お腹痩せをしてくびれを作ろう!脂肪がたまらない習慣を作るには?

スポンサーリンク

「お腹周りのお肉が気になる」

という人は多いですよね。

「このお肉さえなくなれば・・!」という部分が、お腹です。

「男性は、子孫を残していくために、子が宿りやすい、

健康的なくびれのある女性を無意識に探している」

と言われています。

確かに、くびれがあるってことは、無駄な脂肪がついていないって事だし、

「身体が健康である証」ですよね!

そんな、魅力ある「くびれ」に近づく道を探ってみます。

 

お腹痩せに効果的な脂肪がたまらないための環境づくりとは?

スポンサーリンク

では、お腹周りをすっきりさせるには、何をすればよいのでしょうか?

お腹のお肉が落ちやすくなる環境づくりをする

お腹のお肉を自分でつかんで、

「ぽいっ」とできたら楽なのでしょうが、

残念ながら、それは身体にやってもらうしかありません。

なので、自分でできることをやりましょう。

それが、身体にお肉を掃除してもらう為の手助けとなります!

内臓を温める

お腹に脂肪があると、

内臓周辺は冷えていることが多いので、外から温めます。

温め方はこちら。

  • おへその下くらいに、服の上からカイロを一時間くらい貼る。

女性はさらに、腰の尾てい骨の上にカイロを貼ると、

子宮も温めることができますよ。

寝る前にすると、

うっかり寝てしまってやけどする恐れがあるので、

できるだけ日中にしましょう。

  • はらまきをする。

夏も冷房で冷えるので、一年中つけてもOKです。

おしゃれなはらまきもあるので、女性は要チェックです!

基礎代謝を上げる

基礎代謝は、お肉を落とすには上げていく必要があります。

体重が重く、筋肉の量が少なくて脂肪の量が多いと、

基礎代謝は低くなります。

基礎代謝は、10代をピークに減少していきます。

なので、年齢が上がるにつれて、

お腹の脂肪もたまりやすくなっていくんですね!

身体を温めて血行を良くすることが効果的。

外からも内からも温めましょう。

体重計で、自分の基礎代謝量をはかることもできますが、

メーカーによって数値が違うこともあるので、定期的に乗って、

「大体の傾向」という風に見たら良いですね。

「体脂肪率」も、体重計ではかれますよ。

便秘を解消する

血の流れもそうなのですが、

腸の流れが悪いと、お腹痩せのジャマになってしまいます。

この機会に、便秘も解消していきましょう。

水を飲むタイミングを改めてみる。

水は一気飲みしても、身体の負担となるだけです。

一日に数回に分けてこまめにとればOK!

朝一番、食事前後、運動前後や運動中、入浴前後、

寝る前に、各コップ一杯程度を飲みます。

プール、温泉、お風呂に長時間入る場合は、

汗で水分が外に逃げてしまうので、水を途中で飲むと良いですよ。

 

お腹の脂肪を落とす運動を取り入れよう!

ウォーキングなどを取り入れる

ウォーキング、ランニング、サイクリングなど、

自分に合った軽い運動を適度に取り入れます。

最初から頑張り過ぎないのが長く続くコツです!

身体が慣れてきたら、少しずつ増やします。

姿勢を正す

姿勢を正すと、それだけで腹筋が鍛えられるんですよ。

何かしているとダラリとしてきてしまうので、

気づいたら、こまめに姿勢を正してみましょう。

歩き方も見直してみます。

姿勢を正して歩くと、身体のゆがみにも効果があります!

お腹を意識して筋肉を動かしてみる

お腹をへこませた状態で、

お腹にグッと力を入れながらお腹を膨らませます。

これがなかなかキツイ~!

いつでもできるのでオススメです!

また、お腹を手で時計回りにマッサージしたり、

「腹横筋」(お腹の側面の筋肉)を鍛えたり、

スクワットをすることも、くびれ作りにとても役立ちます。

食事を見直す

水をこまめに取る他にも、

外食を控えて自炊を増やしたり、

甘いジュースを炭酸水に変えてみたり、

白いパン、米、麺を、ブランパンや玄米、そばに置きかえてみたり、

一日の食事を5回に分けてみるのもオススメです。

痩せたいからといって、食事量を極端に減らしたり、

同じものばかり食べるのは身体の為にはなりませんよ。

自律神経を整える

ストレスを抱えてしまうと、自律神経の乱れにつながり、

身体の機能も存分に働いてくれなくなります。

規則正しい生活を心がけましょう。

お腹の写真を定期的に撮って、見比べる。

ちょっと勇気がいるかな?(笑)

自分のお腹を客観的に見ることもできるし、

お肉が目に見えて落ちていると、とても嬉しいですよね。

モチベーションも上がりますよね!

 

まとめ

 

 

 

お腹やせは、脂肪が落ちやすい環境作りと、

お腹を意識した適度な運動をし続けることで実現します!

脂肪がたまってしまった結果には、

脂肪がたまる習慣を続けてしまった原因があったのです。

それなら、脂肪がたまらないようにするには、

「脂肪がたまらない習慣」を続けていけば良いですね!

くびれができると、女性は妊娠もしやすくなるというおまけつき。

くびれていれば、お腹は割れてなくてもキレイですよ。

日常の風景で見直すべき所があれば、

自分にできることをコツコツとやっていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする