赤ちゃんのトイレトレーニングはいつからはじめる?タイミングとコツ!

スポンサーリンク

 

出産すると色々な事に振り回されます。

「子供にはペースがあるので早くても遅くても問題はないんだよ」

っていうのもよく書いてありますし、よく言われますよね。

でもやっぱり人が「うちの子はもうこんな事ができた」とか

「何かを始めた」というのには敏感になってしまいます。

新生児の時から幼児期になっても気になる話題の一つに必ず上がるのが

「トイレのしつけ」です。

こればっかりは親が意気込んでも子供の意識・機嫌に左右されるので

お母さんが頑張れば頑張るほどお母さん自身のストレスがたまってしまいます。

私も経験上トイレのしつけには焦りもありましたが、

結局は子供自身の気持ちでした。

子供を見ていて「そろそろかな?」という時期があるので

それを感じる事ができたら比較的ストレスなく

トイレ問題と向き合えると思いますよ。

赤ちゃんのトイレトレーニングっていつからはじめたらいいの?

 

 

スポンサーリンク

 

1歳半から始めるお母さんもいれば

4歳を過ぎてもオムツ頼りのお母さんもいますが

結局は子供がそれで納得するかどうかだと思いました。

息子のいとこの子たちは兄妹ですが、

2人とも2歳のお誕生日までにおむつは外れたと聞きました。

うちももうすぐ2歳になるしトイレトレーニングを頑張ろう!

と思い実行しましたが、

その時は息子もトイレに全く興味を示さず・・・

これ以上頑張ると私も精神的にきつくなるし、

息子もトイレが嫌いになるかも・・・と思い

先延ばしにすることに決めました。

そして心機一転、息子は9月生まれだったので3歳になる前の夏に

「今年の夏は家じゅうおもらし!」の覚悟を決めて

トイレトレーニングを始めました。

結果は「思っていたよりすんなり出来てしまったので寂しかった」です。

その時の状況に関しては下記の

「赤ちゃんトイレのしつけってどうするの?」に記載してあります。

トイレやオムツに関しては子供に主導権があると思います。

親はそのきっかけを受け取って始めてあげればいいと思います。

男の子でも女の子でも大差はないと思いました。

興味がある子は自主的にトイレができるようになりますし、

恥ずかしがりやな子はトイレに興味があっても中々行けなかったり。

子供の気持ちを無視して無理やりオムツを外そうとするのだけは

避けた方がいいです。

こういう生理現象はやはり親子関係の信頼にもつながりますので、

1歳でも1人の人間として尊重してあげて

その子のタイミングを見つけてあげて下さい。

ウンチの時だけオムツでしたい子もいますし、

子供の気持ちは意外とデリケートなので周りを気にせず、

子供のタイミングに合わせた時期で進めていきましょう。

逆に、オムツを外すと子供のトイレのタイミングに

常に気を使わないといけなくなります。

電車や車でお出かけの時などは親のペースを凄く乱されてしまうので、

トイレトレーニングをしないで4歳、5歳まで

オムツをはずさない子も結構周りにいました。

それ位の年齢になれば保育園や幼稚園で周りを見て

自分でオムツから切り替えていけるので

「いずれはオムツもはずれる」という位の気持ちで構えていましょう。

赤ちゃんトイレのしつけってどうするの?

 

 

 

私は3歳になる前の夏休みに実行しようと決めて、

それに向けて息子もトイレに興味を持つようにしていきました。

まず子供用トイレを息子の目につく所におきました。

その時期になると子供向け教材などでも

トイレに関する絵本やおもちゃなども増えてきます。

それを利用して、トイレの流れる音を聞かせたり、

している姿を見せたり、「トイレ」という概念が自然なものにさせていきました。

いつ、どこでお漏らしをしてもいいように

防水マットなども利用しましたし、

汚れてもいい布なども敷きましたがそんなにお漏らしはしなかった気がします。

これは私が始めに「ものすごくお漏らしをする!」

というイメージをつけていたので、「思ったより」という感覚になり、

精神的に楽になれたので思ってよかった事の1つです。

子供用トイレも始めは子供がよくいる

オモチャやテレビのある部屋に置いていました。

始めはそこでトイレをさせました。

それから徐々に場所を移動させていき、

最終的にトイレに設置していきました。

一回トイレでさせると子供も慣れてくれるので

それからはトイレに赤ちゃんトイレを置いておくと、

そこでしてくれるようになりました。

たまに我慢できなくて間に合わずにお漏らしをする事もありましたが、

濡れたパンツを脱がせてからトイレに座らせたり、

はじめは失敗してもじっくり覚えてもらいました。

トイレトレーニングは本当に動物的だなと思いました。

私はウサギと猫を飼っていましたが、

ウサギと猫もトイレの場所を覚えさせる事が大変でした。

その時の状況を思い出し、

人間も動物も一緒なんだと思い観察をするつもりで

客観的に実行をしていたら、イライラやストレスはあまり感じませんでした。

親の気持ちのスイッチを切り替えて練習してみるといいと思いますよ。

赤ちゃんトイレの便座って使ってみないと分からない!

 

 

 

赤ちゃんトイレとは言っても色々なタイプがありますよね!!

私もさんざん悩みました!

前に持ち手のある王道タイプがいいか、

好きなキャラクターで意識を引き付けてみるか、

高いのがいいのか、安いのがいいのか、

ネットのレビューをみたり店舗で検証してみたり。

結局私は大人と同じように座れるタイプの便座を選びましたが、

とても楽でした。

そのタイプに決めた理由は、

男の子なので脱がせる時にパンツもズボンも一緒に脱がすと大変なので

パンツもズボンも下げるだけで大丈夫なのでスムーズかな・・と思ったのと

いずれ自分一人でするようになるのだから

大人と変わらない格好でトイレを覚えるのがいいのかな・・と思った点でした。

たまにデパートのトイレなどで子供用の便座のついている場所もありますが、

前に取っ手がついているのは特に外だと凄く面倒くさいです。

ズボンとパンツを下におろすだけだとまたげないので、

結局靴からすべて脱いでさせないといけないので凄く手間でした。

かといってお出かけの時にオムツに戻すのも嫌でしたし、

そのまま座らせるのにはまだお尻が小さいしで。

子供用のトイレを把握しておきましたが、

増えてきたとは言っても

ちょうどいいタイミングの時にあるとは限りませんし、

初めて行く場所では探すのも大変です。

なので一時的ではありますが、

折り畳みの簡易便座というのも利用していました。

うちの子はサイズが大きめだったのですぐに使わなくはなりましたが、

凄く便利でした。

多少荷物にはなりますが、着替えを大量に持っていくとか

子供用のトイレを探してウロウロするというストレスからは解消されましたので、

これもおすすめですよ。

赤ちゃんトイレで練習してみよう!

 

 

 

うちは上記にも書きましたが座るタイプだったので、

はじめにトイレじゃなくても座らせて、

赤ちゃんトイレというのに慣れさせていきました。

うちの子はしゃべるのも遅かったので

「トイレ」という意思を言葉では伝えてくれませんでした。

そろそろかなという時間にパンツを脱がせて座らせて、

つっついて刺激をして「ここでするんだよ」という事を教えていきました。

始めは出なかったり、諦めて立たせた時に

オシッコが出てしまったりという失敗もしましたが、

初めてできた時に凄く褒めて喜んであげました。

それからは何となくここでオシッコをすると

お母さんが喜ぶという感覚を察知してくれて、

赤ちゃんトイレの場所でオシッコをしてくれるようになりました。

それからはオシッコもウンチもしてくれて、

はじめはお片付けが大変でしたが徐々にトイレに以降して

ちゃんと流せるようになりました。

初めからトイレに赤ちゃんトイレを設置する方が楽なので

それでもよかったのですが、

トイレに慣らしてトイレを好きになってもらって

トイレを当たり前にしていきたいと考えました。

はじめは子供の好きな空間にトイレを置いて、

そこから徐々にトイレに近づけていき

自分でトイレにいって排泄をするという行為をしっかり覚えさせていきました。

ただこの方法は息子を見ていて、こうした方がこの子にとって

よりトイレを自然なものにできるかなと思いました。

この先もう一人子供ができても同じ方法をとるかは

その子の性格・性質にもよるのでわかりませんが、

私はこの方法で凄く楽でしたので参考になればいいと思います。

まとめ

 

 

 

私もさんざん悩まされ試してみましたが、

最終的にできるようになったのは本人の自覚、意識だったので、

色々心配したり悩んだりしたりするお母さんほど振り回されてしまいます。

トイレも種類もたくさんありますし、

子供も早くからおしゃべりが上手な子は

「このキャラクターがいい」という子もいるかもしれません。

子供の意識や意見を尊重しつつも、

子供の自覚・意識でトイレを進めてくのは変わらなくても、

結局サポートをするのは親なのです。

親がストレスをためてイライラしてしまうと、

せっかく子供がトイレに慣れ親しんで意識ができても、

トイレが怖くなってしまう時があります。

なのでトイレトレーニングを始める時期も、赤ちゃんトイレを選ぶ時も、

この子にはこういう方法が合うかな?と考えた後は

トイレで排泄がきちんとできるまでの様子をシュミレーションして、

子供のタイミングを見て実行してみて下さい。

トイレトレーニングは多少親の覚悟も必要です!

イライラしてその事でストレスをためてしまいそうな時は

開き直って「しない」という選択も入れてあげて下さい。

4歳でしている子も5歳でウンチの時だけオムツの子もたくさんいます。

それでもちゃんと自分でトイレを覚えてくれます。

トイレの自立は親に対する自立でもあると思います。

うちも母子分離ができるようになってから

トイレも一人で出来てきた気がします。

そう考えると少し寂しいですよね。

色々なタイプの子供がいるので、

親もトイレトレーニングは大変だったな・・・と思いながらも

育児において楽しい思い出になるようにして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする