赤ちゃんを迎える家庭で犬を飼うときにオススメな赤ちゃんグッズ4つ!

スポンサーリンク

犬は本当に可愛いですよね。

飼い主に忠実でとても賢くて、

家族の一員として飼っている人も

多いのではないでしょうか?

そんな犬を飼っている家庭に、

赤ちゃんが来るとなったら、

普通の出産準備とは違う視点

準備をしなくてはいけません!

今回は実際に

小型犬2匹を飼っている私がオススメする

犬がいる家庭にあったら便利な

赤ちゃんグッズをご紹介します☆

赤ちゃんがいる家庭で犬を一緒に飼うことはできるの?

スポンサーリンク

まずはじめに、犬を飼っていて妊娠した時に一番心配することは、

「犬と赤ちゃんって一緒に暮らしても大丈夫なのかな??」

ということではないでしょうか?

または、自宅では飼っていなくても

里帰り先の実家に犬がいるという場合もありますよね。

新生児はとても小さくまだまだ免疫もありませんから、

犬がいる環境に連れて行って大丈夫かな?と

不安になる人も多いと思います。

ですが、しっかり赤ちゃんを迎える準備をしておけば

何の問題もありません☆

我が家は里帰りせずに、小型犬2匹が待つ自宅に

出産後帰って生活しましたが、全く何も問題はありませんでした!

ですから、出産をきっかけに犬を手放すとか、

赤ちゃんがいる間は犬をどこかに預けるなんてことはしなくて大丈夫です。

ただ、しっかりと赤ちゃんを迎える環境作りが必要ですよ☆

赤ちゃんが犬が原因でアレルギーを発症することはある?

赤ちゃんと犬が同じ空間で生活することで

他に気になることといえば、

「犬が原因でアレルギーになったりしないの??」

ということではないでしょうか?

私も出産前からそのことがとても気掛かりで、

出産前には産婦人科の先生に、

出産後の赤ちゃんの健診時には小児科の先生に

「犬が2匹いるのですが、アレルギーの原因になったりしますか?」

と聞きました。

ですが、答えとしては

「生まれた時から犬を飼っているからといって

アレルギーを発症するということはない」

と、どの先生にも言われました。

現在1歳3ヶ月になる我が家の娘ですが、

アレルギーどころかとっても元気で滅多に風邪もひきません!

赤ちゃんはピカピカの綺麗な場所で育つより、

動物に囲まれて育った方が

免疫がついて強くなるという話もありますので、

犬と一緒の空間で過ごすことには何の問題もないと思います。

ただ、犬種によっては毛がとても長く抜け毛が大量であったり、

お散歩の時に草むらに入ったりする犬もいますよね。

赤ちゃんが過ごす空間に、大量に犬の抜け毛があるのは、

衛生的に良くありませんし、

犬が草むらなどで遊んだ時にノミやダニが付いてきて、

家の中にそのまま入ってきてしまうことも考えられます。

ですから、室内犬の場合は毎日ブラッシングをして

抜け毛が大量に出ないようにしたり、

赤ちゃんがノミやダニに刺されることがないように、

犬の予防をしっかりするなどの対応は必要です!

もちろん、狂犬病の注射をしたり、混合ワクチンの接種も必須です。

でもこれは飼い主として、

赤ちゃんがいなくても行う当たり前のことだと思います☆

もし、自分が飼っていなくて実家に犬がいる場合は

この辺りのことをどのようにしているか確認すると安心ですよ!

犬がいる家庭に赤ちゃんを迎えるときに必要なグッズ4つ☆

飼い主として基本的なワクチン接種や

体のお手入れはしているとして、

赤ちゃんを迎えるにあたって必要なグッズのご紹介をします!

犬がいない家では必要なくても、

犬がいる家庭では必要なものがありますので

実際に使ってみての感想も交えてご紹介します☆

ベビーベッド

「ベビーベッドはすぐに使わなくなるから、必要ないよ〜」

と色んな人から言われましたが、

我が家には必須のアイテムでした!!

我が家は賃貸の狭いマンション住まいです。

ですから、本来ならベビーベッドは準備せずにいきたいところでしたが、

新生児の頃から犬と同じ目線の場所で

過ごさせるのはちょっと…と思い、

小さいサイズのベビーベッドを購入しました。

結果として、「ベビーベッドは必ず必要だった!!」と思えました。

まず、退院したての赤ちゃんは一日ほとんど寝ています。

ベビーベッドに寝かせておけば、犬たちは高くて赤ちゃんが見えません。

なのでとても安心して寝かせてあげることができました。

また、オムツ替えの時に一番ベビーベッドの必要性を感じました!

犬は匂いを嗅ぐのが好きですよね。

オムツ替えなんて、犬からしたら今まで嗅いだことがない

とても興味深いものなのです!!

ですが、こちらもまだオムツ替えには慣れてないし

ウンチをしている時にもし犬が邪魔をしてきたら…?!

考えただけでもゾッとしますよね!

ベビーベッドに寝かせた状態でのオムツ替えは

とても安心して行うことができたので、

ベビーベッドがあってよかったねー!といつも夫と話していました。

ハイローチェア

ベビーベッドを卒業する頃に活躍しだしたのがハイローチェアです。

ハイローチェアとは、前後に揺れるゆりかごのようなイスです。

そのほかにも背もたれを完全に倒せば簡易ベッドに、

背もたれを起こして固定すれば椅子として使えるので

長い期間活躍するアイテムです!

寝返りを打てるようになって、

日中一緒にリビングで過ごすようになった時に、

ちょっと私がトイレに行きたいとか、

ミルクを作りたい、というときに

赤ちゃんを床に寝かせたまま離れるというのは、不安がありました!

我が家の犬たちは、温厚で

赤ちゃんに攻撃することは一度もありませんでしたが、

それでも犬は動物!何が起こるか分かりませんよね。

そんな時に、ハイローチェアに乗せてシートベルトをしておけば、

高さがあるので犬たちには登れないので安心でした!

ちょっとしたお昼寝もハイローチェアでさせていました。

自分で自由にハイハイなどで動き回れるまでは、

犬よりも高い位置に置いておける場所が

必要なのではないかな?と思います。

1歳を過ぎてからは犬を追い掛け回すようになったので

犬から隔離する場所は必要なくなりましたが、

ハイローチェアは食事の際の椅子として使っているので、

我が家では現役で活躍中です!

ハイローチェアと同じようなアイテムで

バウンサーというものがありますが、

あちらは高さが低いので

犬がいる家庭での活躍度はどうなのかな??と思います。

我が家はハイローチェアにしてよかったです!

空気清浄機

やはり赤ちゃんの過ごす空間が

綺麗かどうかは気になりますよね!

犬を飼っていると、

ブラッシングをしたり床の掃除をきちんとしていても

どうしても抜け毛が気になってしまいます。

空気清浄機は、ほかの犬と赤ちゃんを飼っている家庭の友達も

ほとんどの子が持っているアイテムでした!

置いておくだけで、ひとまず安心できます!

赤ちゃんが主に過ごす部屋に置いておけばOKですよ☆

セーフティゲート

 

 

犬がご飯を食べるスペースやトイレ、ゲージなど

犬の生活も赤ちゃんから守ってあげなければいけません。

また、ハイハイしだすと犬の生活スペースに興味を持ち始めます。

赤ちゃんは何でも口に入れてしまいすよね。

犬のご飯の器や給水器、トイレシートなどを触って

もし口に入れてしまったら…!!

そんなことが起こらないためにも、

きちんと初めから対策をしておく必要があります。

そこでオススメなのがセーフティゲートです。

赤ちゃんがキッチンや階段に入ってこないようにするための

ベビーガードでもいいですが、

実は犬が入ってこないようにするための柵があります。

私がいろいろな商品を見て比べた結果、

犬用のゲートの方が設置する自由度が高かったり

丈夫そうなものが多いと感じました!

なので、我が家では犬用のセーフティゲートを

ゲージとトイレの周りに置いて、

子供が一切そのエリアには侵入出来ないようにしています!

犬用のゲートといっても、子供では簡単に開けられないし

飛び越えられない高さになっているので、安心です☆

もちろん、家の構造や間取りに応じて

ベビーゲートの方がいいという場合もありますので、

調べる場合は赤ちゃん用と犬用どちらも見てみてください♪

ちなみに、我が家には二つセーフティゲートがあります。

1つは先ほど述べた通り

犬用のスペースを区切る役目をしていますが、

もう一つは子供がご飯を食べるときに

犬がダイニングテーブルに近づけなくするための

ゲートの役目をしています!

1歳に近づくにつれて子供は

自分で手づかみで食べたい!というようになってきます。

ですが、とにかく床にボロボロと落ちてしまいます。

それを犬が拾って食べてしまうことを

防止するためにゲートをしています。

犬と赤ちゃんが一緒に暮らすには

どうしてもお互いに侵入してはいけない区域が出てきますから、

成長に伴いセーフティゲートが必要になることも

視野に入れておくといいですよ!

まとめ

このようにしっかりと必要なものを準備して

赤ちゃんと犬の生活スペースを分けてあげれば、

赤ちゃんと犬が一緒に暮らすことに何の問題もありません!

犬も人間に幸せをもたらしてくれる

大切な小さな家族です。

犬も赤ちゃんも大切にして、

楽しくみんなで暮らせるように、

色々と工夫をしてみてくださいね♪

赤ちゃんがいて犬を飼う方必見!安全に暮らすために気をつける3つの事!も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする