子育ての疲れを解消するには栄養バランスの良い食事が大切!

スポンサーリンク

子育てって悩みも多いですよね。

この悩みが疲れになり、

ためると心と身体のバランスがとれなくなります。

疲れを解消しようと言われても、、、

まずは、疲れはためないことが大事!なのは、

みんな分かっていることなんですよね。

子育ては何で疲れる?

スポンサーリンク

子供の成長は嬉しい。

笑った、怒った、泣いた!!って振り返れば、

こんなこともあったあった! あれ、辛かったよね~と

笑いながらでも思い出せるけど、

今その現実とぶつかってる時って、

絶対に笑えないし泣きたいくらい。

もしくは、泣いてる人だっていると思います。

私も、泣いたな~

このどん底にいる気持ちにプラスされるように身体が動かない。

「あぁ疲れた」と子供が泣いている横で、

何度も思ったし、口にしたこともありました。

今日は、朝からなんだか気分もいい、そして考える。

「今日は、これやっちゃおう」「あれも、片づけちゃおう」

なんて予定を立てるけど、

ひとたび子供が泣きだせば、自分の予定はガラガラと音をたてて崩れ、

心も辛くなり「あぁ、今日もまた○○できなかった」と

反省や後悔が、頭の中をグルグル・・・。

その原因ってなんだろう?

5年間、娘を育てて気づいたのは「頑張りすぎている」ということ。

私は、結婚と同時に仕事を辞めることを選びました。

それまでバリバリ働いては

暇さえあれば、バック一つで旅行に出てしまうという

自由な生活をしていました。

結婚というあの紙切れにハンコを押した時点で・・・

あぁ・・・と。

結婚したことは幸せですよ! たいして生活も変わってません。

でも、他人と一緒にいると自分のペースでは生きられないので

疲れる!ってのが本音です。

ここに子供が出来て休みなしとなれば・・・ね・・・

私は家にいる事を選んだからこそ

全てを完璧にこなそうとしてきました。

そして子供が出来て、

妊娠している最中も産後もそれは変わりませんでした。

里帰りってどう?

 

 

私は、父子家庭育ちでしたので

まぁ戻れないというのが正解でしょうか。

それに、義理両親ともそこまで仲が良くないというか

家にいられる事が「嫌だ」と感じてしまい

ありがたい言葉はいただきましたが

産後も妊娠前と何変わらぬ生活を、

家に戻った初日から始めていました。

自分の母親に頼れるのなら甘えてみることも大切です。

とやかく言われるんだよな・・・ということもありますが

心配だからこそ言うんです。

だって、自分の娘なんですもの。

自分の産んだ子供も可愛いですよね?

そう、自分たちの母親も、自分の娘が可愛いし心配だからこそ

つい口がでてしまう。

きっと、自分たちも20年後とか30年後

子供が女の子なら、あーだ、こーだと言うかもしれません。

男の子なら、お嫁さんにあーだ、こーだと言うかもしれません。

いつの時代も変わらないのかも!

子供の成長が疲れに!?

子供は、成長と共に色々なものに興味があるものです。

そう、色々なものに手を出し、やらかし、泣く。

そうじゃないって!って使い方がツボにハマり

ずっと笑い続ける。

なぜかよくわからない物にこだわり

片づけたりすると泣いてさわいでこっちもイライラ。

自分たちも通ってきた道だけど、

大人になると忘れてしまう。

子供のこだわり・・・。

このよく、わからないような嬉しい成長が

どっと疲れを呼ぶんです。

でも、成長は嬉しいんですよね。

原因は、本当に人それぞれ、さまざまな悩みがあります!

食事に気を使って疲れを解消してみよう

どんな事にもベースがあって

やっぱり私たちの生活の基盤は「体」なんです。

この体がうまく機能しないと心も機能しなくなる。

でも、子育て中って忙しいし自分のことなんて後回し!!

そんな時、強い味方の粉物、麺類、パンなどで

時短で済ませるときありますよね。

しかし、その主役を米類にすると

栄養バランスがとりやすくなるんです。

例えば、白ご飯と味噌汁。

味噌汁に具は入れるでしょ?

そう、そこに野菜を入れちゃえば栄養も簡単に取れますよね!

栄養は、疲労回復!!とまでいかなくても

疲労回復の手助けをしてくれるし、

回復力が下がることをおさえてくれたり、いいこと沢山なんです!

和食が注目される理由、なんとなくわかりますよね?

毎日じゃなくても、3食の一食だけでもご飯を食べてみましょう!

これが無理な場合はサプリメントを補助的に飲んで

バランスをとるのもいいですよ!

ただ、お薬を飲んでいたり母乳育児などで気になる方は

病院の先生に相談してからがいいです。

私は、バセドウ病の薬を飲んでいるので、先生に相談しました。

あとは、子供の検診や自分の健康診断の時に

「飲んでも平気ですか?」など聞いてしまっています。

せっかくですからプロに聞くのが一番いいです。

 

サプリは薬っぽいし・・・と抵抗がある人もいますよね。

そんな時は、ナッツやドライフルーツ

ただ、お砂糖、お塩不使用のものがベストです!

食べる量は適量があり、取りすぎてもNGです。

ナッツやドライフルーツの中には、

「スーパーフード」と言われるものもあります。

私も、子供が小さい時から

夜中にお腹が減ったときにお世話になっています。

一粒での栄養素が高いので

例えばアーモンドなら3~5粒程度でOK!

「えぇ!?少なくない?」って思いますよね。

でも、よく噛んでたべると、

この粒数でもお腹がいっぱいになるから不思議・・・。

そして、疲労回復にも役立ってくれるんですよ!

ナッツにドライルーツ、身近にあるけど、あなどるなかれ!

まとめ

疲れを解消するために「食事」は大切です。

私たちの体は、自分の口にしたもので作られています。

そして疲れをとったり疲れをため込んだりと変化し

心にも大きな影響を与えます。

忙しい時こそ、栄養のバランスに気をつかってみましょう。

子育ては疲れます、身体が疲れに強ければ

子育ての大変な部分も乗り越えていけますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする