赤ちゃんの歯磨きは無理やりでもやった方が良い?歯医者さんの指導は?

スポンサーリンク

赤ちゃんは大体6ヶ月ごろから乳歯が生え出します。

はじめは下の前歯から生えてきますが、

その頃から気になるのが

「歯磨きってどうすればいいんだろう?」ということです。

歯が生え出すと、離乳食も始めますから

虫歯にならないか気になりますよね。

最初は歯磨きシートで拭いてあげていた我が家の娘は

10ヶ月を過ぎて歯ブラシを使いはじめると

すごく嫌がって泣いてばかりでした。

あまりにも嫌がる娘に私も心が折れてしまって

毎日の歯磨きが手抜きになってばっかりでした。

これじゃまずいよなぁ~と思っていたので

奥歯が生えてきたのをきっかけにして歯医者さんでみてもらうことに!

そこで歯医者さんからのお話を聞いて

きちんと出来るようになった方法をお教えします。

赤ちゃんの歯磨きのやり方!はじめは歯磨きシートで簡単に

スポンサーリンク

娘は生後5ヶ月を過ぎた頃に

小さく乳歯が生えていることを発見しました!

下の前歯から生え出したのですが、

完全にしっかり生えるまでは結構時間がかかったと思います。

なので、きちんと生えるまではあまりケアはしていませんでした。

半分くらい生えてきたところで、

市販の「歯磨きシート」に、赤ちゃん用の歯磨きジェルをつけて、

夜に歯が生えているところをゴシゴシとこすってあげていました。

ただ、この頃はまだペースト状の離乳食ですし、

まだ歯を使って物を食べるということはしていなかったので、

そんなに歯磨きの重要性は感じていませんでした。

他の歯は徐々に生え出しましたが、

まだしっかり歯ブラシで磨くほどではなかったので、

生後10ヶ月近くまでは歯磨きシートをメインに使っていました。

赤ちゃん用のシリコンの歯ブラシも買ってみましたが、

娘はカミカミしてしまいすぐにボロボロになるし

知り合いの赤ちゃんは、

噛みすぎてちぎれた破片を飲み込んだと聞き

怖くなって、使うのをやめました。

しばらくそのような形で歯磨きシートだけを使っていたのですが、

生後10ヶ月辺りから上も下も歯がどんどん生えてきました。

そして歯磨きシートをしている時に、

私の指を噛むようになってきたので、

その頃から本格的に歯ブラシと歯磨き粉で磨くことにしました!

赤ちゃんが歯磨きを嫌がるときの方法がわからず歯ブラシに悪戦苦闘の日々

私がまず初めに準備したのは1歳前後から使える歯ブラシです。

自分で磨かせる用と仕上げ磨き用の2本準備しました。

ここから歯ブラシを使っての歯磨きを始めたのですが、

予想以上に赤ちゃんの歯磨きは難しいものでした…。

娘はまず、歯ブラシを奪ってとにかくカミカミしたがります。

いずれは自分で磨かせなくてはいけないので、

最初は一応練習として娘に持たせるのですが

ずーっと噛むばかりで歯磨きにはなりません!

おまけに歯ブラシのブラシ部分はすぐにボロボロ…。

噛みすぎてブラシが抜けてしまうということもありました。

次に私が仕上げ磨き用の歯ブラシを持ってきて磨こうとすると、

仕上げ磨き用の歯ブラシにも噛みつき、離しません!

口を無理やり開けようとしても嫌がって泣き出すので

全然磨けない…ということが続きました。

磨いている時に口を開かせたいので口の中に手を入れるのですが

思いっきり噛み付かれて指が切れたのではないかと思うことも…。

あまりにも娘が泣くので、それを見た夫は

「ここまでして歯磨きってしないといけないの?」

「まだ大して色んなものを食べてないのにここまで磨く必要ってあるん?」

と言うようになりました。

私も、もちろん娘を泣かせたくないです。

でも、虫歯になって可哀想な思いをするのは娘だから!と

無理やり歯磨きをしていたのですが、

そのうち膝の上に寝転ぶことすら拒否するようになり、

私自身も少し心が折れてきてしまい、

「無理やり押さえつけて歯磨きしたくないな…」と、

娘を椅子に座らせた状態で軽く歯磨きをするようになってしまいました。

そんな風に、

の歯手抜き磨きをするようになってしまっていた私だったのですが、

「こんな適当な歯磨きじゃ、やっぱり虫歯になっちゃうよね?」

不安になってきました。

自治体で行われる1歳半検診でも、歯の検査はしてくれるのですが、

1歳過ぎには奥歯が生えていたので、

もう1歳半までは待てない!と思い、

近場の歯科医院で娘の歯を診てもらうことにしました。

赤ちゃんの歯磨きは無理やりでもきちんとやってあげる!

1歳4ヶ月の頃に、近場の歯科医院に行くことになったのですが、

幸い、娘に虫歯はありませんでした!

しかし、その時に先生から

「子供はみんな歯磨きは泣くんですよ。

 でも、無理やりにでもきちんとやってあげてくださいね。

 虫歯の治療はもっと泣きますよ!

 お母さんが仕上げ磨きをしっかりしてあげているかどうかが、

 今後虫歯になるかを左右します!」

と言われました。

娘に虫歯がなかったのは本当にたまたまで、

今までの手抜きの歯磨きはダメだったんだなと反省しました。

また、娘は1歳すぎても母乳を飲んでおり

母乳を飲んでいる子は飲んでいない子に比べて

前歯の裏が虫歯になりやすいということを注意されました。

歯医者さんに教えてもらった歯磨き方法は

*まず泣いてでも、必ず膝の上に寝かせる。暴れる場合は押さえつける。

*奥歯の奥の歯茎に指を入れて、口を開せる。

*前歯の裏からしっかり磨く

ということでした。

歯医者さんに目の前で歯磨きのお手本をしてもらいましたが、

時間としては1分~2分ほどだったと思います。

1、2分なら泣かせてでもしっかり磨こう!と思えますよね。

前歯の表側や、下の歯などは

よっぽどのことがない限り虫歯にはならないそうです。

一番虫歯のリスクがあるのは前歯の裏!

そして奥歯!なんだそう。

確かに、私や夫も奥歯は銀歯ですし

前歯の裏も治療しています…。

ですから、私は前歯の裏をしっかり磨くことを心がけています!

私が行った歯医者さんでは、その後フッ素も塗ってくれました。

フッ素は、虫歯を完全に防ぐものではありませんが、

虫歯の予防に効果的のようです。

こうして、歯医者さんにしっかり歯の状態を診てもらい

アドバイスをもらったことで、

今では毎日歯磨きの時間は

夫婦ともに心を鬼にしてしっかり磨くようにしています!

子供の歯が虫歯になっていないかどうか、

自分の歯磨きの仕方は正しいのか…

自分ではなかなか分かりませんし、不安ですよね。

特に、歯の生え方や離乳食の進み方などは個人差も大きく、

周りの友達に相談しても分からないと思います。

歯医者さんは虫歯になってなくても行ける場所です!

もし、お子さんの虫歯が気になっている方は、

ぜひ早めに歯医者さんに診てもらうことをオススメします。

まとめ

私の姪っ子や甥っ子、他のママ友に聞いても

歯磨きで嫌がって泣かない子はいないようです。

でも「泣くから可哀想」という理由で歯磨きを親がサボると

子供は必ず虫歯になります!!

歯磨きは毎日のことなので、

ちょっと大変ですし毎回泣かせると

こっちも疲れてしまいますが、

乳歯が虫歯だと

その後に生える永久歯も虫歯になりやすいそうなので

赤ちゃんのうちからしっかりとケアしてあげるように

みんなで頑張りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする