子育てにかかるお金で不安になる幼稚園費用!真っ先に節約するのは?

スポンサーリンク

「子ども一人を育てるのに1000万かかる」

そんな話しよく聞きますよね。

我が家も来年長女が幼稚園入園をひかえ、

家計の見直しに追われています。

私も子どもができてからずっと

頭の片隅から「1000万」が離れず、

「うちは大丈夫かな・・・」と

無性に不安にかられる時があります。

お金のことを考えるのは頭が痛いですが、

幼稚園入園前の

我が家の家計見直し案を紹介します。

子育て中の悩みは出費の第一関門の幼稚園や保育園

スポンサーリンク

我が家は結婚してから一年程共働きで、

私も正社員として働いていました。

その頃はボーナスもあり、

生活が苦しいと感じることもありませんでした。

その後長女を妊娠し、

一年程産休・育休を取得して

正社員として復帰を想定していたところ

長男を妊娠しました。

迷いましたが、

年子の子ども二人を育てながら

仕事と家庭を両立する自信がなく、

退職して育児に専念することにしました。

産休・育休中は、

社会保険から手当てをもらうことが

できていましたが、

それも一年程でなくなり、

それからは夫の収入のみで生活することになったのです。

幸い私が退職前に

夫が転職をしてお給料は以前に比べて

良くはなっていましたが、

夫の会社はボーナスや退職金のない会社でした。

また、二人目を妊娠前にマンションや車の購入、

子どもの学費のためにと学資保険にも加入していた為、

我が家の家計は決して楽ではない状態でした。

(ここまで自分で書いていて無計画だな、

とちょっとおもいました・・・。)

出産準備にも数十万と費用はかかりますが、

出産は一時金が出たり

お下がりやレンタルをうまく使えば

節約することも可能だとおもいます。

しかし節約しようがないその後の大きな出費というと、

やはり幼稚園・保育園だとおもいます。

公立のところに入れればいいですが、

私が住んでいる市には公立幼稚園がありません。

二人目を妊娠する直前に、

仕事復帰を予定していたため

長女を預けるための保育園にも申し込んでいました。

収入によって保育料は決まりますが、

我が家の場合そのとき来た通知には、

確か保育料月額50000円ほどだとかいてありました。

収入が多い家庭だともっと高い金額を

払わなければならないとおもいます。

保育園に預ける以上ママが働くのでその分収入はありますが、

私の元勤務先の先輩ママも、

「子どもが熱を出したりして休みも多くなってしまうし、

お給料のほとんどが保育料に消えてる」

と言っていました。

現在私は専業主婦で

まだ下の子も小さいので、

下の子が幼稚園にあがったら働きに出ようかと

考えていますが、

幼稚園の費用もけっこうなものだと知り

衝撃を受けました。

長女が入園を希望している私立幼稚園は、

年少さんで入園料100000円、

制服・体操服代が約40000円、

冷暖房費として年額10800円、

教材雑費が年額16000円、

そして保育料が月額31000円

です。

これ以外にも「母の会」や

「お泊り保育」や「給食」などで

それぞれ5000円から10000円以上かかることも

あるそうで・・・

総額にすると入園年次だけでも50万ちかく

かかる計算になります。

これが主人の収入だけでやりくりしている

我が家の場合、

かなり家計の見直しをしなければ

捻出が難しい状態となっています。

年中さんからの入園では

定員の関係上入れない幼稚園も多いらしく、

また、早くお友達をつくってあげたいと

おもう親心からも

年少さんで入園させたいと

我が家は考えています。

私が住んでいる市では

「私立幼稚園就園奨励金」という制度があり、

収入に応じてお金が毎年貰えるそうなのですが、

それでも全額がもらえるわけではないので、

やはり家計には手痛い出費となります。

子育てにかかる費用の負担を減らすための家計の見直し案を紹介します

来年に幼稚園入園を控えた今年、

我が家は家計の見直しを行いました。

まず考えたのは、

固定費(毎月決まって支払うもの)を

抑えよう!ということです。

固定費というと、我が家は主に

住宅ローン、保険料、水道光熱費、

通信料(携帯電話・ネット)などがあります。

まず手をつけたのが、通信料です。

ネットをこれまでより安い会社に変更し、

携帯電話もまずは料金プランを見直しました。

携帯電話については、

違約金や分割払いの関係でまだ解約できていないですが、

今後格安スマホに夫婦共々替える予定です。

格安スマホに替えるところまで終われば、

通信料だけで合わせて月額10000円ほど

抑えられる計算になります。

そのほかの固定費については、

保険料は今のところ最低限しか入っていないと

おもっているので現状維持としました。

ただ、私が専業主婦になり

第二子も産まれたことで、

以前は夫の死亡保険金を増やすことも考えていましたが、

住宅ローンで団信保険に加入していることや

学資保険に加入していることもあって

増額はやめることにしました。

学資保険については、

月額15000円の児童手当をそのまま

保険料にあてていますが、

こちらは貯蓄とおもってやっているので

18歳の払い込みまでせず

解約返戻金が払い込み金額を超えた時点で

解約も視野に入れることにしました。

水道光熱費に関しては、

子どもが小さいので毎日お風呂のお湯を替えたり

洗濯の回数が多かったりするため

水道代がかなり高くついていました。

現在は

一日二回毎日回していた洗濯を

一日一回にするようにしたり、

まめにコンセントを抜くようにしたり等

小さいですができることから始めています。

そのほか食費や日用品等に関しては、

クレジットカード払いを極力減らして

手元にある現金で生活する習慣づけを

していきたいと考えています。

クレジットカードだと、

手元に現金がなくても買えてしまうし、

1ヶ月2ヶ月先の引き落としのときも

カードの請求の分でお給料がなくなってしまうことも

あったので、

これはよくない!とおもい、

不便ですがクレジットカード離れをすることにしました。

また、私も在宅でできる仕事を始めたりと

収入を増やすことも考えるようになりました。

下の子が幼稚園にあがるまでは

在宅の仕事で少しでも稼いで、

幼稚園に二人ともあがったら

私も外に働きに出ることも考えています。

保育園・幼稚園を越えれば、

小・中・高校は公立であれば授業料がかからないので、

その分習い事や塾などに費用をあてられます。

ただ公立で授業料がタダとは言っても、

給食費や部活動などでお金がかかりますので

そこは注意しないといけませんね。

子どもたちには大学まで行かせてあげることを

想定しているので、

それに向けて少しずつ貯蓄できればいいですが、

住宅ローンの繰上げ返済や

大きな出費に備えるための貯蓄もしていかなければ

いけないし、

現時点ではこれからどのくらい貯蓄ができるか

想像もつきません・・・

まとめ

我が家の話しばかりになってしまいましたが、

我が家のような無計画な家庭ばかりではなく、

出産前から資金計画をしっかりしている

ご家庭もあるとおもいますので、

そういったご家庭はその調子でがんばってください!

我が家と似たようなご家庭は、

できるところから家計の見直しをして、

一緒にがんばっていきましょう♪

すべてはかわいい子どもたちのために

ですものね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする