ステンレスのくすみの掃除!やかんがピカピカになった方法とは?

スポンサーリンク

キッチン周りでも、よく目にするステンレスですが、

気付くと、水アカやくすみ、油汚れがついてきますよね。

ピカピカになると気持ちいいですが、毎日磨くのは大変です。

ステンレスは、粒子のあらいクレンザーや、

フライパンを洗うような金のたわしで洗うと傷がついてしまいます。

つけおきなどに使う、「塩素系漂白剤」も、

ステンレスに原液がついたまま放置してしまうと変質する原因に。

安心して使える「重曹・クエン酸・酸素系漂白剤」を使った

ステンレスの掃除方法をご紹介します。

ステンレスのやかんがピカピカになった!焦げた油汚れもすっきり!

スポンサーリンク

やかんは、毎日使うものなので、

中だけさっと水で洗って使うことも多いはず。

すると、内側は少しずつ茶色くなっていきます。

さらに、炒めものなどを別のコンロでしている時に、

やかんがそばにあると、はねた油がやかんに飛び散り、

そのやかんを再度加熱することで、やかんの外側に、

茶色や黒の、焦げたような汚れがついてしまいます。

焦げた油汚れがやかんのまわりにこびりついてしまったら、

「酸素系漂白剤」の出番です。

うちにも、油でぼやけてしまったやかんと、

焦げのこびりつき汚れのあるやかんがあったので、

これで洗ってみました。

では、その掃除方法を2種類ご紹介します。

①キッチンペーパーを皿などに広げて、

酸素系漂白剤を全体にさらさらっとかけ、

お湯を軽く回しかけて、やかん周りにはりつけていきます。

20分くらいおいたら、こすり洗いしながらよく流します。

②やかんが入る大きさの容器、

または、やかんが入る大きさのビニール袋に、

やかんと50度くらいのお湯を入れます。

酸素系漂白剤をお湯に入れると、

シュワシュワ~っと最初だけ白っぽく濁るのですが、

乳白色の入浴剤をお風呂に入れたくらいの濃さになるまで入れます。

やかんがお湯に浸っているように調節して、

20分くらい置いてから、こすり洗いしながらよく流します。

お湯で汚れや焦げがふやけるので、たいていの頑固な汚れも、

すっきり落とすことができますよ。

うちのやかんは大体の汚れが落ちて、特にくもりが消え、

ピカピカつやが出ました!

頑固な汚れがついてしまう前の予防する方法は

  • 調理中は、やかんを別の場所に置いておくこと、
  • 程よい間隔で洗う事、
  • 洗ったあとちゃんと水気をふいておく事、です。

重曹は、きめの細かいクレンザーのように洗えるので、

やかんを普段洗うのに最適です。

続いて、やかんの中だけをきれいにする方法ですが、

やかんにクエン酸を適量入れ、火にかけます。

沸騰したら火をとめ、そのまま冷まします。

あとは、そのままこすり洗いをするか、

クエン酸をつけながら磨きます。

アルミ製のやかんには、変色する場合があり、

これらの方法は使えませんのでご注意下さいね。

ステンレス製の水筒の掃除方法

水筒は、水筒用の長いブラシを使って掃除しますが、

それでも十分に落としきれない汚れが蓄積されていきますし、

溝になっている部分などは、すぐにカビが繁殖してしまいます。

ステンレス×プラスチック×ゴムの水筒なら、

問題なく使えるのが、酸素系漂白剤です。

水筒のコップの部分には、

そのままの粉をさらさらっと気になる部分に振りかけて、

お湯を少しだけかけて置いておきます。

水筒の本体は、中をのぞきこんで、黒カビが生えている場合は、

水筒に酸素系漂白剤小さじ1お湯を入れてしばらくおいておきます。

汚れ具合に応じて、放置時間を調節してみて下さいね。

こすり洗いをして、終了です!

カビではなく、水アカの白い汚れが気になる時は、

代わりにクエン酸小さじ1を加えて、同じように洗います。

ステンレス製の流し台の掃除方法

ステンレスのシンクは、新しいうちはピカピカですが、

使っているうちにどうしても細かい傷や、

汚れが膜のようについてボンヤリしてきます。

水アカは、水に含まれているカルキのカルシウム成分が、

くすみとして残ってしまう状態。

これにはクエン酸が効きます!

また、ステンレスは、塩素系の漂白剤や、

塩分(塩・しょうゆ)がついてしまって知らずに置いておくと、

変質の原因になってしまいます。

しょうゆは、ふたの開け閉めの時に周囲に飛び散りやすいので、

注意しなくてはいけませんね。

シンクを使い終わったら、最後に全体を洗い流して水を切ると、

水アカを防ぐことができますよ。

水を切る方法は、ふきんなどでふき取るのもよいですが、

今度はふきんの方にカビが生えやすくなるので、

小さい水切りワイパーか、

水泳用の吸水タオル「セームタオル」がオススメです。

よくお風呂掃除でも登場する、ハンディ水切りワイパー。

お風呂から出るときに壁などの水きりをするのに役立ちますが、

車用品売り場にも置いてあります。

車用は、水切り時に傷がつかないようにできているんです。

セームタオルも、元は車用なのだとか。

スポンジのような不思議な感触で、

水を絞るとまたしっかり使えるのが良いところです。

まとめ

 

ステンレスをキレイにするには、

「重曹、クエン酸、酸素系漂白剤」これだけでできちゃいます!

日ごろから、使った後はしっかり水を切るとキレイが長持ちしますよ。

特にやかんは毎日使うものなので、

ピカピカになると気分よく一日のスタートをきることができますね。

やかんのピカピカ掃除は特に、ぜひ一度お試しください!

鍋についた栗の渋の落とし方!クエン酸ですっきりピカピカに!も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする