お風呂掃除の大敵!カビの親玉はどこに潜んでる?予防のやり方伝授!

スポンサーリンク

毎日のお風呂掃除ってどうしていますか?

浴槽と床を掃除しておけば、とりあえずお風呂には入れます。

しかし!排水溝やシャンプーの底に、赤いヌメリ。

鏡のひどいくもり。天井や壁、ゴムパッキンにはカビ!

放置していると、普段掃除していない場所は

どんどん汚れてしまいます。

汚れにくいお風呂にする「予防法」

力を入れずにガンコな汚れを落とせる「放置掃除」を紹介します。

お風呂掃除の基本は、なんと天井でした!

スポンサーリンク

お風呂といえば、カビの住みか・・カビといえば、天井なのです。

実はカビの親が天井にいて、

カビの子供たち(胞子)を常日ごろ、上からばらまいていたのです。

そんなことが、目にみえない所で行われていたなんて・・

これを知った時、私もかなりショックでした。

そうと知ればまずは天井掃除から。

天井の掃除は思ったより簡単です!さっそくやってみましょう。

使うのは、おなじみの「フローリングワイパー」です。

楽にお掃除するためには、これを使ってみましょう。

まず、天井にカビが生えている場合は、

ワイパーにキッチンペーパーやドライシートをセットし、

ハイター(塩素系漂白剤)を吹き付けて天井にのばします。

次に、水を含ませたキッチンペーパーなどをセットして「水ぶき」

し、最後に、乾いたキッチンペーパーなどで「から拭き」します。

この時、

天井についている換気扇なども掃除しておくといいですよ。

(手が届かない場合は、旦那さんにお願いしましょう。)

これで、天井の掃除は終わりです。

次に、カビを生えにくくする「予防法」です。

フローリングワイパーに、キッチンペーパーなどをセットし、

エタノール(アルコール)スプレーをかけて

天井にまんべんなく塗ります。

必ず天井が乾いた状態で行いましょう。

濡れていると効果がありません。

定期的に天井にエタノール(アルコール)を塗り直すだけで、

お風呂全体のカビ予防ができるのです!

これなら簡単ですね♪

エタノールスプレーは、

「消毒用エタノール」または「無水エタノール」の原液に、

水を混ぜて作りますが、

私は、家に無水エタノールがあるにも関わらず、

大判の「除菌アルコールティッシュ」で天井をふいています!

台所用の「アルコールスプレー」を使うことも。

天井の材質によっては、エタノール(アルコール)は

変色してしまう場合もあるので、

パッチテストのように、目立たない所で少し試してから

使うことをオススメします。

お風呂の鏡の掃除方法4つを紹介

次は、お風呂の鏡掃除です。今回は4つの方法をご紹介します。

興味を持った方法をおためしくださいね!

①「かんきつ類の皮」や、「ジャガイモの皮」でこする。

じゃがいもの皮には、軽いせっけんのような性質が。

鏡をこすったあとは、から拭きでOK。

軽い汚れや、くもりの防止に。

②「クエン酸+お湯」を使う。

洗面器などに適量のお湯とクエン酸を溶かし、

キッチンペーパーを浸し、絞らずに鏡にはりつけて

数時間放置。放置後は、軽くこすり洗いします。

同じ方法で、蛇口部分もピカピカにできます。

(ちなみに重曹ではきれいになりません。)

③「歯磨き粉」でみがく。

歯ブラシは使わず、布やメラミンスポンジなどで

歯磨き粉を鏡にまんべんなくのばし、シャワーで流します。

④「ダイヤモンドパッド」を使う。

ホームセンターや通販で、千円前後で手に入るお掃除道具。

水をつけてこするとピカピカに!

がんこな汚れにはこれですね。

似たようなものが100円ショップにもありますよ。

以上がお掃除方法ですが、

入浴のあと、鏡についている水気をしっかりとふくことや、

窓掃除などに使う水切りで水を落とすと、きれいが長持ちしますよ。

 

お風呂掃除の意外とネックな場所が床だった

床って、凹凸になっていたりして汚れがたまりやすいですよね。

軽い汚れなら、重曹の粉をふりかけてこするか、

重曹に酢水スプレー(酢と水、またはクエン酸と水を混ぜたもの)

をかけてこすります。

浴槽も、同じ方法でキレイになります。環境に優しく、手肌にも

優しいのが良いところ♪(木のお風呂には使えません。)

もし、黒っぽい汚れがこびりついてしまったら落ちにくいので、

気になる部分に塩素系漂白剤をスプレーして、

乾燥しないようにその部分をラップで覆い、

半日以上放置した後洗い流すとキレイになります。

ゴシゴシこすらなくても良いので楽ですね。

排水溝も、重曹とクエン酸(または酢)で十分キレイになります。

ごみをあらかじめ取っておき、重曹の粉をふりかけて、

クエン酸(または酢)とぬるま湯をかけて少し置き、

ブラシでこするだけです。

重曹とクエン酸、大活躍ですね!

また、ゴムパッキンの根深いカビには、

塩素系漂白剤をスプレーし、ラップして放置する方法や、

塩素系漂白剤に同量の片栗粉を混ぜたペーストを塗りこむ、

という方法もあります。

塩素系漂白剤を使う時は必ず換気しながら行います。

また、クエン酸と塩素系漂白剤は、混ざると大ゲンカしますので、

一緒に使わないようにしましょう。

ゴムパッキンが痛んではいけないので、放置時間は数時間までに

しておきましょう。

まとめ

 

天井の掃除をきちんとしておけば、

カビの増殖もふせぐことができ、お風呂掃除自体が

楽になりますね。

コツコツ楽にお掃除して、

「いつでもきれいなバスルーム」を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする