冬は除湿と加湿どっちが良いの?結露しやすい場所と窓の結露対策!

スポンサーリンク

冬になると、インフルエンザ対策や、部屋の乾燥対策として、

「加湿」をすることが多いですよね。

でも、その加湿が原因となり、窓や壁に発生する「結露」

悩まされることがあります。

そして結露が原因でカビが発生し、人の身体に影響する事もあります。

では一体、冬には除湿と加湿、どちらをすればいいのでしょうか?

冬の湿度のことや、結露の予防や対策について見ていきましょう。

結露しやすい場所は窓以外にもあります!

スポンサーリンク

結露しやすい場所といえば、窓がありますが、

その他にも、壁や押し入れの中、床、カーペットの裏、家具の裏など、

実は、分かりにくい所にも結露が発生しているのです。

また、家によって、結露しやすい家と、しにくい家があり、

結露しやすい場所や部屋は家によって異なるので、

自分の家はどこが結露しやすいのか、

朝起きた時に一度見て確認しておきましょう。

うちは、暖房していない部屋に出ることが多いです。

日によって結露の量は違いますが、冬はだいたい毎日結露しています。

結露は、放っておくと、

  • カビが発生して喘息や肺炎を引き起こす原因になる
  • カビをエサとするダニ(コナヒョウヒダニ)が増殖する
  • 結露近くに走るケーブルに水が触れ、漏電や火災の原因になる

など、いろいろと問題が出てきてしまいます。

寒くなる時期、結露対策はちゃんとしておきましょう!

結露の予防として、「部屋の換気」があります。

冬は寒いので、どうしても換気の回数は少なくなりますが、

せめて換気扇を回すなどして、空気を動かすようにしましょう。

また、壁と家具が密着していると、結露しやすくなります。

家具を壁から少し離して、隙間を作っておきましょう。

結露の多い窓のある部屋の、

家具の裏などもカビが生えやすいので、気を付けて下さいね。

部屋の換気をする時は、押し入れなども開けて、

中の空気を入れ替えてあげましょう。

梅雨時期には気になっていた押し入れの湿気ですが、

冬も気にしておいた方が良いんですね。

窓に貼る結露シートは100均でも売っています

結露の水滴がたれないように、

結露の多い窓には水分吸収シートを貼っておきましょう。

水が垂れて壁の方まで流れてしまうと、

カーテンにカビが発生することもありますし、

壁の内側に水が入り込み、ケーブルの痛んだ部分と触れて漏電したり、

ひどい時は下の階に水がしみ出すこともあるんです。

家自体を傷ませてしまうこともあるので、

結露はあなどれないですね!

結露の対策なら、ホームセンターや100均へ。

100均には、かわいい柄のシートなど、種類も様々!

私のオススメは、窓に貼るシートと、超給水タオルを使う事です。

それでも水滴がたれる場合は、窓枠と壁部分の間にもテープをはり、

新聞紙をくしゃくしゃにしたものを、

サンの部分に挟んでおいて、水で濡れたらそのつど、取り替えます。

新聞紙は見た目はオシャレではないですが、

水や湿気を吸ってくれるので、かなり使えます。

窓はまだ拭けば良いですが、

サンに流れた水は拭くのがかなり面倒なので、

この手間はなるべく省きたいですよね。

水滴を取るワイパーもありますが、

やっぱり仕上げに拭きたくなるので、

それなら、最初からふき取ってしまうのが楽です。

家の窓には、結露しにくい窓と、結露しやすい窓があります。

どの窓が結露しやすいのかをまず見て確認しておき、

結露が多めに出る窓のある部屋には除湿機を置いたり、

窓自体に専用の断熱シートを貼るという選択肢もあります。

断熱シートはホームセンターに売られていますが、

結構値段が高いです。

なので、一番結露が多く出る窓や、

寝室の窓に限定して貼るのがオススメです。

寝室は、結露が多く出ると、カビを吸い込む可能性が高いので、

窓についた水滴をこまめにふき取ったり、

湿度を上げすぎないようにすることが必要です。

寝室にカビは生やさないようにしたいですよね!

家に二つくらい、湿度計付きの温度計があると、

湿度がどれくらいあるのか分かりやすくなります。

湿度が低ければ(30%~40%)、加湿が必要ですが、

結露が多く出る部屋には、加湿はあまり必要ないでしょう。

また、部屋の温度を上げすぎても、空気中の水蒸気の量が増して、

結露が多く出る原因になります。

部屋の温度は20度までを目安にしましょう。

結露の対策は、部屋の換気をする事と、温度と湿度の調整です。

結露が出たら水気をそのままにせずに、

なるべくふき取るようにしましょう。

 

まとめ

 

 

 

我が家は冬に結露がほぼ毎日出てきます。

結露の一番の対策は換気です。

家の構造が、きちんと換気をしてくれる場合は良いのですが、

気密性の高い家(マンション)は結露しやすいといいます。

結露は場合によっては、家を傷めてしまったり、

カビが発生する原因になるので、放っておかないようにしましょう。

温度と湿度をコントロールし、結露が出にくいようにして、

出てしまった結露の水分を、吸水シートや給水タオルで

ふき取るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする