キッチンの換気扇と排水溝!おもわず掃除が好きになるやり方とは?

スポンサーリンク

キッチンは、常にきれいにするのは難しい~!

急な来客が来た時なども、

汚れたキッチンを見られたくありません。

家族にも毎日見られている、キッチン。

油汚れのギトギトが普通であっていいのか?

排水溝を汚いまま放置するのか・・・?

大丈夫です。掃除が好きになってしまうくらい、

気持ちいい掃除方法があるんです!

今回は過炭酸ナトリウムを使った、簡単な掃除方法をご紹介します。

キッチン掃除のコツは油汚れと水アカの二つの汚れ対策をする事

スポンサーリンク

キッチンの部位をざっと分けると、こうなります。

①シンク

②壁

③換気扇

④コンロ

調理で油を使う事が多いほど、油の飛び散りは多くなって、

周辺の部分は「油汚れ」がたまります。

②③④は、この油汚れです。

一方①のシンクは水を使うので、

「水アカ・カビ・ヌメリ」汚れになります。

この「油汚れ」と「水アカやカビ」は汚れの種類が違います。

ですが、この両方に使えるのが、

酸素系漂白剤の「過炭酸ナトリウム」「重曹」です!

重曹やクエン酸などと共に売られている、

この粉状の過炭酸ナトリウム。

使い道がたくさんあるので、あると便利ですよ~。

塩素系漂白剤のように、

しみぬきや、ふきんや食器などの漂白などもでき、

匂いがないのも特徴です。

キッチンの換気扇フィルターの掃除をしてスッキリしよう!

過炭酸ナトリウムを使って、さっそく換気扇の掃除をしてみましょう。

換気扇のガッツリした油汚れを落とすコツは、

「50度くらいのお湯」と「20分放置」です。

換気扇やフィルターをはずしたら、

厚手のゴミ袋を2重(1枚でもOK)にしたものに入れます。

もちろんバケツなどの容器でも大丈夫です。

シンクに、それを置いておきます。

そこへ、換気扇などがかぶるくらいのお湯と、

過炭酸ナトリウムを入れて袋の口を軽くしばり、

20分くらい放置します。

過炭酸ナトリウムの量は、水1ℓに大さじ1ほどです。

時間が経ったら取り出して、ブラシやスポンジでみがきます。

歯ブラシがあると良いですね。

汚れがかなり浮き上がってきているので、取れやすいはずです。

過炭酸ナトリウムは効きますよ~!

この方法だったら喜んで掃除します(笑)

また、換気扇のつけおきをしている間に、

換気扇まわりや壁の掃除をしておきましょう。

換気扇のあたりから、下に汚れが落ちてしまうので、

コンロの掃除もする場合は、

換気扇の掃除が終わってからとりかかった方が良いですね。

もしくは、コンロに新聞紙などを広げておきます。

換気扇まわりの壁は、ふき掃除をします。

軽い汚れなら、ふきんとお湯でとれますが、

こびりついた汚れは重曹で落としていきます。

壁の場合は重曹の粉で掃除するのは難しいので、

「重曹水スプレー」を使って掃除をします。

セスキ炭酸ソーダでもOKです。

重曹水の割合は、100mlの水に重曹小さじ1くらいです。

使う前によく振ります。

これを壁にスプレーするか、ぞうきんやペーパーに含ませてから

ふいていきます。

汚れが取れにくい場合は、

ペーパーにひたひたに含ませたものを壁に貼りつけて

1~5分くらいパックしておきます。

壁の汚れがとれたら、

全体をもう一度固くしぼったふきんなどでふいて終わりです。

キッチンの排水溝の掃除方法にも過炭酸ナトリウムが効く!

キッチンの排水溝は、できれば毎日掃除したい場所です。

カビが生えた排水溝ってなるべく見たくないので・・。

カビが生えると、逆になかなか掃除できないんですよね。

カビを防ぐ意味でも、一日一回ぱかっと排水溝を開けて、

重曹の粉をサラサラっとふり、

持ち手の長いブラシでシャカシャカ磨くことを習慣にしています。

しばらく放置して排水溝の汚れがたまってしまったら、

また過炭酸ナトリウムの出番です。

排水溝に粉をサラサラと振りかけ、お湯をちょろちょろと流します。

少し置くと、泡が出てくるので、持ち手の長いブラシなどを使って

ぬり広げ、また少し置いておきます。

最後にブラシをかけながら、お湯をザーッと流して完了です。

シンクについてしまった渋(お茶や、栗の渋)も、

キレイになるんですよ。

でも、過炭酸ナトリウムは、たんぱく質を分解するので、

特に手がカサカサになる冬時期は素手でさわらず、

手袋をつけた方がいいです。

大切な手の脂、持っていかれちゃうので(笑)

手についてヌルヌルする時は、

酢をスプレーすると取ることができます。

持ち手の長いブラシを使うのであれば、

素手で触らずに済むので手袋はいりません。

また、重曹などをスプレーボトルに入れて、

保存している人も多いですが、

過炭酸ナトリウムは、少しずつガスを発生させているので、

密閉容器に保存ができません。

スプレーが使いたい時には必要な分だけ作り、

余ったら必ず流しましょう。

過炭酸ナトリウムは、環境への負荷がゼロではありません。

日ごろの使いすぎには注意して、

使う時は40~50度のお湯と一緒に流すようにすれば、

環境への負荷は軽くなります。

まとめ

 

 

重曹クエン酸過炭酸ナトリウムなどを使うようになると、

なんだか安心感のようなものが生まれます。

塩素系漂白剤も、もちろん必要になる時もありますが、

酸素系漂白剤も一緒に置いて、使い分けられれば、

なんだかステキなママになった気分(笑)

簡単な掃除方法を覚えておくと、取りかかりもスムーズです。

過炭酸ナトリウムの掃除、ぜひ一度やってみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする