ケーキを自転車で運ぶ方法!かごはダメ?崩れない運び方と工夫する事!

スポンサーリンク

ケーキは自分が思う以上に柔らかくて、壊れやすいものです。

車があれば、崩さずに持ち運べますが、

自転車やバイクだと形が崩れてしまうことも・・。

繊細で美しく作られたケーキは、見た目も美味しいですが、

形が崩れてしまうと、味は一緒でも、なんだか悲しくなりますよね。

特に、お誕生日ケーキやクリスマスケーキなどのお祝いケーキは、

崩れてしまうと雰囲気まで壊してしまいます!

自転車でケーキを運ばなくてはならないときの

ケーキの選び方と運び方を紹介していきます。

ケーキの持ち帰りで崩れたら大変!自転車で運べるケーキの選び方

スポンサーリンク

自転車や原付バイクなどのカゴや荷台にケーキを入れると、

かなりの確率でケーキは崩れてしまいます!

自転車で走っている時の、横や縦の振動で、

中のケーキが動いたり傾いたりするので、

フルーツが取れたり、箱にひっついたり、隣のケーキとぶつかったりします。

後でケーキの箱を開けると、悲しい光景が・・(涙)

そんな事にならないように、

ケーキはなるべく自転車やバイクでは運ばない方が良いのですが・・・

どうしても自転車でケーキを運ばないといけない場合は、

ケーキを選ぶ時に、自転車の振動でも崩れにくいものを選びます。

例えば、

  • シュークリーム
  • プリン
  • ロールケーキ
  • ガトーショコラ

このあたりを選ぶと、自転車でもおそらく大丈夫ですし、

気持ちも楽に持ち運べますよね。

どうしてもフルーツのショートケーキなどを買いたい時は、

ショートケーキが箱にぴったり入る数を店員さんに聞いて買うと、

ケーキ同士が支えあってくれて隙間もないので、

自転車でも崩れにくくなります!

小さめの箱なら、フルーツのショートケーキやタルトを4つ入れて、

保冷剤をつけるとぴったりです。

自転車で運ぶ場合、

おすすめできないのは、色々な種類のケーキを選ぶことです。

店員さんも、ケーキが動かないように固定してくれますが、

それでも自転車の横揺れや縦揺れには負けてしまいます。

プリンやゼリーなど、器に入ったものは、振動で動くと、

隣の柔らかいケーキを簡単につぶしてしまいます!

小さなお皿に乗った、ドーム型のムースケーキも自転車で運ぶのは

難しいです。

ショートケーキなどは全体が固定できますが、

ドーム型のケーキは、小さなお皿の部分しか固定できないので、

動いたり、ひっくり返りやすいのです。

ケーキにも丸形、三角型、四角型などがあるので、

なるべく箱に入れた時に隙間を作らないように選びましょう。

自転車で持ち帰る時は、ケーキ選びがとても重要です。

迷って決められない場合は、店員さんに相談してみましょう!

 

自転車でケーキを運ぶ方法!かごには入れないで!

自転車でケーキを運ぶ時は、絶対にカゴには入れないようにしましょう。

大きいサイズのケーキ箱は、カゴには入らない場合もあって、

箱を少し斜めにしてカゴに入れるのもダメですよ!

ケーキ袋をハンドルに引っ掛けるか、腕にひっかけます。

ここからは、目的地につくまで、常にケーキのことに

気を使ってくださいね。

一番崩れにくいのは、

自転車を片手運転しながら、もう片方の手でケーキを持ち、

なるべく振動させないようにすることです。

(ゆっくりのスピードで!)

ですが、この方法は危ないのでお勧めはできません。

あとは、道を選んでください。

  • 砂利がない道
  • 段差の少ない道
  • 信号の少ない道
  • 人通りの少ない道
  • 平坦な道

これらの道を選んで、いつもより、ゆっくりのスピードで走ってください。

周りから見ると、「あの人自転車でケーキを運んでる!」

と、まるわかりなので、少し恥ずかしいのですが・・(笑)

ケーキを崩したくないならば、とにかくケーキにずっと気を使って

走ってくださいね。

ケーキの命はあなたにかかっています!(笑)

自転車で運ぶ以上にやってはいけないことは、

ケーキを子供に持たせる事です。

子供には絶対に、ケーキ袋を持たせないでくださいね!

ママが、「落とさないでよ~」と言ったそばから落とした所を、

私は見てしまいました・・・(涙)

ケーキはもちろん、ぐちゃぐちゃです。

子供とケーキ屋さんに行く時は、

子供にクッキーなどを買って、それを持たせてあげるといいですよ。

まとめ

 

 

 

ケーキを崩さずに持ち帰るには、

なるべく自転車やバイクでは持ち帰らないようにするのがいいのですが、

どうしても自転車で持ち帰る場合は、

シュークリームやプリン、ロールケーキなど、

自転車の振動でも崩れにくいものを選んで買うことをオススメします。

迷ったら、店員さんに聞いて、一緒に選んでもらいましょう。

フルーツのショートケーキなら、箱にぴったり入る数を買い、

隙間なく箱にケーキが入ることで、崩れにくくなります。

色々な種類のケーキを買うと、高さや重さがバラバラなので、

自転車の振動で、隣通しのケーキがぶつかりやすくなってしまいます。

買う時は種類を限定しましょう。

自転車で持ち帰る時は、カゴには入れず、ケーキ袋をハンドルや

腕にひっかけて、道を選び、ゆっくり走って下さいね!

生ケーキの日持ちってどのくらい?ケーキの賞味期限の本当のところは?も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする