子供は回転寿司が好き!我が家の楽しみ方と寿司ネタの見分け方!

スポンサーリンク

子供から大人まで、みんなが大好きな回転寿司。

なんだか常に進化していますよね。

私は、汁系を毎回頼むのですが、だしが美味しくて大好きです!

そんな回転寿司ですが、サイドメニューも豊富なので、

赤ちゃん連れでも気軽に楽しめるのがいいところ!

回転寿司を家族で楽しめるために、お店側も工夫を凝らしています。

我が家の楽しみ方や、寿司ネタの見分け方をご紹介します!

回転寿司の楽しみ方!我が家のルール

スポンサーリンク

うちは、一か月に一度は回転寿司を食べに出かけます。

旦那さんは、色々な種類をちょこちょこ食べたい人で、

(ん?女みたい!)

タッチパネルで次々と頼み、ちょこちょこ食べています。

子供は、回転レーンから、お寿司を取るのが好きで、

ラーメンなどをメインに食べています。

納豆巻きや、卵焼きなら、お寿司も食べています。

食後は必ずアイスを食べています。

(家にあるのに!とは言わないようにしています)

私は、まだまだ若いころの貧乏癖が抜けないので、

サラダを食べ、汁物やお茶を飲んでお腹を膨らませてから、

寿司に手をつけていきます。

骨せんべいも好んで食べます。トロとか、手がでません(笑)

みんな、そんなに量は食べないのですが、

それぞれに楽しんでいますよ。

回転寿司って、行くたびにメニューが変化しているので、

飽きないんですよね。

回転寿司屋で、「あおさの味噌汁」というのを初めて飲んで、

「え、これ何?あおさって何?おいしい~!」と感動し、

スーパーの海藻コーナーであおさをゲットして、

家でも料理に使ったりしています。(主に、味噌汁ですが・・)

お寿司が、新幹線に乗って流れてくるところもありますよね!

あれは本当に子供は大好きです。

大人の楽しみ方は、

寿司ネタを見てお店側の姿勢を見たり、

自分なりの食べる順番でお寿司を楽しむことではないでしょうか?

よく、「お店がキレイであるか。板前さんの身だしなみはきれいか」

を見るといいますよね。

絶対にそれは関係ありますよ!

あと、「お店に活気があるか?」です。

寿司のネタも、活気があるのとないのがあります。

回転寿司の店員さんも、時間によって変わるので、

時間帯で店の雰囲気が変わることもありますが、

昼も店員さんが元気な所がいいですよ。

店員さんが元気だと、こちらも歓迎されている感じがします。

寿司ネタの見分け方!

最近は寄生虫の「アニサキス」のこともあり、

新鮮すぎるネタもこわいな~冷凍の方がいいな~と思います。

アニサキス、名前からしてこわいんですよね。

新鮮なネタは、よく噛んで食べるといいそうです!

イカの場合は、

新鮮なネタを使っているなら、切り込みが細かく入っています。

アニサキス対策でもあるようです。

何も切り込みがなければ、冷凍のものを使っているということ。

私は、なぜかイカがよくのどにつまるので、あまり食べないのですが、

たしかに、イカって切り込みのあるものと、ないものがありますよね。

切り込みがあるものの方が、ダンゼン飲み込みやすいです(笑)

たまご焼きは、店によって本当に味が違うものです。

できるだけ、店で焼いたものが食べたいです。

店で焼いているものは、ふんわりとしているはずです。

キレイすぎる形や色の場合は、お店では焼いていません。

でも、板前さんが、

たまご焼きを作るのが上手すぎるという場合もあるので、

気になったら店員さんに聞いてみても良いですね。

回っているお寿司で握りたては表面がみずみずしいです!

時間が経ってしまうと、表面が乾いてきてしまうので

板前さんにその場で握ってもらうのも手ですね♪

シャリまで乾いていたら、シャリ(シャレ)にならない!?

(失礼いたしました・・笑)

回転寿司での迷惑行為は絶対だめ!

回転寿司屋は値段がリーズナブルで、

店員さんが、お客さんの行動をすべて把握するのも困難なので、

迷惑行為がおこりやすい場所といえます。

特に、お皿の数をごまかすといった事がないように、

お店側も対策をしています。

子供も連れていきやすい場所ですが、

子供が、流れているお寿司にいたずらをしないように、

親はきちんと見ておく必要があります。

あとは、たくさんお客さんがいるので、

店内で騒がないように、走り回らないように、

なるべくサッと食べ終わるようにしたいものです。

うるさい家族は本当にうるさいですし、

自分たちの行動を反省したりすることもありません。

そういう家族が近くの席だと、気になって楽しむ所では

なくなるので、少し気を使っていただきたいところです。

私が子供のころ、父と高級寿司屋に行ったことがあります。

いつも食べていたお寿司とまるで違い、

ネタがプリプリで大きく、見た目がキラキラしていて

びっくりした記憶があります。

でも、その店構えに、少々緊張してしまって、

楽しむどころではなかったのですが、

「大人になったらこういう所で食べたいな~」と思っていました。

最近の回転寿司屋は、新鮮さが昔と違うので、

高級なお寿司屋さんに行かずとも、回転寿司で満足しております。

子供もいるので、入りやすい店の方が助かりますしね。

思い出したら、食べたくなってきました(笑)

 

まとめ

 

 

 

回転寿司屋も、新鮮なネタなのか、巻きものの中身など、

わかりにくい所をごまかしていないのか、

店員さんの身なりと店内はキレイか、

活気はあるのか、チェックする所はたくさんあります。

お寿司って、本当に衛生面には気をつけないといけないので、

そこを怠っているお店は危ないです!

回転寿司も、いろんな楽しみ方があるので、

色んな場所に行って、お気に入りの店を見つけてみて下さい♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする