子どもがご飯を食べる時に遊ぶのっていつまで続く?遊び食べの対処法とは?

スポンサーリンク

子どもの遊び食べ、

頭を悩ますママたちも多いとおもいます。

いつまで続くの?

いつになったら遊ばず食べてくれるようになるの?

私も長女が一歳過ぎてから悩みに悩んだママの一人です。

半ノイローゼになりそうになるほどだった

1歳過ぎから始まった長女の遊び食べの様子と

私の対処法を体験談を通してお話します。

みなさんのお役に立てれば幸いです。

子どもがご飯をわざとこぼす事や口から出す事が1歳過ぎから始まった

スポンサーリンク

私には現在2歳10ヶ月の長女と

1歳4ヶ月の長男がいます。

私が子どもの食事のことで悩み始めたのは

長女が1歳過ぎた頃からです。

離乳食始まった頃から

一歳すぎたこの頃までずっと

私がご飯を食べさせていましたが、

1歳を過ぎた頃から遊び食べが目立ち始めました。

ご飯が入っている口に指を突っ込んだり、

口からベーッと食べ物を出したり、

スプーンやフォークを私から奪って床に投げつけたり、

食後の床半径1.5メートルは

毎回とても悲惨なことになっていました。

手づかみ食べは大事だと聞くし、

この頃の子どもはこういうものだと

頭ではわかっているつもりでも、

元々キレイ好きだった私は

毎回毎回床を汚されることに耐えられず

怒りのままに長女を叱ったことが何度もあります。

また、初めての育児で

離乳食作りも自分なりに頑張っていたつもりでしたが、

頑張って作っても

食べずに投げたりこぼしたりされることが

当時はどうしても悲しく許せませんでした。

長女の場合、

このような時期が1歳過ぎから

2歳直前頃まで続いたとおもいます。

当時はいつまでこの状態が続くのかと

半ばノイローゼ気味でしたし、

毎食の食事の時間が本当に苦痛でたまりませんでした。

色々悩みながらその頃やっていた対策としては、

  • 床にはレジャーシートなどを敷いておく
  • ご飯なども手づかみ食べしやすいようにおにぎりにする
  • 水分の多いおかずは私がキープして食べさせ子どもに渡さない
  • 床にわざと落とすのはダメと何度も言い聞かせ、やったらご飯を下げる

床に敷くのは新聞紙でもバスタオルでもいいとおもいます。

私は小さめのレジャーシートを敷いていましたが、

基本的には布巾で毎食後拭き取って、

たまにお風呂場で水洗いし清潔を保っていました。

床を毎回汚されるよりはストレスも少なく良かったです。

2歳頃までは、

いくら怒鳴ったりお手てをペンしたりしても

本気で分かっているのか微妙でした。

でもただ感情のままに怒っても、

「怖い」ということしか残らないとも聞いたので、

できるだけ「食事は楽しく」を心がけるようにしました。

何度も言い聞かせることはとても根気がいりますが、

分かってくれるようになる日を信じて

ひたすら言い聞かせました。

離乳食作りも色々工夫して頑張っていましたが、

頑張りすぎた分食べてくれないときのがっかりが大きいので、

あまり頑張りすぎないようにしました。

本に載っているような工夫した変わったメニューよりも、

長女の場合お味噌汁と納豆ご飯など

シンプルなメニューのほうが良く食べてくれる傾向にありました。

また、この頃遊び食べと平行して

お茶をわざと口からべーっと吐き出すことも

やるようになっていました。

食事中はまだ良かったですが、

日中ストローマグをダイニングテーブルの上に置いておくと、

知らない間に取って口に含んで吐き出し床は水浸し。

かといって夏場などはたくさん水分を取って欲しいし

好きなときに飲めないのもどうなんだろう…と。

長女の場合、
おやつに飲んでいた牛乳は吐き出したりしなかったので、

単純にお茶がそんなに好きではないのかなとおもいました。

牛乳も飲んでるし食事で水分も取ってるし、

「お茶を飲まなくても死ぬことはない!」と割りきって、

本当に欲しがるときだけあげるようにし、

吐き出しても「ダメだよ」とだけ言って

掃除するということを続けました。

このように色々と対策をしても

急に劇的に遊び食べをしなくなったわけではありませんが、

2歳過ぎて気づいたときには、

床にわざと食べ物を落とすこともなくなり

お茶もわざと吐き出すこともなくなっていました。

2歳10ヶ月の今では、

こぼさずにたくさん食べるようになり

お茶もコップで何度もおかわりするくらいたくさん飲みます。

あのときの悩みが嘘のようです。

また、1歳4ヶ月の長男は

今のところお姉ちゃんのように

わざと食べ物を口から出したりこぼしたり、

お茶も吐き出したりということはしません。

長女に比べて長男のほうが食に大しての興味もあって

食べることが大好きだから、

食べ物で遊んだりしないのかな、とおもいます。

でもやっぱり少しお腹がいっぱいになって飽きてくると、

パンをちぎってテーブルの上でこねたり

遊び出すこともあります。

遊び食べの時期もその度合いも

一人一人違うんだなーと実感しています。

子どもがご飯を食べるのが遅い

床が汚れることはほとんど無くなった現在ですが、

最近の食事での悩みと言えば

長女が食べるのが遅いことです。

食べ終わるまで一時間かかるのは当たり前。

席を立って遊びに行ってしまうことはありませんが、

椅子の上で寝転んでみたりおしゃべりしたり

口にご飯を含んだままなかなかごっくんせず

箸も進みません。

でも最近の長女はとても食欲旺盛なので、

「食べないと下げちゃうよー」

「ママが食べちゃうよー」というと

焦って食べます。

1歳頃からの遊び食べとは違って、

食べ散らかすわけではないけど

ただただ食べるのが遅い!

これはこれでなかなかやっかいです。

急いでいる朝食のときなどは特に困っています。

お腹が空いているはじめの方は

スムーズに一人で食べますが、

飽きてくるのか疲れてくるのか眠いのか、

ペースが落ちてくると

私が手伝って食べさせたり

「がんばれ!」と励ましたり、

あの手この手で食べさせるのは大変。

でも、食べ散らかしていたあの頃に比べると

全然ましになったなーともおもっています。

食べるのが遅いのは

いつまで続くか分かりませんが、

気長に付き合っていこうとおもっています。

まとめ

遊び食べはいつまでも続くわけではありません。

姉弟でも全然違いますし、

一概に何歳頃までとは言えませんが、

どの子も多かれ少なかれ

2歳過ぎには落ち着いてくるかとおもいます。

私自身一人目の育児のときは、

「いったいいつまでこの状況が続くのか?」と

先が見えないストレスに

何度も押し潰されそうになりました。

二人目はその経験があったからか

もう少しおおらかに構えていられる気がします。

今お子さんの遊び食べで悩んでいるママたちも、

もう少し色々工夫しながら

その時期が来るのを待ってみてください。

「食事は楽しく」できるといいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする