玄米麹のレシピ!醤油麹のかんたんな作り方!玄米麹の効能がすごい?

スポンサーリンク

麹はなんと、紀元前から存在し、

昔から「貴重な栄養源」として、作り続けられてきました。

現在でも、お味噌など、日本では麹が欠かせない存在ですよね。

麹には、米麹、麦麹、豆麹があり、

その中でも今回は米麹に注目してみましょう。

麹は、酵素の働きで消化を助けてくれたり、

善玉菌の働きで、腸内環境を整えてくれたりと、

実はすごいパワーの持ち主なんです。

その「生きた麹」を食生活にもっと活用できれば、

より生き生きとした毎日を過ごすことができます。

いつもスーパーで見かける米麹は白米麹です。

玄米麹はなかなかご近所さんでは売られていませんが

通販サイトでは種類もたくさんあって購入できますよ。

かんたんに出来る醤油麹の作り方や麹の活用や効能を紹介します。

麹をもっと生活に役立てていきましょう!

醤油麹の作り方!旨味たっぷりの発酵調味料

スポンサーリンク

少し前に、「塩こうじ」がブームとなりました。

「肉や魚がやわらかくなる」「手軽に漬物ができる」

ということで、

私もブームに乗っかり、色々使っていました(笑)

特に、高菜の塩こうじ漬けはよく作っていました!

からしを入れないのに、ピリっとして美味しいんです。

今回は、今人気の「しょうゆこうじ」をご紹介します。

醤油麹は、うま味がたっぷりの、発酵調味料です。

自宅で簡単に作れて保存もきく、

冷蔵庫にストックしておいて損はない調味料です!

活用も幅広く、

  • 漬物(海鮮を漬けてもおいしいです)
  • 和え物
  • 煮物
  • 肉や魚のタレにする
  • 冷ややっこに乗せる
  • 納豆と混ぜる
  • 卵焼きに入れる

など、色々と使えますよ!

【醤油麹の作り方】

【材料】

醤油

麹(白米or玄米、生麹or乾燥麹でも良いです)

①醤油と生麹を同量、ボウルでよく混ぜます。

(乾燥麹の場合は、ほぐしてボウルに入れ、

乾燥麹の2倍量の醤油を入れて混ぜます。)

②フタ付き容器に入れて、常温で数日置きます。

生麹を使った場合、

2日目に米麹がひたひたになるくらい、

更に醤油を足します。

(乾燥麹の場合は入れなくて大丈夫です)

③一日一回、フタを開けてよく混ぜます。

夏場は一週間前後、冬場は2週間前後で、

全体がとろっとした状態になればOKです。

冷蔵庫に入れて3か月くらい日持ちします。

お好きな料理に使ってくださいね。

今回は醤油麹をご紹介しましたが、

米麹で「べったら漬け」も作ることができます。

大根を一度塩で漬けてから、甘酒で漬けた、甘い漬物です。

家で麹が使えたり、漬物を家で漬けられるって、

日本の文化と自分が繋がっている感じで、とても良いです!

 

生麹と乾燥麹の違いは?

生麹は生の麹、乾燥麹は、乾燥させた麹のことを言います。

麹は乾燥させることで、栄養価はそのままに、

長く日持ちさせることができます。

生麹も、一か月くらい持つのですが、

乾燥麹だと、一年程日持ちさせることができます。

米麹は、漬物コーナーや冷蔵コーナーで売られているのを

よく目にします。

袋の裏に、使い方やレシピが書いてあったりするので、

一度手にとってみてくださいね。

 

玄米麹は栄養価が高い!必須アミノ酸を全部含んでる

玄米麹は、

  • 必須アミノ酸をすべて含んでいる
  • ビタミンを豊富に含んでいる
  • 食べた後、血糖値の上昇がゆるやか(低GI)
  • 脂肪を分解し、ダイエットにも役立つ
  • 脳のアンチエイジングに効果がある
  • シミやくすみの予防、美白効果が期待できる
  • 「腸内環境」を整え、あらゆる病気の下地を作らせない

など、これだけの効果が期待できるのです!

市販品を活用するのはもちろん、

玄米麹は取り寄せることもできますよ。

まとめ

 

 

 

醤油麹はかんたんに作ることができて

食卓にあがると一味違った楽しみ方ができるので

是非、作ってみてください。

米麹は、発酵調味料、漬物など、幅広く使えて、

栄養も豊富です。

玄米麹は、

なかなか近くの店舗では手に入らないかもしれませんが、

通販サイトでは種類も豊富なので、探してみて下さいね!

麹の効能を生かして日常に取り入れ、身体を元気に保ちましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする