洗濯槽の掃除には酸素系漂白剤がおすすめ!ごっそり汚れが取れる!

スポンサーリンク

洗濯機の掃除は、人によって頻度が全然違うものです。

洗濯機の掃除をせず、ずっとほったらかしにしていると、

洗濯物に海苔のようなものが付着することがあります。

それは、ずばり「洗濯槽の汚れ」です!

これが「気になるか、気にならないのか」で、

掃除をする人としない人に分かれちゃうのでしょうね!

洗濯槽の掃除として、「塩素系漂白剤」が売られているのを

よく見かけます。

私も以前は塩素系漂白剤を「槽洗浄コース」で月一回程度

使っていました。

ですが、テレビで「酸素系漂白剤」を使った槽洗浄をしている所を見て、

その「根こそぎ汚れを落としている」状態を見てびっくり!

塩素系漂白剤を使う槽洗浄は楽でしたが、

そこまで汚れが浮き出てくることはありませんでした。

汚れが落ちていないのか、

それとも分解されてなくなってしまったのか・・。

今回は、うちでも使っている、

縦型洗濯機の掃除の方法をご紹介します。

洗濯槽の掃除にはクエン酸も使える!塩素系漂白剤を使わない方法!

スポンサーリンク

洗濯槽の掃除には、専用の塩素系漂白剤も売られており、

これを使っている人も多いでしょう。

ですが、洗濯槽は、他のものでも洗えるんです!

  • 重曹(1カップ)
  • 重曹+クエン酸(重曹1カップとクエン酸3分の1カップ)
  • セスキ炭酸ソーダ(500ml)
  • 酸素系漂白剤「粉」(500ml)
  • 酸素系漂白剤「液体」(500ml)

縦型洗濯機の場合の使用量です。

「お湯」で洗うのが汚れを落とすポイントです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酸素系漂白剤 niwaQ 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤 500g
価格:321円(税込、送料別) (2018/2/25時点)

洗い方はどれも同じ要領なので、

家にあるもので一度お試しくださいね!

洗い方は、塩素系漂白剤の時よりも少々面倒ですが、

汚れが目に見えて浮かんでくるので、気分はスッキリしますよ!

①まずは、洗濯機の説明書を見て、

使おうとする洗剤で洗っても大丈夫か確認しておきます。

②お湯を、洗濯機の中にためていきます。

ぬるま湯にして下さいね。

入るギリギリくらいの所までためます。

この作業がけっこうキツイ~!

取り外せない洗剤投入口があれば、そこにもお湯を

通しましょう。通り道に洗剤が固まっているはずです。

③洗剤を入れて数分、洗濯機を回します。

④洗濯機を止め、5~10時間放置します。

ぎゃ~~!こんなに汚れが!!

わかめみたいにぴろぴろしたやつとか(゜o゜;

こんなのが洗濯槽の裏にはりついていたんですね!

⑤水が入ったまま、洗いから脱水まで行うのですが、

浮いている汚れをこまめにすくいとって下さい。

ここからは、浮かした汚れを自分で取っていきます。

汚れをすくわないと、詰まってしまう場合もありますので、

注意してくださいね。

⑥脱水できたら、もう一度、洗濯機を洗い~脱水までします。

汚れが出てこなくなったら、ここで終わりです。

まだ汚れが出るようなら、出なくなるまで繰り返して下さい。

⑦完了です!気分スッキリ!

なかなか大変な作業に感じますが、

毎日のお洗濯も、気持ちよくすることができますね。

槽洗浄するには水もたくさん必要なので、

毎月掃除するのは「水がもったいない」という人もいます。

うちも、2台洗濯機があるので、さすがに毎月はできません。

2~3か月に一度のペースが平均のようです!

洗濯機の槽洗浄コースの使い方

うちの洗濯機には、「槽洗浄コース」がついていて、

以前は、専用の塩素系漂白剤の液体を入れてから、

ボタンを押すだけで、あとはおまかせ。

簡単に槽洗浄ができていました。

ですが、酸素系漂白剤を使う場合には、お湯を自分で入れたり、

洗濯機を回したり止めたりと、

自分でしなくてはならないので、少し面倒に感じます。

槽洗浄コースは、長い時間をかけて洗ってはくれるのですが、

汚れやにおいの取れ具合は、酸素系漂白剤を使った方が

スッキリ取れる印象です!

どうしても槽洗浄の時間が取りにくい場合には、

塩素系漂白剤を使って槽洗浄をしてもいいですね。

掃除というのは、やっても、やっても、キリがないですから(笑)

時間と気持ちに余裕がある時に、また掃除をすれば良いのです。

ちなみに、槽洗浄の時に、ごみネットやフィルターなど、

取り外せるものは取りはずして(ごみは取っておきます)、

そのまま洗濯機に放りこんで一緒に洗っています。

洗剤や柔軟剤入れケースもカビやすいので、掃除が必要ですね。

取り外すと、奥も汚れていますので、歯ブラシできれいにします。

洗濯機の中って、なかなか細かい汚れが取りにくいので、

綿棒やつまようじ、歯ブラシなどを使い、

ホコリや汚れを取り除くようにしましょう。

普段はなかなかできないので、

槽洗浄をするタイミングでするのがオススメです。

 

まとめ

 

 

 

酸素系漂白剤を使った洗濯機の槽洗浄は、

2~3か月に一回するのが目安です。

酸素系漂白剤は、洗濯槽の汚れをかなり落としてくれますが、

お湯を自分で入れなければならなかったり、

手動で洗濯機を回したり止めたりと、少し手間がかかりますが、

終わったあとは気分すっきりです!

重曹やクエン酸、セスキソーダなどを使っても、

酸素系漂白剤と同じ要領で掃除することができます。

塩素系漂白剤を使う場合は、

お使いの洗濯機に、「槽洗浄コース」があれば、手軽にできますよ。

洗濯機の中はとてもカビやすいので、

洗剤入れやごみクズポケットなどを確認して、

汚れを発見したら、歯ブラシや綿棒などで洗うようにしましょう。

掃除を定期的にして、洗濯機がなるべくキレイな状態で

お洗濯ができるようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする