お風呂掃除のやり方伝授!毎日の手順とエプロンを外して裏側の大掃除も!

スポンサーリンク

お風呂掃除って、
面倒な家事のうちの一つですよね。

腰は疲れるしきれいにしてもすぐ汚れるし、
私も正直あまり好きではありません…。

が、先日重い腰をあげてお風呂の大掃除を行いました!

掃除は面倒だけど

きれいなお風呂はやっぱり気持ちがいい!

ということで、簡単・手軽というわけではありませんが

我が家の毎日のお風呂掃除の仕方や
年に一度の大掃除のやり方についてお伝えします。

我が家の毎日のお風呂掃除の手順を紹介します

スポンサーリンク

お風呂のお湯を炊き返して入っている家庭も

あるかもしれませんが、

我が家にはまだ小さい子どもがいるため
衛生面も考えてお風呂のお湯は毎日取り替えています。

そのため必然的に

お風呂掃除は毎日行わなくてはいけないのです。

基本的にお風呂掃除は
主人にお願いしているのですが、
だいたい週に一度くらいは私が行き届いていない部分も含め

掃除するようにしています。

主人には
最低限浴槽と風呂イスは

お風呂掃除用洗剤で洗ってもらうようにお願いしていますが、

私が掃除するときは
粉末の「酸素系漂白剤」を使って

浴槽や鏡、蛇口などを掃除しています。

具体的には、
掃除したい場所に酸素系漂白剤を振りかけてこするだけ

という簡単な方法です。

時間がたって石灰化した水垢は

普通のお風呂掃除用洗剤ではなかなか落ちませんが、
酸素系漂白剤を使用すると

驚くほどツルツルになり気持ちがいいですよ♪

また、1~2ヶ月に一度くらいは

浴槽の残り湯に酸素系漂白剤を溶かして

お風呂のイスやシャワーヘッド、取り外しできる棚などを

ひと晩浸け置きするようにしています。

こうすることで、
より頑固な水垢も落としやすくなります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酸素系漂白剤(750g)
価格:432円(税込、送料別) (2018/1/26時点)

また、汚れが貯まりやすい場所の一つ

「排水口」の掃除方法についてです。

我が家の場合は、
ぬめりが出るのが嫌なのと少しでも掃除を楽にするために
基本的に常に排水口のフタは閉めず

開けっ放しにするようにしています。

(子どもをお風呂に入れるときだけは

イタズラされるのでフタを閉めています。)

私はめんどくさがり屋なので、
フタが閉まっているとフタを開けるのすら面倒で

「見えないからいいや」と

掃除も後回しになってしまいます…。

でもフタをしていないことで

髪の毛などのゴミもすぐに目につくので

嫌でも掃除しなきゃという気になります。

それに、湿気がこもらないので

ぬめりやカビも出にくく一石二鳥なんです!

お風呂には湿気がつきものですが、
湿気がこもったままにしておくと
カビやぬめりがすぐに出てしまうので

少しでも湿気を無くすように

換気を十分するなどして

浴室を乾燥させるようにするといいですね。

お風呂掃除のコツ!浴槽の裏側を見たことありますか?

みなさんは、浴槽の裏側って見たことありますか?

浴槽の裏側は普段見えないところですが、
実は常に湿気がこもった場所で

カビが生えやすく、

放っておくと虫が湧いたりすることもあるそうです…。

ほとんどのユニットバスであれば、
浴槽の前面パネル(エプロン)を外して

浴槽の裏側を掃除することができるんです!

以前住んでいたアパートではそんなこと知らず

一度も外したことがありませんでしたが、
今の家に引っ越してからそれを知り、
勇気を出して開けてみることにしました!

先日お風呂の大掃除の際にもパネルを外したのですが、
初めてのパネル外しをしたのは半年ほど前です。

それまでも
毎日お風呂掃除は行っていましたが、

浴室乾燥などの機能を使って

十分に乾燥させているつもりでも
扉を開けたときの匂いが気になっていました。

我が家のお風呂の場合

パネルの下に3箇所のストッパーがあり、

それを外してからパネルを上に持ち上げつつ手前に引くと

パネルが外れるようになっています。

やってみると私のような女性一人でも簡単にできました。

初めて外して見た浴槽の裏側は驚愕でした…。

床には水が溜まり、

ヘドロのようなぬめりがたくさん発生していたのです。

匂いの原因はここでした。

実はこのぬめりが、

コバエなどの大好物だそうなんです。

浴槽裏の手が届かないようなところは

専門業者さんでないとなかなか掃除は難しいですが、
手が届く部分をやるだけでもやらないよりは全然違います。

具体的な掃除の手順としては、

  • 前面パネルを外す
  • 浴槽下に溜まっている髪の毛などのごみを取り除く
  • 全体にカビ取り剤を散布し少し放置
  • カビ取り剤を水で十分に洗い流し十分に乾燥させる
  • その間に前面パネルの裏側などを洗う
  • 前面パネルを戻す

という順番です。

先日やった大掃除のときは、
半年前に一度掃除していたからか
前回ほどカビやぬめりは気になりませんでした。

パネルを外して掃除をしてからは、
変な匂いに悩まされることもほとんど無くなりました。

一度もやらないまま何年も放置してしまうと、

自分では掃除しきれないくらいの汚れになってしまいますし
業者さんに頼むと数万円かかることもあるそうです。

一年に一度でも

こういった掃除をしておくと、

あとあとの掃除が楽になるので
我が家では一年に一度大掃除日を設け
頑張って浴槽裏の掃除をするようにしています。

また、目に見えなくても

天井や壁などにカビが発生していることもあるそうで、

いくら床や浴槽を毎日キレイにしていても

カビがすぐに発生してしまうのは

上からカビの胞子が降ってきてしまうためで、
カビを少しでも生やさないためには
天井や壁などにもカビ取り剤を散布する必要があります。

ただし、

液体のカビ取り剤は

目に入ったり吸い込んだりするととても危険なため、

床掃除用のワイパーに

カビ取り剤を染み込ませたキッチンペーパーなどを付け、
それで壁や床を拭くようにするのがおすすめです。

大掃除の際には、

浴槽裏の掃除とあわせて

天井と壁のカビ取りもしておくといいですね!

ただし、カビ取り剤を使う際は

くれぐれも十分に換気をするようにしましょう。

まとめ

私自身お風呂掃除は好きではありませんが、
汚れがひどくなって掃除するのが大変になる前に

ちょこちょこ掃除するのは本当にオススメです。

「パネルはずし」など一人では大変な部分もあるので、
家族で協力して掃除するのがいいかもしれませんね。

癒しの場所でもあるお風呂は
常にキレイに保って

いつも気持ちよく入れるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする