家事分担を夫とするメリットとは?専業主婦だからこそのストレス!

スポンサーリンク

みなさんは

ご主人と家事の分担をしていますか?

共働きのご家庭、

奥様が専業主婦のご家庭とさまざまですね。

現在我が家は主人がサラリーマン、

私が専業主婦の家庭です。

今回は我が家を例に

共働きをしていた頃と専業主婦になってからの違いから

ご主人と家事分担をするメリットについて

体験から考えていきます。

共働きだった時の我が家の家事分担

スポンサーリンク

冒頭でもお話したとおり、

現在我が家は主人がサラリーマン、

私が専業主婦の家庭です。

主人と私、

2歳9ヵ月の娘と1歳3ヶ月の息子の4人家族です。

娘を出産するまでは、

結婚してからしばらく私も

正社員として働いていました。

共働きの頃は、

私も主人も平日帰ってくるのが

20時~21時過ぎるのが当たり前でした。

ただ基本的に私のほうが帰りが早かったのもあり、

夕食の支度はすべて私(たまに外食もありましたが)、

掃除、洗濯などほぼすべてが私の役割でした。

もちろん主人もたまには

料理をしてくれたり

お風呂を洗ってくれたりすることもありましたが、

共働きでもやはり帰りが早い私が

家事のほとんどを担っていました。

新婚当時は、

私もいわゆる「奥さん」にあこがれていて、

「家事は私ががんばるわ!」と意気込んでいたので

仕事と家事とがんばることができていた気がします。

また、

仕事と家事で体力的には大変でしたが

当時は子どももいなかったため

「土日はちょっとゆっくり寝ていよう」とか

「今日は疲れたから外に食べに行こう」とか

そういった形で気軽に手をぬくことができていましたし、

仕事に行くことが

家庭の主婦である自分とのうまい切り替えとなっていました。

共働きでお子さんもいるご家庭の場合は

かなり状況が違うとおもいますが、

子どもがいない家庭の場合は

うまく家事の手を抜きながらやることと、

仕事に行くことが主婦との切り替えになって

私の場合は息抜きになっていました。

しかし数年後、

娘を妊娠・出産して専業主婦になると、

これまでとはかなり考え方が変わることになるのです。

子育てが始まったらストレスをため込み手伝わない主人にイライラ

娘を出産して、

初めての育児に慣れない中、

私は睡眠不足と赤ちゃんのお世話に

毎日へとへとになっていました。

実家もすぐに頼れる距離にはないため、

私は精神的にも体力的にもストレスを溜め込むように

なっていました。

加えてうちの主人はなかなかの鈍感なタイプで、

子どもが夜泣きをしてもまったく起きない。

平日も帰りが遅く育児を手伝ってもらうことができず

私のストレスも爆発寸前でした。

もう限界だとおもったあるとき、

主人に思い切って言ってみることにしました。

「ストレスがたまって限界だからすこしはてつだってほしい」

主人はそれを言われて「はっ!」としたようでした。

それからは、

少しずつですが主人も

色々とやってくれるようになりました。

はじめは

「お風呂洗って」

「ゴミ捨ててきて」

「オムツ替えて」

と逐一私が主人に指示してやってもらっていました。

でもだんだん私も言うのが面倒になって、

主人も指示ばかりされることに

良い気はしていなかったようでした。

そこで、

主人を「お風呂掃除係」と「ゴミ捨て係」に

任命することにしたのです。

これまでのように指示するのではなく、

「これはあなたの仕事ね!」と任せてしまったことで

私も指示するストレスが減り、

主人も忘れずやってくれるようになったので

とても楽になりました。

家事分担!専業主婦の場合は夫は言わないとわかってくれない?

主人のことについて先ほどお話しましたが、

男の人ってほんとに言わないと分かってくれない!

中には奥さんがいちいち言わなくても

こちらの気持ちを察して

先回りしてなんでもやってくれるご主人も

いるかもしれませんが、

大多数のご主人が家事、育児について

指示待ちの方が多いのではないでしょうか?

我が家の主人は

ずっと実家暮らしだったわけでもなく、

一人暮らしを数年経験して

自炊や掃除洗濯もしていたはずなのですが、

結婚していったんやらなくなると

それが普通になってしまっていたようです。

一度主人に「なぜやらないのか」聞いたことがあるのですが、

主人いわく

「仕事をがんばっているので

家ではオフになってしまって色々気づかない」

「奥さんのやり方があるだろうから

下手に手伝って怒られるのが嫌」

だということでした。

育児についても

私は赤ちゃんといる時間も長いし

慣れるのも早かったですが、

一緒にいる時間が短い主人はそれだけ育児に不慣れなので、

これは丁寧に指導していって

慣れてもらうしかありませんでした。

我が家も

オムツ替えからミルクのあげ方、

洋服のしまってある場所、

抱っこ紐の使い方まで

色々と指導しました。

昨年息子が産まれ子どもが二人となった我が家は、

これまでと比べ物にならないくらい

育児が忙しくなりました。

専業主婦の私でさえ

全て一人でやるのには限界があります。

それでもこれまでの指導の甲斐あって、

主人もかなり育児が板についてきた気がしますし、

家事についても

自分の役割はしっかりこなしてくれるようになりました。

まとめ

 

 

 

私は自分の経験からも、

専業主婦の方こそ

ご主人に少しでも家事・育児の分担を

してもらうべきだとおもっています。

専業主婦の方は、

常に家事・育児と切り離される時間がなく

私のように完璧主義な性格だと

色々と自分で抱え込みすぎてしまうからです。

ストレスを抱えて爆発する前に、

ご主人にお願いしてみましょう!

「あなたは今日から○○係ね!まかせた!」と。

おだてて任されると、

意外と男性は張り切ってやってくれますよ♪     

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする