子供が薬を飲まないでイライラするママへ!飲ませ方のコツ教えます!

スポンサーリンク

子供の具合が悪くなると、

ママを悩ませるのが「薬」を子供に飲ませること!

中には薬が大好きで、すすんで自分から飲む子供もいますが、

たいていの子は、薬を口元に持っていくと、顔をそむけたり、

泣き出したり、口に入れても「ごっくん」してくれなかったりして、

なかなか薬を飲んでくれず、ママはついイライラしてしまいます。

子供が薬を飲みやすくする方法や、

ママがイライラしないようにする工夫をまとめてみました。

子供に飲ませる粉薬の飲み方のコツとは?

スポンサーリンク

粉薬は、お水でそのまま飲めたらいいのですが、

飲めないという場合も多いですよね。

だったら、色々な方法を試してみましょう。

水と混ぜたり、味を変えると薬が飲みやすくなる場合があります。

何かと混ぜた時、私は「味見」しています。

薬って、種類によっては、混ぜると余計にまずくなることがあるので、

何かと混ぜてみたら、少しだけ舐めてみて、

味がまずくないか確認しています。

薬に混ぜられるものは、こちらです。

  • アイス(バニラや、チョコ味)
  • ジャム
  • ゼリー

混ぜる時は、子供に見えないように混ぜ混ぜします(笑)

私は、少量の水と粉薬を混ぜて「ペースト」にして、

ほっぺたの内側にぬりつける方法が、とてもやりやすかったです。

その後、すぐに「お茶のコップ」を口に持っていき、

ごっくんと飲んでもらいます。

そのペーストのまわりに、「ミルクココア」をまぶすという技もあります。

完全に、見た目では「薬」とバレません。

でも、一度「薬」と分かってしまったら、

次はうまくいかない場合もあります・・。

また、粉薬を水でとき、スポイトで、ほっぺたの内側や、

奥歯のあたりに出すという方法もあります。

子供が一番飲みやすい方法を見つけるのが一番ですね!

また、以前私がよく行っていた小児科は、

とても人気で予約していても待ち時間が長く、

精神的にも負担となっていたのですが、

偶然知って変えてみた小児科は、

わりと古い感じで、おじいちゃん先生なんですが、

そこに行くと早く診てもらえるし、薬の入っている袋が、

女の子だと「キティちゃん」や「マイメロちゃん」で、

すごく可愛いんです!

これも「子供が薬を少しでも嫌がらないように」という工夫ですよね。

子供も、薬を自分で持って帰るくらい気に入っていました。

赤ちゃんの薬の飲ませ方!シロップはどうやって飲ませたらよい?

赤ちゃんには、液体(シロップ)の薬が処方されます。

シロップは、成分が沈殿することがあるので、

飲ませる前に軽く振ります。

シロップをスプーンで舌の上に置くと、

味をダイレクトに感じてしまって、嫌がることもあるので、

スポイトや、哺乳瓶の乳首を使ってみると良いですよ。

うちの子は、このシロップを飲ませても、

身体が拒否しているかのように吐いてしまったので、

無理に飲ませるのは、やめておきました。

シロップを舐めてみると、激マズ・・(笑)

「赤ちゃん用なのに、もっと優しい味の薬は作れないの~?」

と、心の中でつぶやいてました。

小児科に行くと、風邪の原因が分かるのがいいんですよね。

中には、苦しい検査があるので、あえてその検査はオススメせず、

状況説明や症状を見て判断される先生もおられます。

私も、その方が助かります。

薬を飲ませるのも大切ですが、

子供や親と相性の良い先生を見つけるのも、とても大切です。

子供が風邪をひいた時は、病院や薬も大切ですが、

親がそばにいて、

子供がキゲン良く過ごせるようにするのが一番です!

子供が薬を飲まないとママはイライラ!

子供に薬を飲ませたことがあるママは、誰しも通る道ですよね。

子供が薬を飲まなくてイライラしてしまうのは、当たり前の事です。

ただ、イライラをまた繰り返さないようにする事が大切です。

子供が風邪をひいた時、

ママは、仕事を休み、小児科で待たされ、

家では子供につきっきりで、クタクタな状態です。

時には、ママにも風邪がうつることもあります。

子供には、「早く治ってほしい!」という気持ちがすごく出てくる

タイミングで、子供が薬を飲まない・・・。

この時に、つい怒ってしまったママを責めることはできません。

でも、薬を病院から渡されたからといって、

必ずしもカンペキに飲ませる必要はないんですよ。

それは怒ってまでする事ではありません。

風邪薬は、「症状を少しでも和らげるためのもの」です。

子供も、なぜママがそんなに必死なのか、理解できません。

薬を飲まないのは、

「そんなママに抵抗しているだけ」という場合もあります。

怒ってしまった後で後悔をする、ということを繰り返さないために、

薬に対しての意識を少し変えてみましょう。

「真面目になりすぎないことと、責任を感じすぎないこと。」

これも大切なことです。

薬を飲む時の雰囲気を変えてみたり、

子供に薬を飲ませやすい工夫をしたり、

薬が少しでも飲めたら、「大げさかな?」というくらいほめてあげたり、

ママにできることはたくさんありますよ。

「早く薬を飲みなさい!」ではなく、

「頑張れ!」と応援するような気持ちで見守ってあげましょう。

うちの場合は、家では薬を飲むのにすごく苦労したのに、

保育園では、先生とお友達の応援で、

頑張ってすぐに飲むことができたそうです。

「保育園の給食は食べるのに、家だとごはんを残す」、

というのにちょっと似ていますよね(笑)

まとめ

 

 

 

薬のことで悩んでしまう、気が重くなってしまうことって、

誰しもあることなのですが、

ママの気が病んでいると、子供は敏感に感じ取ってしまいます。

そうすると、風邪に対する意識自体、重いものになってしまうので、

「風邪は、誰しもひくもの!薬はみんな嫌がるもの!」と、

みんなそうであると思うだけで楽になることもあります。

子供が薬を飲めたら、すごいこと!

薬が飲めた時は、たくさん褒めてあげて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする