子育てにかかるお金の不安はこれで解消できる!計画的に準備しよう!

スポンサーリンク

子供が生まれるとなったとき、

「子育てってお金がかかるよ!」と言われたことはありませんか?

でも、“子育てはお金がかかる”と漠然と言われても、

一体どれくらいかかるのかが分からないと、

不安だけが大きくなってしまいますよね。

今回は子育てにかかる費用を具体的に見て、

将来に備える方法をご紹介します☆

子育てにかかるお金ってどのくらい?妊娠から産後を経て中学生まで

スポンサーリンク

子育てにかかるお金は子どもの年齢によって変わってきます。

妊娠して出産するまでにかかるお金

妊娠・出産にかかるお金は、

基本的に健康保険がきかないのですべて自費になります。

  • 妊娠中にかかるお金

妊娠検査薬で陽性反応が出る妊娠5週頃から、

母子手帳が交付される妊娠8週前後までは

自費での受診になります。

病院によって金額が異なり、

1000円前後から10000円近くかかることもあります。

母子手帳を交付されると、

ほとんどの自治体で妊婦検診の補助券がついており、

妊娠中の検診費用は負担してもらえます。

でも、補助券には回数が決まっており

全部で14回分ほどの負担が一般的です。

14回というのはおおよそ予定日までに生まれた場合の検診回数となり、

予定日が超過したり妊婦検診の日以外に受診したときは自費がかかります。

妊婦検診一回の自費は病院によって異なります。

その他にも、出産までに母体の検査や

希望者は胎児の検査もあるのでその分は自費がかかります。

母体の検査は必須で数回ありますが、

1万円ほどのところが多いです。

胎児の検査については、希望者のみですが

数万円にのぼることが多いです。

また、マタニティ用の洋服や下着やボディクリーム、

腹帯などの購入費もかかります。

よって妊娠中にかかるお金は病院によりますが

大体5万円以上かかると思っておくと良いでしょう。

  • 出産にかかるお金

病院によって金額が異なりますが、

平均40万円~70万円くらいになります。

出産費用は全額自己負担ですが、

国民健康保険·健康保険に加入しており、

妊娠85日以上であれば出産一時金が42万円支給されます。

ですから、実際の自己負担額はこの42万を差し引いた額になります。

入院費用は病院に問い合わせれば分かりますので

事前に聞いておきましょう。

また、自然分娩を予定していても緊急で帝王切開になったり、

陣痛が長引いて入院日数が予想以上に長くなったりすると

さらに金額は上乗せされていきます。

もし、現金で用意が難しい時は

クレジット払いができるか事前に問い合わせておくと安心ですよ。

  • 出産準備

赤ちゃんを迎えるには、準備が必要ですね。

出産準備は家庭によって揃えるものが違うと思いますが、

主なものを挙げていきます。

・ベビーカー(約5万円)

・チャイルドシート (約5万円)

・抱っこ紐 (約2万円)

・ベビーベッド (約2万円)

・哺乳瓶関連 (約1万円)

・ママの産後下着や授乳パジャマ (約1万円)

・肌着などの衣類 (約1万円)

・他小物類 (約5千円)

大まかなものを挙げましたが、

これを合計すると17万5千円になります。

お祝いや、両家の親が購入してくれたり、

お下がりを貰えたりすることもありますので

実際にはもう少し安く済ませられると思いますが、

出産準備にも10万円以上はお金はかかると覚えておきましょう!

0歳児のときにかかるお金

無事に生まれてほっとするのもつかの間。

0歳児からもしっかり出費があります!!

0歳児にかかる費用は主に以下のものになります。

  • 毎月の固定費

・おむつ代(約3千円/月)

・おしりふき代(約千円/月)

・粉ミルク代(約4千円/月)※母乳、混合、完全ミルクによって異なります。

  • 変動費

・離乳食代(6ヶ月〜)

・シャンプーなどの小物類

・洋服代

・おもちゃ代

・お宮参りや初節句などの行事代(写真撮影や食事)

0歳児の頃はミルクやおむつなどの固定費が大きく、

変動費としてもイベントなどの出費が重なります。

しかし、この頃はお祝いなどで洋服やおもちゃがもらえることもあります。

ですから毎月最低1万円ほどは子供にかかると思っておくといいでしょう。

1歳~3歳のときにかかるお金

 

 

1歳から3歳頃までに必要なお金は主に以下のものになります。

  • 毎月の固定費

・おむつ(約3千円/月)

・おしりふき(約千円/月)

・食費(離乳食~幼児食)→家計の食費に5千円~1万円上乗せ

・保育園代(保育園の場合)→年収による

  • 変動費

・おもちゃ代

・洋服代

・習い事代

1歳を過ぎると、大きな行事はなくなるためその分は浮きますが、

代わりに食費が増えたり、

職場復帰するママの場合は保育園代がかかってきますね。

保育園に行かない子でも、

0歳児の頃とは違い活発に動き出すようになるため、

徐々に習い事や幼稚園の未就園児クラスに通いだす子が多く、

その分の月謝がかかるようになります。

また、一日に何度もウンチやおしっこをしていた0歳児に比べて

1歳を過ぎるとおむつを取り替える回数も減り、

トイレトレーニングが始まりおむつを卒業出来れば、

その分おむつ代が減っていきます。

保育園代は家庭の年収によって変わりますが、

仕事復帰して扶養内で働くママの場合は

保育園代を稼ぐために働いている…なんて話も聞きます。

保育園代を除いて毎月2万円以上はかかると思っておくといいでしょう。

4歳~5歳のときにかかるお金

 

 

この頃になると、おむつは大体外れていますので

毎月かかっていたおむつ代がなくなります。

おむつ代は地味な出費なので助かりますね!

しかし、この年に幼稚園に入園する場合には

入学金や制服代などまとまった出費があります!!

1度の出費ですが、およそ6万~10万ほどになるので

幼稚園を予定している場合は早いうちから

貯金して準備しておきましょう。

また、固定費として幼稚園の月謝がかかってきます。

幼稚園によって違いはありますが

大体毎月3万円はかかるとみていいでしょう。

保育園の場合は0歳児や1歳児の頃に比べて

保育料が少しずつ安くなってきます。

他にも、習い事をさせたり休みの日は子供中心のレジャーにいったりと

今までとは違った費用がかかってきます。

赤ちゃんの頃と違い、食事の量も増えますね。

ですから、毎月幼稚園(保育園)の月謝+2万円=5万円ほど

かかると思っておきましょう。

幼稚園・保育園時代が子供が小さい頃で

一番お金がかかって大変な時期です!

ただ、この時期になると保育園や幼稚園に行き出すので

ママも自由時間が増え短時間のパートやフルタイムでの

仕事復帰が出来るようになってきます。

子供にかかるお金は増えますが、

収入もその分増やしやすくなるので、うまくやりくりをしましょう。

小学生・中学生のときにかかるお金

 

 

幼稚園・保育園時代は出費がかさみ大変ですが、

小学校に入学すると一安心です!

小学校に入学するときにはランドセルや机などが必要になりますが

毎月の出費がガクンと減ります。

小学校1年間での学校教育費は

公立小学校では約5万5千円になります。

また、そのほかにクラブ活動や給食費、

6年生になると修学旅行や卒業アルバムの代金などの出費があります。

ですので、6年間の平均学費は約30万円になります。

小学生になる前までは毎月月謝が3万円ほどかかっていたのが、

小学生になると1年間で5万円!

この時期にしっかり先を見据えて、

その後の高校・大学の進学費用を積み立てておきましょう。

中学生になると1年間の学費は約12万円になります。

しかし、中学生では部活動や高校受験のための

学習塾代がかかってきますので、

すべて含めた1年間の学費は約40万円となります。

子育てにかかるお金の不安で頭を悩ませるのは高校生から?

高校生以上になってくると学費に大きな差が出てきます!!

高校・大学の進学先によって年間の学費がどれだけかかるかというと…

以下の通りになります。

  • 公立高校(3年間)…約116万円
  • 私立高校(3年間)…約300万円

  • 国公立大学(4年間)…約511万円
  • 私立大学文系(4年間)…約692万円
  • 私立大学理系(4年間)…約787万円

私立か国公立かによって

とてつもない金額の差が出てくるということが

おわかりいただけると思います。

しかし、これは在学中にかかる授業料や入学費用のみ。

もし自宅を出て仕送りをする場合はその分の費用がかかりますし、

高校生では部活動などにもお金がかかる場面がありますよね。

この高校・大学時代が最もお金がかかる時期で

親は頭を悩ませる時期でもあります…。

子育ての費用はどうやって準備する?不安を解消するおすすめな方法!

このように子育てをするということは、

とてもお金がかかるということが分かりました。

では、みんなどうやって準備をしているのでしょうか?

とにかく少しずつ貯金

 

 

いつ貯金が出来るかというと、

子供が0歳児~幼稚園や保育園に入学する前までと、

小学生の間が最も貯めやすいですよね。

0歳児の頃はママも産休や出産のため退職していることが多く

収入が減るので貯金なんて出来ない!!と諦めがちなのですが、

少しずつ子どものために貯金をしておくことをおすすめします。

具体的には生まれてすぐに子ども用の口座を作り、

そこにお祝いでいただいたお金や児童手当などを貯金しておくと

自分達の生活とは別に貯金出きるので貯まりやすいです。

児童手当は全額貯金するようにしましょうね!

児童手当は一般的に中学卒業までに

平均200万円支給されることになっています。

ママが働きに出るまでは生活費からは貯金が出来なくても、

この児童手当だけは必ず貯金するように、頑張りましょう!!

学資保険

 

 

まとまった進学費用を準備したいなら学資保険もおすすめです。

学資保険は、保険会社にもよりますが

払い込みは小学生までに完了させ

大学入学の時期に満期を迎えるので、

他のことに使い込むことがなく大学進学費用にあてることができます。

また、学資保険の最大の魅力は万が一契約者に不幸があった場合、

保険料の払い込みは終わりますが、

受けとる金額は満額ということです!

学資保険はあくまで保険なので貯金ではありません。

ですから、自分達の無理のない金額を設定し、

今後に備えることをおすすめします。

まとめ

子育てにかけるお金は、

正直かけようと思えばいくらでもかけられるんです!

可愛い洋服を買ってあげたい…大好きなおもちゃを買ってあげたい…

たくさん習い事をして才能を伸ばしてあげたい…

ですがすべてやっていると、本当にお金が必要なときにない!

という状況になってしまいます。

ですから、夫婦でしっかりとどこまで教育にお金をかけるかを

計画して貯金をしやすい時期に

気を引き締めて貯金をしておくことが大切です。

可愛い我が子のために頑張りましょう☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする