親戚付き合いってどこまでしたら良い?気持ちが前向きになる考え方とは?

スポンサーリンク

親戚付き合いって、何であるのでしょうか?

小さいころから、ほとんどの人が経験する、親戚の集まり。

親戚は、気の合う人だけではありません。

親戚との人間関係や、距離の置き方に悩む人はたくさんいます。

親戚付き合いは、

日本の「冠婚葬祭のあり方」に大きく関わっています。

それがスムーズにできるためのお付き合いとも言えます。

結婚をすると、結婚相手の後ろには、

結婚相手の親と親戚がずらっと並んでいます。

これには、人の繋がりのすごさを感じざるをえません。

では、前向きに親戚と向き合うためには、何が必要なのでしょうか?

親戚付き合いのマナーを守るために最低限メモしていることとは?

スポンサーリンク

親戚について、旦那さんと初めて話し合った時、

簡単な家系図をお互い書き合って、名前を教え合いました。

中でも、子供のことについては、書いておいた方が絶対にいいです!

子供の名前(どんな漢字を書くのか)や、生年月日を記しておくと、

役にたつ日がきっときます。

あとは、お年玉を誰にいくらもらったのか、

出産などのお祝いで、誰に何をもらったのかなど、

それだけは最低限書き記しておきましょう。

親戚付き合いでは、何かをいただいたら、

必ずお返しをするように心がけると、

良いお付き合いをすることができます。

なるべくお互いに平等になるようにするのが、

気持ち的にも楽ですよね。

押し付け合ったり、奪い合ったりすることだけはさけましょう。

親戚付き合いのトラブルあるある!お年玉の金額で待ったがかけられた?

親戚がよく集まるタイミングは、お正月ではないでしょうか。

私の親戚には、小さい子供~学生まで8人くらいいるので、

お年玉を交換するために集まりにでむくのですが、

一度こんなことがありました。

うちのお年玉の額について、

「ちょっと待った」という意見が出たのです。

お年玉の金額は、夫婦で話し合い、

「年齢関係なく同じ額で、1人5,000円にしよう」と決まって、

その金額を渡した時があったのですが、

どうも小さい子供にはそれが高い金額だったらしく、

後日電話がかかってきました。

「お年玉の金額はお互いに同じにしよう」

という内容の電話でした。

私たちもそれに納得したのですが、

次の年に言われた金額のお年玉を入れたら、

相手からの方がだいぶ多く入っていました(笑)

「去年の差額なのか、何なのか?」

どうしたらよいものかと旦那さんと話をしたものです。

私が子供のころは、お年玉の額はみんなバラバラだったので、

「お年玉の額は自由なんだ」と思っていましたが、

親戚にも色んな人がいて、お年玉ひとつとっても、

考え方も色々あるんだという事を、いい歳になって学びました(笑)

お年玉については、おじいちゃんおばあちゃんは別として、

親どうしなら、金額の調整はある程度必要なんですね。

それから、こちらも気をつけるようになりました。

親戚付き合いはほどほどの心持ちで!

家族とは、「親戚付き合い」について、

よく話し合うことがとても大切です。

親戚や、いとこと会うのを楽しみにしているなら、

それが一番良いのですが、

「人付き合いが苦手で、集まり自体が苦手」という人や、

「親戚との人間関係が負担になっている」という人もいるので、

家族内で、そういう事を素直に話せたら、とても楽です。

家族内で話すことが難しいなら、

友人でも良いので、話を聞いてもらいましょう。

私も、親戚の集まりに行きたくない理由が2、3あり、

「集まりに行かなくて済むにはどうすれば良いのだろう?」

という事を考えたことがあります。

知り合いの人にそれを話すと、

「自分は、子供のためと思って行っている。顔を少し出したら、

予定があると言って早めに失礼しても良いのでは?」という、

アドバイスをいただきました。

確かに私も、「子供たちにお年玉だけは手渡しであげたい」、

「いつもお世話になっているのに、誘いを断るのは心苦しい」、

という思いがずっとひっかかっていたので、

「さける事を考えるよりも、少しだけでも顔を出す方が、

絶対にいいな」って思うことができました。

旦那さんには、

「次の親戚の集まりには行かずに、家族でどこかに遊びに行きたい」

と話していたのですが、

「やっぱり、いつもお世話になってるし、行かなくちゃ!」

といきなり私が言うので、ポカンとしていました(笑)

 

まとめ

 

 

 

親戚にも色んな人がいて、色んな考え方があります。

お金が絡むことも多いので、トラブルも起きやすいですよね。

自分の旦那さんや奥さんと、「親戚との付き合い方」をよく話し合って、

夫婦で同じ方向を見るようにして、

親戚付き合いができると良いですね。

家族との良好な関係を作るためにも、親戚付き合いは必要です。

親戚の事を、無理に好きになったり、

無理に仲良くする必要は全くないので、

自分の気持ちが重くならない程度でのお付き合いをしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする