ストローマグはカビが生えやすい!?便利グッズと黒カビ撃退方法!

スポンサーリンク

赤ちゃんには、毎日ストローマグが欠かせません!

一日中使うものなので、どのタイミングで洗うのか、

また、どれくらいのペースで消毒するのか、気になりますよね!

中にお茶などを入れるだけなので、洗剤をつけて洗うべきか、

水で流すだけでもいいのか迷います。

洗う時は、ストローやゴムパッキンを全部解体して洗うべきなのか、

迷うこともあるのではないでしょうか?

赤ちゃんの口に入れるものなので、清潔にしておきたいですよね。

ストローマグの汚れや臭い、カビ対策について

便利グッズや洗い方を紹介します。

ストローマグは黒カビがはえやすい!

スポンサーリンク

ストローマグには、いつも水分が入っている状態なので、

カビが生えやすい構造と言えます。

ストローの中もよく見てみると・・汚れが付着しています!

ストローの中を毎回洗うのは大変です。

スポンジや指では届かない細かい部分には、

ストローの中が洗える細長いブラシ

綿棒を使って、こすってみて下さいね。

綿棒は傷がつきにくいので、優しく洗うことができます。

ストローの中やパッキンもきれいに洗える

マグブラシセットという便利グッズがあります。

ストローブラシはもちろん、他の2本も出番が多いです。

お弁当箱やコップ、瓶の底もきれいになります。

真ん中のぐりぐりブラシは最初はスカスカですが

まんべんなく広がってきます。

端のすみっこブラシは、大きい綿棒!?

水なしでも洗える超極細繊維でできていますよ。

素材によっては、一度カビがつくと、

取れにくいものもあるので、日ごろからきれいにしておく必要が

あります。

・・といっても、なかなか毎回全部解体してこまめに洗うのも

面倒ですよね。

洗剤などで簡単に洗った後は、夜のうちにつけおきして消毒すると、

次の日も清潔に使えますよ!

赤ちゃんが、まだ生後半年もたたないうちは、

毎日、夜にミルトンなどでつけおきしておくと安心です。

赤ちゃんは、そのうちおもちゃや、

いろんなものを口に入れるようになります。

それにより、菌に対して少しずつ強くなっていくので、

毎日の漂白は必要なくなります。

だからといって、洗い方が中途半端な状態が続くと、

すぐに黒いカビや汚れがついてしまうので、

汚れやカビを見つけたら、すぐに洗うようにしましょう。

赤ちゃんにはカビを飲み込んでほしくないですよね!

もしカビが生えていたら、ハイターや酸素系漂白剤を使って、

つけおき洗いをしましょう。

酸素系漂白剤を使う場合は、

40度以上のお湯一リットルに対して、

酸素系漂白剤を小さじ2ほど入れてください。

数時間つけおきして、こすり洗いをします。

酸素系漂白剤は、

ツーンとした臭いが気になるということがありません。

ハイターの臭いが気になるという方は、

この酸素系漂白剤を使ってみてくださいね!

ストローマグのガンコな茶渋の落とし方は?

ストローマグについてしまった茶渋は、

  • 塩(ひとつまみ)
  • 食品タイプの重曹(掃除タイプでもOK)

これで落とすことができます。

どちらか、使いやすい方でお試しください。

塩も重曹も、研磨剤の役割をしてくれるので、

スポンジや指でこすることで茶渋が落ちていきます。

長く使っていると、やわらかい素材の部分には傷がついてしまって、

そこに菌がたまりやすくなり、衛生的ではありません。

「すこし古くなったかな?」と感じたら、

マグ自体を買い替えたり、パーツだけ別売りしている場合もあるので、

パーツだけ買い替えることもできます。

うちも、ストローマグからコップで飲めるようになるまでは、

2~3回は買い替えました!

やっぱり新しいのと古いのを比べると、全然違います。

赤ちゃんは、与えられたものを飲んだり食べたりすることしか

できません。

衛星面で気をつけてあげるのはママの仕事ですよ~!

 

ストローマグについた臭いを取る方法とは?

ストローマグの中は、水分を閉じ込める構造なので、

臭いが付きやすくなっています。

臭いを取るには、煮沸やつけおきが効果的です。

ミルトンやハイターに一晩漬け置きしておくと、

臭いの原因となる菌や汚れをやっつけてくれます!

ハイターを使った場合には、

ハイターの臭いが残ることがあるので、

よくすすいで落とすようにしましょう。

ストローの中の汚れは、つけおきしてもついたままになっている

場合があるので、すすぐ時には綿棒やストロー用ブラシを使って

こすり洗いをしてください。

汚れが浮き上がっているので、そんなに力は必要ないですよ。

煮沸する時は、マグの耐熱温度を見て確認してから

するようにしてください。

柔らかい素材は、長い時間煮ると変質してしまうことがあります。

 

まとめ

 

 

 

ストローマグは、細かいパーツを組み立ててできているので、

毎日すべての部分を洗うのは大変ですよね!

赤ちゃんが生後半年たってない場合には、

哺乳瓶の消毒に使うミルトンなどで毎日夜つけおきしておくと

安心です。

生後半年以上の赤ちゃんは、ストローマグは毎日つけおき

しなくても良くなりますが、

一日一回は洗剤で洗うようにして、ストローの中や、

蓋の裏側も気をつけて洗うようにしましょう。

少し古くなってきたら、新しいものと交換してくださいね!

カビが生えやすい構造なので、

衛生面には気を付けて使っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする