連休が嬉しくないママ必見!イライラしないで楽しく過ごす方法!

スポンサーリンク

連休というと、ゴールデンウィークやお盆休み、お正月など、

一年のうちに何度かありますが、

子供にとって冬休み、春休み、夏休みは、楽しいものですよね。

ママにとってはどうやら、ブルーになってしまう要素があるようで・・、

「連休の方が忙しい!」「朝、昼、晩のごはんを用意するのが大変!」

など、それなりに楽しいけれど、

いつものリズム通り事が進まないことにイライラしてしまいがちです。

連休は、イライラせず、家族と楽しく過ごしたいですよね。

家事や遊びのバランス、生活リズムの取り方など、

連休の過ごし方はどのようにすべきか、まとめてみました。

連休中の旅行以外での我が家の外出の楽しみ方

スポンサーリンク

連休に旅行に行く予定があるなら、用意は大変かもしれませんが、

家のことをする必要はなくなるので、非日常なことを体験して、

気持ちをリセットできたり、気分転換になりますよね!

でも旅行の予定もなく、だらだらと家で連休を過ごすのは、

なんだかもったいない気もするし、身体もだるくなります。

うちは連休の晴れている日は、

なるべく外に出かけるようにしています。

連休なので、人が多い場所にはなるべく行かず、

行きたかった店や、外食に行くのもいいですね。

人の多い場所が好きな方はいいのですが、

たいていの人は、人が多い場所に行くと、

後で「疲れた~」ということが多いのではないでしょうか。

うちの場合、小さい子供や犬がいるので、緑のある場所や、

ハトなどの鳥がいる、公園やドッグランに行くことが多いです。

ちなみに、うちは外が雨の場合も、外出します(笑)

外では遊びませんが、

電気屋に行って、普段は買わない電池や掃除機パックなど、

必要なものを買ったり、

車のオイル交換をしてもらっている間に、

ボールプールのある隣の店へ遊びに行ったりしています。

子供が中学生にもなると、子供は子供でスケジュールを立てて、

家族よりも友達と遊ぶことが多くなるので、

子供が小さい今は、

家族でいろんな場所にお出かけしたいんですよね。

連休中はあえて献立は決めない!が楽ちん!

連休中は、家族と一緒に食料の買い出しに行くと、

カゴにお菓子やおつまみなど、たくさん入れられてしまうので、

お金がかかってしまいます。

なので、できるだけ連休前に買い出しに行き、

連休中の分をまとめ買いしておきます。

その時、献立を決めていかないことにしています。

連休中は外食する機会も多いので、

献立の予定を立てたとしても、予定通りにはいきません。

なので、野菜、たんぱく質、加工品、乾麺などを買っておき、

適当に当日に献立を決めるスタイルです。

連休中の献立は、朝と昼は手を抜いて、

夜はきちんと作るようにしています。

例えば、朝はみんな食べたいものが違うので、

旦那さんはお任せ、子供と自分のごはんを簡単に用意します。

昼は、外食か、ささっと作れてささっと食べられる麺類にして、

夜はサラダ、フルーツ、おかずなど、何品か作るようにしています。

家にあるもので、料理をぱぱっと考えて作る練習ができますよ!

連休は疲れない工夫をしましょう!

連休はどうしても、夜寝るのが遅くなりがちです。

すると、朝も起きる時間が変わってしまうなど、

生活のリズムが狂ってしまいます。

連休中は、いつもより早めに夜ご飯の支度をすることで、

その後のお風呂や寝る準備も早めにできるようになります。

うちは、いつも夜ご飯は19時ごろ食べますが、

毎週日曜日は、旦那さんがどうしても「笑点」を見ながら

ビールが飲みたいそうなので、

夜ごはんが17時20分ごろになります。

はじめのうちは、

「休みなのに、なんで夜ごはんをいつもよりも

早めに作らないといけないんだろう?」と思っていましたが、

最近では、ごはんの後の時間に、かなりの余裕があるので、

「逆に楽なのかも??」と思えるようになりました。

連休中も、そんな感じで過ごしていると、

生活リズムが狂ってしまうようなことはなく、

いつも通り朝起きて、快活に動くことができ、

変に疲れることもありません。

いつも通り起きれば、朝の家事もいつもの時間に終わり、

遊びの時間もたくさんとれますよね。

睡眠はとても大事で、

「何時に寝て何時に起きるか」を安定させておかないと、

身体がなんだかダルかったり、やる気が起きなくて、

時間だけが過ぎてしまうことになります。

連休だからといって、なるべく夜の外出は控え、

早寝早起きを心がけて、

元気に動ける充実した連休を過ごしたいですね!

まとめ

 

 

連休中は、家族が家にいるので、家事やごはんの準備などが

大変だと思うこともあります。

食料の買い出しは連休前に終わらせて、朝ご飯や昼ごはんは

ささっと準備できるものを作るようにすれば、

負担は少ないはずです。

その代わり、夜ごはんは早めに準備を始めて、

ごはんの内容も充実したものにします!

連休中は、寝るのが遅くなったり、起きるのが遅くなったりして、

生活のリズムが狂いがちです。

早寝早起きを心がけて、元気に動ける充実した連休にしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする