子育ての疲れが取れない原因と今日から出来る疲れを取る5つの方法!

スポンサーリンク

 

子育て中は、自分の自由時間が無いだけでなく

睡眠時間も十分に取れないし、

子供は成長するにつれてパワフルになってくるし、

どんどん疲れが溜まっていってしまいますよね…。

でも、「子育ては毎日のことだから疲れが取れなくても仕方ない…」

と諦める必要はありません。

毎日楽しく子育てができるように、

しっかりと疲れを取る方法をご紹介します☆

子育て中の疲れが取れない原因とは?

スポンサーリンク

子育てって本当に大変ですよね。

子供のお世話だけでも日々バタバタと忙しいのに

それに加えて家事や仕事も…。

子育てママの日常にはこんなにたくさんの

疲れの原因があります。

家事からくる疲れ

 

 

「子供の世話だけをすればいいなら、

きっとこんなに疲れないはず!!」と

思ったことありませんか?

家族の食事を作ったり洗濯物をしたり掃除をしたり…

サボりたいけどサボっては家がめちゃくちゃになってしまう…

と手を抜けない人も多いと思います。

子供の授乳やご飯のお世話による疲れ

 

 

乳児期は数時間おきの授乳があり、

ママには昼も夜もありません。

離乳食が始まれば、

作って食べさせて片付けてが1時間を超えることも…。

それが1日3回。

ママは子供の食事の管理だけでも

とてつもないパワーを使っていますよね。

子供の抱っこ疲れ

 

 

子育ては体力がいるものです。

生まれた時は3kg前後だったのに

1歳になる頃には10kg近くになるんですよね。

そんな我が子を抱っこしたりおんぶしたり…

ベビーカーも重たいし、一緒にお出かけする時は

重たいマザーズバッグ…

そんな生活に腕も腰も足も限界という方も多いのでは?

後追いやイヤイヤ期による疲れ

 

 

「ちょっとトイレに行くから待っててね」とか

「ちょっと洗い物するから待っててね」とか、

乳児期に言葉が通じたらいいのに…と思ったことありませんか?

後追いされ泣かれ、おんぶしたままお皿洗いや洗濯。

またもう少し大きくなると、

何をするにも「イヤ〜!」のイヤイヤ期がやってきます。

この頃にはもう簡単に抱っこやおんぶ出来ないほど

体も大きいですし力もあるので体はヘトヘトな上に

心もお疲れ気味になってしまいます。

このような時期はそのうち終わると言われても、

毎日毎日繰り返されるとそれだけで疲れてしまいますよね。

夫の食事

 

 

やっと子供をお風呂に入れて寝かしつけて、

自分もそのまま寝てしまいたい…

でも疲れの原因はまだまだやってきます。

仕事帰りの夫にご飯を準備して…

次の日は朝からお弁当作って…

夫が仕事をしてくれているから

家族が生活できると分かっていても、

夫の食事の準備も子育てママには大きな負担ですよね!

寝不足からくる疲れ

 

 

そんなこんなで家事を終わらせ寝るのは12時近く…

やっと自分も眠れる…と思ったら夜泣きで子供が起きた!

なんてことは日常茶飯事ですよね。

寝不足は心の健康も体の健康にもよくありません。

こんな風に子育て中のママには疲れの原因がたくさん!

いくら子供が可愛くても、疲れるものは疲れるんです。

子育て中の疲れが取れないときの対処法!手抜きの勇気を持とう!

子育て中に疲れを感じたら、早めの対処が必要です。

なぜなら子育てはこれからも続いていきます!

大切な我が子がまだ親の手が必要で

可愛い時期にママは疲れ果ててボロボロ、

笑顔もない…なんてことになっては大変です。

早いうちから自分なりの疲れをとる方法を

身につけていく必要があります。

今回は今日からすぐ始められる

疲れを取る方法をご紹介します☆

自分が取り組めそうなものから取り組んでみてください!

家事で疲れてる人はまず手抜きする勇気を持つ!

 

 

料理・洗濯・掃除は毎日欠かすことのできない家事です。

家が汚れていると気分も良くないし、

子供がいるとなおさらちゃんとしなきゃ!と思いますよね。

でも、それって自分で自分を苦しめてるだけです!

最初はなかなか手抜きが出来ないのですが、

ママが倒れてしまっては元も子もありません。

手抜きをうまく活用してちょっとずつ楽をしていきましょう☆

(手抜き例)

・料理はスーパーの惣菜や冷凍食品を組み合わせる。

→今時の冷凍食品はとっても美味しいです♪

フル活用しましょう!

ご飯と汁物だけ作って

あとは惣菜や冷凍食品でも全然OKです!

・洗濯物は2,3日溜めて一気にする。

→1日2回も3回も回している人はまず1回にしてみましょう!

1日洗濯しないくらいで明日着る服がないなんてこと、

ないですよね?溜め込んで一気に片付けた方が楽です!

・お皿洗いは毎回せず1回にまとめる。

→夜にまとめてするのがきつければ、

夜ご飯の片付けは朝起きてから

朝ごはんとまとめると楽です♪

夜より朝の方がまだ体力がありますからね!

・掃除機がきつければ、夜にクイックルワイパーだけ

→これだけでもしっかり汚れは取れます!

余裕のある日に掃除機で念入りにしたらいいですよ。

・お風呂掃除やトイレ掃除は夫が休みの日にお願いしちゃう!

→家は家族全員のもの。

夫に家事をお願いするのは何にも悪くありません!!

・洗濯物を畳むのは子供と遊びながら!

→私は子供に畳ませて自分がタンスに直しにいっています♪

子供も楽しそうなので一石二鳥☆

など、自分の許す範囲で楽するようにしましょう♪

もし金銭的に可能ならば

お掃除ロボットや食洗機などの購入もいいと思います。

毎日完璧に家事をこなして疲れ切るより

ちょっと掃除が出来てなくても

笑顔でいられるママの方が子供さんもうれしいはず♪

離乳食はベビーフードを活用!

 

 

離乳食って作るの大変ですよね。

「ちゃんと自分で手作りしたい!」という気持ちは

子育て中ママならみんな持っていると思います。

でも、1日1食くらいベビーフードに変更しちゃいましょう!

ベビーフードもいろんな種類がありますし、

ベビーフードとおかゆを混ぜたり、パンを混ぜたりと、

幅広くアレンジ出来ます♪

安い日にまとめて購入すると金銭的に負担にもなりません☆

私も毎日手作り離乳食にこだわってましたが、

ストックを作るのもきつくなってきて…

子供が10ヶ月ごろから昼ごはんをベビーフードに変更しました。

朝は簡単に出せるものにして、

朝昼を楽した分、夜ご飯はしっかりと手作りメニューで☆

子供の夜ご飯をしっかり作る分

大人メニューは冷凍食品で…とうまくやりくりしましたよ♪

寝る前にストレッチやホットミルクで睡眠の質を上げる!

 

 

睡眠不足は子育て中ママの永遠の悩み。

子育て中で睡眠が十分取れている人なんているのでしょうか?

きっといません!!

子育て中に睡眠時間を十分に確保するのはなかなか難しいことです。

でもだからと言って諦めてはいけません!

短い睡眠時間でも、

質の高い睡眠を取れば疲れは確実に取れていきます☆

熟睡するために寝る前にオススメすることは、

ホットミルクを飲むこと♪

カルシウムには精神を安定させて

入眠を促してくれる効果があります。

また温かい飲み物を胃に入れることで、

血流が良くなり寝つきが良くなります。

子供を寝かしつけたらホットミルクを飲んで一息つくと

それだけでちょっと気持ちも楽になりますよ☆

そして布団に入ったら少しだけストレッチをして寝ると

翌日体が軽くなります!

時間もかからず簡単にできるストレッチをご紹介します。

★肩や首・・・

布団の上であぐらをかいて

首を左右に倒してその後回転させます。

肩も同じく回転させます。

★足・・・

寝転んだ状態で足を上に伸ばしブラブラさせます。

そして足首を伸ばしたり曲げたりします。

その状態であぐらをかくように足を交差させ床につけます。

★腰・・・

寝転んだ状態で、足を立ててお尻だけ浮かせます。

その後お尻を床に戻して足を左右に倒します。

これらのストレッチは布団の上で簡単に出来ます!

そして自分が気持ちいい回数やればOKなので

時間もかかりません☆

何もせずに寝るより体の疲れが取れますよ!

クエン酸を摂取する

 

 

クエン酸は疲れを取ってくれることで有名ですよね。

クエン酸はレモンや梅干し、お酢などに含まれています。

これらを寝る前や朝起きてから摂取することを

習慣にするといいですよ♪

レモンはレモン汁でも代用できます!

また、はちみつも疲労回復には効果的。

土日など時間に余裕があるときに

レモンのはちみつ漬けを作ってそれを毎朝お湯で割って飲むのもいいですよ♪

最終手段…子供を預けてリフレッシュ!

 

 

日々の生活で疲れを取る方法をご紹介しましたが、

最終手段としてご紹介するのは、

やっぱり子供預けて1人になることです。

どれだけ可愛い我が子でも、

ずーっと一緒にいると疲れて当たり前!!

保育園や託児所で行われている一時保育などに

1時間でも預けると、だいぶ楽な気持ちになれますよ☆

まとめ

簡単には取れないほど溜まってしまった

子育て中の疲れ。

毎日の生活を少し見直して

ちょっとずつ負担を減らしていけば、

だんだん体も心も楽になっていきますよ♪

今すぐ取りかかれそうなものから始めてみて、

続けていくようにしてくださいね♪

毎日子育ては大変ですが

笑顔で頑張れるように、

楽できるところは楽していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする