魚の解凍は氷水が早い?冷凍魚をそのままで失敗なしの調理方法も!

スポンサーリンク

魚を買ったら冷凍しておくという人も多いですよね。

魚は冷蔵庫では数日しか日持ちしませんが、

冷凍庫なら約1か月保存できます!

冷凍した魚があれば、いつでも食べたい時に調理できて便利です。

でも、いざ料理に使おうと思ったら、

「まだ解凍できてない!」「ドリップが出てびちょびちょに!」

「冷凍したまま揚げると中がまだカチカチ・・」など、

上手に調理できなかったり、失敗してしまうこともあります。

そこで今回は、冷凍した魚を上手に解凍する方法や、

冷凍魚を使った失敗ナシの調理方法をご紹介します!

魚の解凍は氷水の方が冷蔵庫よりも早い!

スポンサーリンク

夜の献立に冷凍した魚を使いたい場合、

朝、魚を冷凍室から冷蔵室へ移し、冷蔵庫で解凍すればよいのですが、

解凍できるまで5~6時間かかります。

時間がない場合や、もっと早く解凍したい場合、

  • 常温で自然解凍
  • 電子レンジで解凍
  • 流水で解凍

などの方法もありますが、全体が均一に解凍できなかったり、

ドリップが出てしまったり、流水だと、水がもったいないと感じたり、

上手く解凍できない場合があり、他に方法がないか探していました。

ドリップが出るということは、魚の栄養が流れてしまうことなので、

とてももったいないです。

ドリップが出ずに、上手に解凍できる方法はないかと思い、

調べると、

「氷水解凍」という方法がありました!

初めて聞いた時は、

「時間がかかりそうだし、氷で解凍なんてできるの?」

と思ったのですが、ドリップも出にくく、

冷蔵庫よりも早く解凍できるのです!

氷水解凍のやり方は簡単です。

氷水をはったボウルに、魚が入った冷凍保存袋ごとつけこみ、

皿などで、重しをします。それだけ!

また、冷凍した魚は、調理する時に必ずきちんと解凍する必要は

ありません。

油で揚げる場合は、凍ったままだと衣もつかないし、

短時間で揚げると、中まで火が入らないので、

中が凍ったままになってしまいます!

半解凍くらいまでは解凍が必要です。

先日、凍ったアジを使って南蛮漬けを作ったのですが、

半解凍だと衣もちゃんと付いて、

普通に揚げても、中まで火が通りました。

南蛮漬けは、野菜もたくさん食べられるので大好きです。

子供も、南蛮漬けのピーマンなら食べてくれます。(生なのに!)

同じ日に、大きめのアジも半解凍のまま揚げたのですが、

揚げたあとにアルミホイルに包み、しばらく保温状態にしてみると、

きちんと中まで火が入りました。

「こんなに魚食べれるのかな?」と一瞬不安になりましたが、

味を変えたおかげなのかか、ちゃんと食べられました(笑)

冷ったままの魚は、ホイル焼きや煮魚、ムニエルなど、

じっくり火を通す料理でしたら失敗なくできますよ!

冷凍魚を美味しく煮る方法

カレイや赤魚の冷凍の切り身などを使って、

煮魚を美味しく作ることができます。

魚は、冷蔵庫に数時間おき、半解凍しておきます。

ウロコがついている場合は、このタイミングで取っておきます。

続いて、魚に熱湯をかけて、水でよく洗います。

キッチンペーパーでよく水気をふき取ったら準備完了です。

鍋に調味料(だし、酒、みりん、しょうゆなど)を煮立てたら、

魚を入れ、クッキングペーパーなどで

落し蓋をして、中火で5分~10分煮て完成です。

魚は半解凍でも、熱湯をかけてしもふりにすることと、

落し蓋をして煮ることで、上手に煮魚を作ることができます。

煮魚を作るポイントは、調味料を煮立てることです。

そこに魚を入れることで、魚の旨味を閉じ込めることができます。

他にも、ホイル焼きなどで、

凍ったままの魚の旨味を逃がさずに簡単調理することができます。

冷凍魚でホイル焼き!後片付けもラクチンで大満足♪

ホイル焼きは、魚の切り身を使いますが、

野菜やきのこなども一緒に入れると、

味もボリュームも満足できる一品になります!

アルミホイルはくしゃくしゃにしておき、凍ったままの魚や

半解凍した魚、たまねぎ、きのこ、長ネギ、バターなどを包みます。

水をはったフライパンに入れ、蓋をして、弱火で蒸し焼きにします。

加熱時間は、解凍状態により異なります。

凍ったままの魚→25~30分

半解凍の魚→15分~20分くらいです。

全体に火が通ったら、しょうゆをかけてできあがりです。

ホイル焼きだと、洗い物も少なくてすみますよね。

鮭の切り身や白身魚で作ってみて下さい。

きのこ類を入れると美味しくなりますよ。

 

まとめ

 

 

 

魚を買い置きして冷凍しておくと、好きな時に調理できて便利です。

朝冷蔵庫に移して、

ゆっくり解凍すれば上手に解凍できるし、

楽なのですが、5~6時間かかります。

ドリップが出ないように、

早く上手に解凍するなら、氷水で解凍する方法を試してみて下さい。

また、魚が凍ったままでも、

ムニエルや煮魚、ホイル焼きなどにすれば、

美味しさを逃がさず調理できるのでオススメですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする