は何度も見たことがあるのですが

自分に子供がいない時には

「あんなに小さいんだからまだ怒らなくていいだろうに」

「私はあんな風なお母さんにはなりたくないな」

なんて思っていました。

しかし、今実際に子育てをしていると

ガミガミ怒ってしまうお母さんの気持ちが

わかるようになってきました。

私にはもうすぐ2歳の娘がいます。

0歳の時は、まだ自分で自由に動けないので

特に怒る場面もなく過ごしていました。

でも1歳を過ぎて自分で歩くようになると

あちこちに自由に行くし、スーパーなどでも商品に触ったり、

他の人の迷惑になることもします。

また道路に飛び出しそうになったり、

机の上にあるものを落としたりと、

本当に目が離せないし、危ないことばかりです!

自分の中の理想は、落ち着いて叱りたいのですが、

そもそも育児で疲れている状態で

何度も何度も叱るような場面が来るので、

どうしてもイライラしてしまい

落ち着いて叱ることが出来ません。

でも、確かに娘は悪気があってやっていることはないのです。

なのにそんな娘に対して

「コラー!!」なんて声を上げてしまう自分が情けなく

自己嫌悪に陥ることもしばしば…。

しつけのために、娘のために

「叱る」ことは大事だと分かっているのに

どうしてもイライラした感情を

そのままぶつけてしまっている自分がいました。

1歳半を過ぎた辺りから本格的に好奇心旺盛になり

危ない機会も増え怪我もするようになってきたので

一度しっかりと自分の中で

「子供の叱り方」を考えるようにしました。

子供の叱り方を変えたら1歳の娘の行動も少しずつ変わってきた

よく「怒る」と「叱る」は違うと言われますよね。

「怒る」は自分の感情をぶつけること。

 「叱る」は正しい方向に導くこと。

と私は思っています。

私が今までやっていたことは「怒る」ことが

多かったと思います。

娘はまだ1歳なので私よりも弱い立場です。

なので、私が大声をあげて怒鳴ると

娘はビックリして怖がります。

でも、それって怖がらせているだけで

娘のためにはなっていないなと思うようになりました。

*何が悪いのか

*どうしたらよかったのか

ということを言葉がまだ完全には分からない時期でも

しっかりと教えていかなくてはいけないなと

思うようになりました。

叱る時は大体突然なので

毎回落ち着いてゆっくり考える暇はないのですが

まず、親である私は、

自分がイライラしていることを自覚して

そのイライラと娘がしたことは

切り離して考えるということを心がけました。

例えば…娘がテーブルの上のお茶が入ったコップを

倒してしまったとします。

今までの私は

「あー!もー!!なんでそんなことするの!!」

と大声をあげていました。

でもこれはただ私が

「片付けがめんどくさいな」とか

「服を着替えさせなくてはいけないから大変だな」とか

思っているからイライラしているんだと自覚しました。

でもそんなイライラを娘にぶつけるべきではありませんよね。

娘のためになるように叱るには

なぜコップを倒してはいけないの?を教えることが重要です。

コップが倒れて飲み物がこぼれてしまうと

*自分の服が濡れてしまう

*服が濡れると風邪をひく

*もし周りに人がいたら周りの人にも迷惑がかかる

ということになりますよね。

また、今後のためにも

*手の当たるところにコップを置いては危ない

*食事中にはコップを倒さないためにも

 落ち着いて座っていなければダメ

ということを教えなくてはいけません。

大声は上げないようにし、

その代わりに笑ったりせず真剣に目を見ていうことを

心がけるようにしました。

今までは

「どうせ言っても理解できないし」と思って

真剣に話をしていませんでした。

ただ、自分がイライラしているから

とりあえず大声で怒ってしまっていました。

でも、こちらが笑わずに真剣に話すと、

娘も次第に真剣な顔で話を聞いてくれるようになりました。

完全には言葉を理解出来ているわけではないと思います。

でも、「これはダメなんだよ」ということを

何度も何度も教えるうちに、

少しずつ娘の行動も変わってきました。

このように、まだ私も子育ては2年しかしていませんが

*まずは大声をあげないこと。

*自分のイライラを子供にぶつけないこと。

*何がダメなのか、どうしたら良いのかを

 簡単に分かりやすく何度も教えること。

が子供を叱る上で大切なことなのかなと思っています。

子育てしながらイライラして反省することも!怒ってしまった時は素直にあやまる

このように自分なりの叱り方を決めていても、

色んなことが重なってしまうと、

ついいつもどおり怒ってしまうことがあります。

まだまだ小さい我が子。

決して悪意があってやっているわけじゃないのに、

必要以上に怒りすぎてしまった時は罪悪感を感じますよね。

そんな時、私はすぐに素直に

「◯◯ちゃん、お母さん怒りすぎちゃった。ごめんね。」

と謝るようにしています!

まだ1歳で完全に言葉が通じているわけではありませんが、

このように自分が悪いと思ったら

すぐに謝るという姿勢は大切ではないかなと思います。

親だから偉いとか、

親だから理不尽なことを言っても許されるというわけではありませんよね。

子供だって、立派なひとりの人間です。

親だって、間違うこともあります。

だからそれは素直に謝るべきだと私は思います。

そうすると、子供も素直に謝れる人に育つのではと思っています!

まとめ

子供の叱り方は本当に難しいものですね。

でも、一人前の人間として育てていくためには

正しいことを教えるのは大切なこと!

これからもっと成長するにつれて

叱り方も難しくなっていくと思います。

何が悪いのかをしっかり伝えて、

本人の性格や関係のないことまで否定しないように

私も気をつけていきます!

子供のためになるような叱り方が出来るように

みなさん頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする