子育て中の悩みの幼稚園での生活!一人っ子の娘は学びがたくさん!

スポンサーリンク

 

幼稚園に入園し、ママも少し時間ができて

気持ちも楽になってきた!なんて思ったら、

お友達の事で子供も悩むことに。

そして母も悩むことに。

なんてこと、ありますあります。

毎日通っている幼稚園、

家での様子と園での様子がどう違うのって

かな~り気になりますよね。

私も、家との違いで驚いたこと沢山ありました。

特にお友達との関係はやっぱり気になります。

入れた当初は、ちゃんとお友達と仲良くできるのかとか、

細かく気になりました。

仲良くしてくれていればいいけれど、

ケンカなんてしていたら!?と悩みました!

そんな悩みは、多くのママやパパが持つと思います。

実際のところ、子供の人間関係に、

親ができることってあるのかな?なんて悩みもあります。

子育ての悩みの中でも幼稚園のお友達とのケンカにママは口を出す?

スポンサーリンク

幼稚園で子供がケンカをするのは仕方ないとも言えます。

私の娘もお友達をかんだこともありました。

お友達に向かって、お前が嫌いなんだよ!

なんて言ってしまって・・・

この時期、幼稚園時代というのは、

言葉も覚え自我がさらに確立される時期なので、

自我と自我のぶつかり合いです。

自我が育っているからこそ、ケンカが起きるものなのです。

ケガするほどのことでなければ見守っているくらい大丈夫。

子供は、ケンカしたってすぐ仲直りをしたりしながら、

人との上手な距離感・嫌なこと、嬉しいことなどを

学んでいってくれます。

ただ、色々な考えの家庭があります。

仲の良いママさんとは、

「うちは、子供たちで解決を望んでるから」とか

自分の教育方針を宣言しておくことも必要ですし、

他の家の考えも共有しておくことが

今後のポイントになります。

ケンカがはじまり、よくあることが、いいつけあいです(笑

大人か見れば、自分を棚に上げ

友達の悪いところを言うという・・・

でも、ここで親も一緒に「嫌な子ね!」と言うのはNGです。

これを覚えると攻撃的になるので

「嫌な思いをしたね」という事は同調して 

なぜそうなったか、どうしたらよかったかという事を

一緒に考えて解決策を取れるようにすることが良いと言えます。

これに失敗すると、年齢があがればイジメにつながるし、

親どうしのバトルもはじまります。

親同士なんて、レベルの低さに呆れるほどです。

ケンカは、ある程度はさせる、

そして悪いと思うなら「ごめんね」と

あやまる事を覚えるチャンスにもなります。

幼稚園時期のケンカは、私は

したほうが今後の子供のためにもいいと言えます。

子育ての悩みは一人っ子の育て方

 

 

 

幼稚園に通いだすと

「妹」や「弟」がいたりする我慢強い子もいます。

しかし、私は子供は一人でいいと決めたので

「一人っ子」です。

一人っ子ってのは、ハッキリいうと自由でワガママ。

失礼ね!と思った人もいるかな、

でも、私も一人っ子なんですよ(笑

私が自分をそう思うのです。自由人でワガママだって(笑

自分が親となって分かった一人っ子の親の苦労は、

やはり「一人っ子の子育ては楽だ」と思われてしまうことです。

子ども一人あたりへの労力を考えると、

お弁当も一人分、塾の送り迎えも一人分、

手作りしなくてはならない巾着なんかも

一人分作ればよいので、

そういう点では「楽」なのかもしれません。

しかし、「一人っ子の親の苦労」は、

兄弟がいないので比べることができない。

なので、幼稚園の兄弟がいるお子さんを見て、

我慢強かったりすると「それ」を求めてしまったり。

はじめての子どもの子育てが大変なことは、

誰でも同じなのですが、

子供が増えるにつれ、親も子育てに慣れてくることもあり、

多少のことではあたふたしなくなる。

と友達は言っていました。

そして、友達はこう付け加えました。

「一人目に比べて雑になる(笑)」と。

そのぶん、雑さがあるため、この子の場合はこう、

この子の場合はちがうと、

子どもの個性をみる余裕ができるそうです。

私は、3人も育てているその友達を

「神」とあがめています。

私の友達のように、複数の子どもをもつママのお話を聞くと、

未熟なような気がしてししまうんですよね。

そんな一人っ子悩みもありますが、

私は幼稚園でケンカして帰ってくる娘を見て

「君は、兄弟姉妹がいないぶん、そこで強くなるのだ!」

と心で言っています。

そして、娘に

「嫌だなって思ったの?自分が嫌だと思う事は

友達には絶対しないんだよ」と言っています。

ガマンを覚えさせる時期だと考えているからです。

 

 

まとめ

兄弟なしで育った私は

「お兄ちゃんか弟いるでしょ?」とよく言われます。

それは、父のおかげで、私の父は、

もたもた食べている子どもの私から食べ物を取る人でした。

そう、私は、一人っ子ながら父のおかげで

サバイバル力を持っているという変わり種でもあります。

私は、娘にも同じような事を時々やります(笑

はじめは泣いていた娘ですが、

最近は私が狙っているのをわかると

頑張ってご飯を食べたりしています。

こうやって、友達と共存して生き抜くことを兄弟がいない分、

家で学び幼稚園で学んでほしいのが私の願いです。

基本的には、幼稚園の事に親が出しゃばらない方がいいです。

子供がケンカするのは、当たり前。

ただ、最近はちょっと神経質な人も少なくありません。

子供のことを思っていると思うのですが、

子供を思うなら少し離れた所から見守る勇気も必要です。

幼稚園で子供は成長し、子供の成長と幼稚園で親も成長していくのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする