外壁の塗装が必要になる時期は?症状は?費用・日数はどれくらい?

スポンサーリンク

家を建てて10年くらいすると、

あちこち、メンテナンスが必要になる場所が出てきます。

家の外壁もその一つですが、

ぬり替えるのに、かなりのお金が必要になるので、

後回しになりがちです。

でも、家の外壁の劣化が進んでからでのぬり替えでは、

ぬり替えに必要なお金に加えて、

「補修」の工事費用がかかってくることも!

外壁のぬり替え時期がくると、

共通した「症状」が出てくるので、定期的にチェックして、

外壁が劣化してしまう前にぬり替えを行うことが、

家全体の寿命を延ばすことにつながります!

外壁の塗装ぬりかえの時期っていつ頃が良いの?その「症状」とは?

スポンサーリンク

外壁の表面に、ツヤがある場合は、まだ大丈夫ですが、

時間が経つとツヤがなくなってきて、

やがて、指で触ると粉がつくようになります。

この症状がでてくると、

雨などをはじく機能が落ちているということなので、

ひび割れなどが起こりやすくなっています。

早めにぬり替えを検討しましょう。

ぬり替えるのに一番大切なことは、「優良な業者」を選ぶことです!

中には、悪質な業者も多数あり、

向こうからの一方的な訪問と、お得感のある言い回しで、

考える時間を与えずに早々に契約させられてしまい、

後に様々な被害にあうケースがあります。

家が今日や明日にすぐ壊れてしまうわけではないので、

焦らずに下調べをして、

自分の住む町のことをよく知っている、

実績と信頼のある「地元の業者」を選びましょう。

優良な業者は、見積もりの段階で、細かくわかりやすく、

説明をしてくれます。

見積もりの計算には、小数点が発生するのですが、

雑な計算では、キリの良い数字で計算されている場合もあるので、

そこも確認すると良いです。

あとは、「使う塗料」や、「クーリングオフ」の説明があるか、

「支払い方法が、工事前に全額支払いでないか」なども、

確認します。

優良な業者は、天気なども考慮して作業にあたるので、

早めに予約しても、工事の時期が後にずれる場合があります。

一軒一軒の仕事を大切にしているという事なので、

予定が延期になったとしても、

業者さんの予定にこちらが合わせるようにしましょう。

一戸建ての外壁塗装にかかる費用ってどれくらい?

外壁塗装をする場合には、屋根の状態も一緒に調べます。

屋根の塗装は必要ないという場合もあるので、

そこでも費用に差が出るのですが、

一戸建ての塗装にかかる費用は、100万円前後です。

30坪の家ならそれ以内に収まる場合もありますし、

坪数が多かったり、長持ちする良い塗料を使ったり、

3階建てだったりすると、もっと高くなります。

劣化のひどいところは補修するので、また別に費用がかかります。

100万円よりも極端に安い場合には、

本来なら「必要な工程」を省かれている場合もありますし、

極端に高い場合には、「不必要な工程」を組み込まれている場合もあります。

素人にはわからない所で、色々と利益を出そうとする業者も

いるので、注意してくださいね!

なので、費用は安すぎず、高すぎずを目安にして下さい。

自分の家の相場は、どれくらいなのかを知るには、

見積もりを3か所くらいに頼んでやってもらうと、わかりやすいですよ。

外壁塗装って日数は何日くらいかかるの?

塗装工事には、かなりたくさんの工程があります。

それに、雨だと作業できなくなりますし、

湿度が高いと、塗料が乾燥するのに時間がかかります。

なので、予定より完成が遅くなることもあるのですが、

だいたい10日~14日くらいが目安です。

けっこう長いですよね。

その間、隣や近所に住む人は、騒音を聞くことになったり、

日中にカーテンや窓をしめないといけない時や、

洗濯物を外に干せなくなる日も出てくるので、

生活に圧迫感を与えてしまうことになります。

いくら日ごろ良好な関係であるお隣さんだとしても、

「早く工事終わってくれないかな~」と思うのが普通です。

工事の前には、必ずこちらから挨拶に行って、

工事が「いつからいつまで行われるのか」を早めに伝えましょう。

土日祝日などに作業を行う場合にも、それを伝えます。

その時に、お詫びの気持ちとして、500円~1,000円分くらいの

タオルやお菓子などを持って行きましょう。

これは最低限必要なことなので、必ず挨拶に行きましょう。

 

まとめ

 

 

 

外壁の塗装の事は、意外と見落としやすいところです。

少しでも調べて、塗装工事の流れや、費用の相場を知っていれば、

悪質な業者に任せることにはなりません!

また、塗料の種類で、持ちが変わってくるので、

契約する前の段階で、担当の人に、

わからないことがあれば納得いくまで聞いてみて下さい。

高いお金を払うことになるので、

工事の間は説明どおりに進んでいるのか、自分たちでもチェックし、

業者さんと確認し合いながら、進めていくことをオススメします。

信頼できる業者さんを見つけて、家を長持ちさせて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする