子育ての疲れは取れないでどんどんたまっていく!取る方法ってある?

スポンサーリンク

疲れってたまるもの?たまります。

コツコツ貯金みたいに、疲れってたまるんです。

貯金なら嬉しいけど・・・

疲れじゃたまってくれたって、ちっとも嬉しくないですよね。

コップに水を注いでいるのと同じで、

あふれてしまったときは限界を超えてしまったという事です。

子供が小さいときは、24時間一緒にいることが多いから、

心も身体も疲れますよね。

少し大きくなって来れば、歩いたり、

興味があるものに突っ走っていくという好奇心と同時に

交通事故などの危険と隣り合わせに。

仕事との両立、夫との仲が悪い気がする・・・

幼稚園に上がれば、子供同士のイザコザ、受験、学校行事。

はては、ママ友疲れなんてことも。

次から次へと難題と共に、疲れもやってくるんです!

もう、心も身体もヘトヘトですよね。

子育てで疲れすぎるとどうなるの?

スポンサーリンク

よく聞くのは「産後うつ」

耳にしたことありますよね。

私、全然へっちゃら!って人もいると思います。

でも、一人目の出産に限らず、

二人目三人目のお子さんがいる方だって当てはまります。

「三人も育ててれば 余裕でしょ?」

なんて、心無い言葉を言われたり。

でも、子供はそれぞれに個性もあるし、

自分も年齢を重ね体力も落ちていきます。

子供に恵まれたことは嬉しいけど、歳の違った子育てで大変。

でも、夫は協力してくれない。

働いてくれて感謝はしてるんだけど、助けてほしい。

こんな小さなことが疲れの原因で、うつになることだって。

疲れは、自分でなんとかできますが、

うつは病院で一度見てもらうしかありません。

疲れがとれなくなる前に、リフレッシュすることを考えましょう。

次に、「子供にあたってしまう」

そんなつもりは、ないんですよね。

ママも当たるつもりはない。

子供も、困らせるつもりじゃない。

お互いに、「そんなつもりじゃなかった」

気持ちに余裕がなくなると、

どうしても当たってしまう事あります。

そして、後悔に襲われる。

そんなときは 子供に「ごめんね」と素直に言いましょう。

子供にとっても大切な出来事になり、成長してくれます。

次に「体調不良」

私は、肩こりに悩みました。

これにプラスされるように、

頭痛、吐き気、あげくは胃痛とオンパレード・・・

よくわからない微熱。

風邪をひきやすくなった・・・と感じたこともありました。

病は気からともいいますが、気だけですむならよいけど

本当の病気になったら困るので、

不安になったら病院へ行ってきちんと見てもらう事も大切です。

取れない疲れを 取る方法ってある?

運動してみる

 

 

私の場合、あえて運動を選びました。

子供が、小さいころはストレッチ。

少しだけ余裕ができた今は

上手く時間を使ってキックボクシングへ!と。

最初は辛いですが 汗をかくと、気持ちいいですし

少し続けるとホルモンも整うのか体が楽になりました。

ただ運動は、自分に合うものを探すまでも大変ですし、

流れに乗ったり体に変化を感じるまでに時間がかかります。

でも継続すると間違いなく良いものです。

病院へ行ってみる

 

 

思い切って、薬や注射に頼ってみる。

抱っこが多い時期、私は腱鞘炎にかかりました。

どうにも痛くて病院へ。

先生に子育てをしている等、事情を話して、

ブロック注射を打ってもらいました。

2~3日後すっかり痛みがなくなり気持ちに余裕もでました。

その後は、サポーターを使ったりして抱っこをしました。

肩こりが酷く肩にもブロック注射を打ってもらったとき、

疲れ切った私の顔を見てニンニク注射を勧められました。

打ちたい!と思っても

身体に合うあわない、授乳なども関係があるので

先生に自分の今の状況を相談してからお薬や注射を選択することも

とれない疲れに対応できる力になります。

とにかく喋る!

 

 

児童館や支援センターに行ってみる。

そして思いっきりおしゃべりを楽しんでみる!

ママさんたちとお話しして愚痴や悩みを共有し、

共感できると気持ちも晴れるし、

子供は子供たちと遊んで満足できる。

Win-Winな結果でもあるでしょう。

 

 

私は、大好きなコーヒーやさんに行きました。

今も通っています。

お店の店員さんが子供と遊んでくれ、

違う店員さんと私はお喋りする。

私の指定席はカウンターです。

ありがたく心を休ませています。

育児を一時休業してみる

 

 

完全休業な時間をとることも必要です。 

一時預かりやファミリーサポートを利用するのも手ですね。

パパが休みなら 押し付けちゃうのも良いです!

預けて思い切り休む時間を取ることが大事です。

その後の片付けや後始末などは考えず、とにかく「今」だけを考える。

洋服を見る、美味しいケーキを邪魔されることなく食べる。

やりたいことをやって、思い切り自分を甘やかしてあげてください。

まとめ

子供の成長で見える笑顔は、

ママのパワーになりエネルギーの源にもなります。

子供だって、ママの笑顔でやる気になったり元気になったり

エネルギーを受け取って成長しているんです。

無理な笑顔でなく、ママの自分らしい笑顔でいるために、

割り切って疲れがたまらないように工夫をしていくことが大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする