子供のおもちゃは散らかるし増える!我が家の収納テクニックを紹介!

スポンサーリンク

子供のおもちゃや絵本って、日増しに増えていきますよね!

誕生日やクリスマスのたびに、大きめのおもちゃが増えて、

休日はでかけた先でガチャガチャをして、

小さめのおもちゃが増えていき・・、

小さめのおもちゃの居場所がなく、床に散らばってしまうことも。

これでは、たまに踏んで、

「痛っ!」ということになりかねません(笑)

今回は、うちでしている、おもちゃの収納をご紹介します!

 

ガチャガチャの収納方法!簡単で見栄えが良いしまい方とは?

スポンサーリンク

うちの子供は、ガチャガチャやバスボールが大好き!

出かけるとつい、ガチャガチャ、やってしまうんですよね。

バスボールも、何が出るかわからないワクワク感があっていいです。

こちらは400円くらいするので、なかなか買わなかったのですが、

100円ショップにもたくさん置いてあることを知ってからは、

よく買うようになってしまいました(笑)

私も、ガチャガチャ、バスボール大好きなので、

制限することも難しく、

知らないうちに、小さいおもちゃがたくさん増えてしまいました。

小さいおもちゃは、他のおもちゃと一緒に大きめのカゴに入れても、

底の方に転がって、次に遊んでくれる機会がなくなってしまいます。

でも、せっかくの小さくて可愛いおもちゃ、

どうにかして、見せてスッキリ収納できる方法はないかな~と

考えていると、キッチンに使わなくなったガラスの入れ物を発見!

ここに入れてしまおう!と入れてみたら、

スッキリといい感じに収納ができました。

以前は長細いクリアケースに立てて入れて、

飾ったりしていたのですが、子供がいつの間にか散らかし、

見るもむざんな状態になってしまうことがよくありました。

ガラス瓶に入れると、子供はふたを開けることが難しいので、

むざんな状態になることはありませんし、

遊びたい時にはいつでも大人が蓋を開けてあげて、

中身を出して遊ぶことができます。

ただ、ガラスは子供が投げて割らないように気をつけないといけませんね。

ある程度大きい子供なら大丈夫ですが、

小さい子供がいる場合には、注意が必要です!

ガラスでなくても、透明な蓋つきの入れ物たくさんあるので、

探してみて下さいね。

おもちゃや絵本の収納を手作りしちゃおう!りんご箱も活用できるよ!

最近はDIYブームともあって、

収納やインテリアを手作りする人も増えています!

すのこを組み合わせた棚など、よく見かけますよね。

うちの場合は、おもちゃの収納よりも、

ベビーブックなどの乳幼児向け雑誌や絵本などを入れる、

本棚が先に必要になりました。

私は一切DIYできないのですが、旦那さんはそういうのが得意らしく、

絵本がちょうど入るボックスを作ってくれました。

木を切って、組み合わせ、色まで塗ってくれて、かなりいい出来です。

他のおもちゃの収納は、手作りではないですが、

旦那さんが「りんご箱」という木箱をどこからかもらってきて、

ヤスリをかけ、おもちゃを収納しています。

木は温もりがあっていいのですが、

手でさわってザラザラしたり、角がとがっていたりすると、

子供がケガをしてしまうこともあるので、

ヤスリは念入りにかけておいた方がいいです!

私は2回くらい、「もうちょっとヤスリかけて~」と旦那さんに

お願いしてやってもらいました!(ワガママ!)

木は、湿度の高い時期にカビが生えることもあるので、

特に棚の裏側はたまにチェックするようにしましょう!

玄関に木の靴箱などを置いておくと、本当にカビやすいです。

子供のおもちゃは、

よく使うものと、そうでないものと分かれますよね。

よく使うものをリビングに置き、その他のおもちゃは子供部屋などに

置いておき、なるべくスッキリさせています。

使わなくなったおもちゃは、勝手に捨てたりせず、

子供と一緒に仕分けをしてみましょう。

うちの子はわりと、「いる、いらない」をはっきり言ってくれるので、

いらないものはその場でごみ袋へ。

キレイでまだ使えそうなものは、

フリマアプリなどで売ってもいいですよね。

とにかく、おもちゃが増えれば、減らす必要もあるので、

おもちゃの仕分けは普段からコツコツやるようにすると、

部屋がおもちゃであふれかえる、なんてことにはならないハズです。

子供も、ものを整理することを学んでくれるチャンスです!

 

まとめ

 

 

 

子供のおもちゃは、確実にどんどん増えていきます!

大きいおもちゃ、小さいおもちゃと、収納方法は別にしてあげた方が、

どこに何があるか見やすく、わかりやすくなります。

本棚やおもちゃの収納棚は、

DIYで手づくりすると、温かみがあっていいですよ。

りんご箱だと、タダで手に入ることもあるので、

知り合いに花屋さんがいたら、りんご箱が余っていないか

聞いてみて下さいね!

おもちゃは、普段からいるものといらないものに仕分けして、

おもちゃを増やしすぎないようにしましょう。

おもちゃの仕分けは、ぜひ子供にやってもらって下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする