赤ちゃんのお風呂の入れ方!ベビーバス卒業したらどうやってお風呂に入れる?

スポンサーリンク

赤ちゃんのお風呂の入れ方については、

母親学級などで

沐浴の方法を教えてもらう機会があります。

でも沐浴のやり方は分かったけれど、

ベビーバス卒業後の

お風呂の入れ方・手順って

初めはどうしたらいいのか戸惑いますよね。

一人目の時はギリギリ3ヶ月までは

ベビーバスで入れていたし

二人目が生まれてから

ママ一人で二人を一緒にお風呂に入れるのは大変でした!

私なりに工夫した

ベビーバス卒業後のお風呂の入れ方について

お伝えします。

赤ちゃんをお風呂に入れるのはいつから?ママと一緒のお風呂デビュー

スポンサーリンク

産まれてすぐからしばらくは、

みなさんベビーバスを使用して

赤ちゃんをお風呂に入れている人が多いですよね。

最近では空気を入れて膨らませるタイプの

ベビーバスもありますし、

中にはたらいや洗面所のシンク、

衣装ケースを使用して入れている

なんていう方もいるみたいですね。

我が家には二人子どもがいますが、

二人とも空気を入れるタイプの

ベビーバスを使っていました。

価格も1200円程で、

上の子の時に購入してから下の子が産まれるまで

小さく畳んで収納でき便利でした。

私の出産した産院では、

1ヶ月検診のとき

「もう赤ちゃんとお風呂に入っていいですよ」

と先生から言われました。

しかし、まだ一緒に入ることがハードルが高く感じ、

我が家の子どもたちはベビーバスが使えるギリギリまでは

ベビーバスでお風呂に入れていました。

ただ、ベビーバスの大きさにもよりますが

だいたい生後3ヶ月頃になると

だんだんベビーバスが窮屈に感じてきます。

また、赤ちゃんもだんだん重たくなってくるので

片手で赤ちゃんの頭を支えるのもしんどくなってきます。

我が家も生後3ヶ月頃になって、

赤ちゃんがベビーバスの中で足を伸ばせなくなったため

ママと一緒のお風呂デビューをすることにしました。

なので早い方では生後1ヶ月頃から、

遅くても生後3ヶ月頃には

大人と一緒にお風呂に入るようになると思います。

赤ちゃんのお風呂の入れ方!3ヶ月すぎて上の子がいる場合のお風呂の入れ方

赤ちゃんとお風呂に入る手順、

私も最初はとても悩みました。

1人目のときは、

お風呂場のドアを開けっぱなしにして

洗面所に置いたバウンサー等に赤ちゃんを待たせたまま、

自分が先に入るというやり方もやっていました。

1人目のときはそのやり方でもよかったのですが、

2人目が産まれて

子ども2人を私1人でお風呂に入れなければならなくなると、

ドア全開にしてしまうと上の子が寒いし

身体が濡れたまま洗面所に飛び出してしまう恐れもあったりと

やりにくくなってしまったので、

色々と考えた結果以下の方法に落ち着きました。

【お風呂の入れ方手順】

①自分と上の子だけ服を脱ぐ

②赤ちゃんは服を来たままお風呂場のバスチェアに座らせる

③赤ちゃんにお湯がかからないように先に自分と上の子の身体を手早く洗う

④赤ちゃんの服とオムツを脱がして洗う

⑤全員で一緒に浴槽に浸かる

(上の子が1人で浴槽に入れる年齢なら先に湯船に浸かってもらうのも可。)

【お風呂から出た後の手順】

①赤ちゃんをバスタオルでくるんでバウンサーやベビーラックなどに座らせる

②自分と上の子の身体を拭く

③赤ちゃんと上の子にオムツを履かせる

④自分と上の子は洋服を着る

⑤赤ちゃんをリビングに連れていき服を着せる

お風呂を出たときあまりにバタバタしていたら、

自分は全裸かパンツ一丁のときもあります(笑)。

上記のやり方だと

赤ちゃんに服を着せるのが最後になってしまいますが、

待たせている間

大きめのバスタオルでくるんであげているので、

風邪を引いたりということもありません。

赤ちゃんがお風呂で泣くときの対策ってどうしてる?

ベビーバスを卒業して

ママとのお風呂デビューをするにあたって、

赤ちゃんを座らせておくバスチェアを用意する方も

多いとおもいます。

バスチェアもベビーバス同様

色々な種類のものがありますが、

我が家は成長に応じて

二種類のバスチェアを使用していました。

ベビーバス卒業直後の生後3ヶ月頃は、

まだ首が据わっていなかった為

段階的にリクライニングができるタイプのバスチェアを、

その後お座りが上手になった生後6ヶ月頃からは、

空気で膨らませるタイプのバスチェアを使用していました。

ベビーバスで沐浴させていた頃は

割りと泣かないでお風呂に入ってくれていた赤ちゃんも、

慣れないお風呂やバスチェアに

最初の頃は大泣きしてしまう子が多いとおもいます。

我が家の子どもたちも、

バスチェアを使用するようになった

生後3ヶ月頃から生後5-6ヶ月頃までは

泣かない日が奇跡というくらい

毎日のように泣いていた気がします。

裸で椅子に置かれている不安、

バスチェアの固さ、お風呂の寒さ、

お風呂の雰囲気、シャワーの音…

色々な要素が不安に感じてしまうんだとおもいます。

私も赤ちゃんが怖くないようにと、

声をかけたり

お腹の上にお湯で濡らしたタオルを置いたり、

シャワーを出しっぱなしにしたり

抱っこして洗ったりと

色々とやってみましたが、

どれもあまり効果なく…

やはり一番は、

お風呂が怖くない場所だと

赤ちゃんが慣れてくれることだと感じました。

我が家の子どもたちは、

大泣きするのは身体を洗うときだけで

抱っこして浴槽に浸かるときは

すっかり泣き止んでいました。

なので、

赤ちゃんを洗うのも

自分を洗うのもとにかくすばやく手短に!

そしてあとは赤ちゃんがお風呂に慣れるのを待つ!

慣れるまでは泣かれて大変ですが、これに尽きます。

まとめ

赤ちゃんとのお風呂。

どうやったらいいんだろう?

泣かないかな?

と初めは緊張しますよね。

慣れるまでは大変ですが、

赤ちゃんもお座りができるようになってくるころには

泣かなくなっている子がほとんどだとおもいます。

我が家の1歳4ヶ月の長男も、

生後5ヶ月頃までは

毎日のようにお風呂で泣いていましたが

今ではそれが嘘のようにお風呂大好きです。

最初はどの子もお風呂で泣くものです。

泣かせないようにしなきゃ!と

あまり頑張りすぎないようにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする