いちごがない時期のケーキの飾り付けは?代用品はチョコの飾りを手作り!

スポンサーリンク

家族のために、ケーキを手作りしてあげたいけど、

季節によっては、いちごが手に入らず飾りつけに悩む・・、

そんな悩み、ありますよね。

大丈夫です!いちごがなかったとしても、

他にも使えるものは、いっぱいあるんですよ。

チョコの飾りの作り方やいちごの代わり使えるもの

「そんなものがあるんだ~!」という、新しいものを交えて、

ご紹介しますね!

フルーツなしのデコレーションケーキ用にチョコの飾りを手作りしてみた

スポンサーリンク

ケーキの上には、よくチョコの飾りが乗っていますが、

家にあるもので簡単に作ることができます。

今回は、くるくるっと巻かれたような形のチョコと、

少し余ったチョコを絞って簡単な飾りも作ってみました。

少し割れてしまっても、飾れば芸術(笑)

お店のケーキっぽく仕上げてみたい!という人にもおすすめです。

①用意するものは

  • 湯煎したチョコ
  • チョコを伸ばすシート(細長く切る)
  • チョコに模様をつける厚紙(はさみでギザギザに切っておきます)
  • チョコを巻き付ける棒

②チョコをシートに伸ばします。

③ギザギザの厚紙で模様をつけます。

④しばらく、そのまま乾かします。

⑤だいたい乾いたら、チョコを絞った方を内側にして棒に

巻き付け(シートが外側)、冷蔵庫で冷やします。

⑥最後にシートをゆっくりはがして完成です!

とても簡単に出来上がりました!

おしゃれな感じで良いですね♪

余ったチョコがあったらシートに直接絞って

別の形の飾りも作れます。

本当は、キャラデコとかもやってみたいのですが、

さすがに訓練が必要です・・。

絵の上手な人がうらやましいです!

いちごの代用品として使えるものって?季節のフルーツやいちごパウダー

夏のケーキ屋さんをのぞくと、

ショーケースには、いちごのケーキが並んでいたりします。

それは一体なぜなのでしょうか?

ケーキ屋さんは、夏場でも、いちごのケーキが作れるように、

輸入いちごを取り寄せているのです。

(でも、味はあんまり美味しくない・・)

また、最近では、いちごの品種改良も進んでいて、

一年中、美味しいいちごが収穫できるように

なっているということです。(でも、値段はお高い・・)

いちごの代わりに、季節の果物をふんだんに使っているという、

ケーキ屋さんもあります。

季節の果物は、まさに旬なので、美味しいに決まってますよね。

生クリームのケーキには、いちごももちろん合うのですが、

「メロン」や「桃」も、とても合うんですよ!

メロンや桃は、いちごよりも食感がかなり柔らかいので、

食べた時にすごくクリームやスポンジとの相性が良いのです。

また、生のいちごは乗っていなくても、

いちごのソースやジャムが使われることもあります。

製菓材料の「いちごのパウダー」も、かなり使えます!

粒の細かいものは、クリームに混ぜればイチゴクリームができるし、

生地に混ぜて焼けば、ピンク色のケーキが焼けるんです。

いちごクリームのモンブランなども、

これで作ることができますね!

粒が荒いものは、ケーキの飾りとしてトッピングしても、

とてもきれいですよ。

 

デコレーションケーキは苺以外ではどんなものがある?

ハワイアンなパンケーキに、

きれいな花がトッピングされているのを見たことありませんか?

あれは、「エディブルフラワー」という、食用花なんです。

食べるために栽培されているので、農薬なども使われていません。

しかも、「ビタミン」などの栄養も含まれているので、

これは食べないわけにはいきませんね。

これも、もちろんケーキの飾りとして使うことができ、

見た目もすごく華やか!おしゃれ!

また、いちごのない季節にオススメのケーキがあります。

  • 和風ケーキ

抹茶、栗、黒豆、白玉、マカロンなどを使ったケーキ。

年配の方や、和菓子が好きという人に。

  • モンブラン

モンブランには、いちごの飾りではなく、

ピスタチオ、ハーブ、栗の甘露煮や渋皮煮が似合いますよね。

  • チョコレートケーキ

チョコレートのケーキは、いちごがなくても、

大人っぽく仕上げることができます。

例えば、オレンジピール、金箔、ホワイトチョコ、

アーモンド、生クリームなどでデコレーションします。

ガトーショコラには、生クリーム、ブルーベリー、

ハーブなどがお似合いです。

  • チーズケーキ

レアチーズケーキなら、エディブルフラワーはとても

映えます!

ベイクドチーズケーキは、

シンプルな飾りつけでも似合うし、スポンジケーキのように、

クリームやフルーツで飾ってもかわいいです。

まとめ

 

 

 

デコレーションケーキといえば、「生クリームといちご」ですが、

人の好みも色々あります。

子供でも抹茶が好きな子もいるし、

「生クリームのケーキは、胃がもたれてあまり食べられない」

という人もいます。

実は私も、子供の時からあまり生クリームが食べられませんが、

誕生日は毎回のように生クリームでした・・

色んな種類のケーキを作って、

それに似合った飾りをつければ、「ケーキ=いちご」を

飛び越えて、もっと自由にケーキを選べます。

いちごがない時期だからこその、

色々なケーキと飾りつけを楽しんでみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする