ママ友の悩みはランチとLINE!あなたはまだ我慢してるの?

スポンサーリンク

 

幼稚園に入ると、ママ友のお付き合いも増えますよね。

付き合いが苦手で苦痛という人がいます。

はっきり言うと私も苦痛と思う派です。

ママ友の悩みの中でダントツは、

ママ友ランチが苦痛という方も多いですよね~

私も苦痛です。

苦痛すぎて行かなくなった人です。

そして、ママ友とLINEをしていて、

うざい、面倒くさいと思ったことは、ありませんか?

私は、しょちゅうです|д゚)

便利な連絡手段ですが、トラブルの原因にもなります。

巻き込まれたら さぁたいへん!

ランチでもLINEでも多いのが悪口!

私の体験と共に、私のランチの断り方や

上手なLINEの使い方を紹介します。

ママ友とのランチに行きたくない理由と断り方

スポンサーリンク

私が、ママ友とのランチに行きたくない理由は

次の通りです。

・付き合いで行ってたけど、全然楽しくない

 

・毎回、誰かの悪口でつまらない

 

・うわべでの話ばかりでつまらない

 

・気を遣うので疲れる

と、せっかくの楽しいランチが台無し・・・

はじめは、「自分だけ行かないのは、いけない!」

と感じて頑張って参加していました。

いつしか、ストレスがたまってきた私は、たまには仕方ない、

でも、そのランチに参加してストレスを感じて疲れ切ってしまうのでは、

自分にとっても娘にとっても良い事なのか!?

と考えるようになりました。

なんか時間がもったいないんじゃないの?って。

本当はランチ時間を楽しく過ごしたいし、

好きな人と笑いながらご飯をしたい!!と考えるようになったのです。

なぜママ友ランチは楽しくないのか?

 

 

私の場合、6~7人が普通でした。

ある話題で盛り上がってきても、同じ人がずっと喋っている。

みんな、その人の話を聞いているだけ・・・

そして、うんうんと首を縦に振るだけ・・・

振っていれば、丸く収まるから・・・

意見が違おうが、そんなの関係ない。

しかも、自分には興味のない話ときたもんだ・・・

しゃべり続けるママ友に引きつった笑顔でウンウン。

だから、ママランチって楽しくないんです!!!!

会話って、みんな気が合うお互いのことをよく知っている仲間で

あーだこーだ笑いながらするものだって強く感じました。

だから、「ママランチは、行きたくない」と

私の中でふくれ上がってしまったんです。

子供のためと考えるとママ友のお付き合いも大切かもしれませんが。

こわい!!人間性が出る瞬間!

同じようにママ友ランチに参加した日のこと。

カフェで飲み物を注文し、階段をあがり2階へ行こうとしました。

ふと上を見上げると、ママグループ7~8人が階段を降りてきます。

大きな声でみんな、話に夢中です。

話を仕切っている人、取り巻きのようにあいづちを打っている人、

その後を黙ってついていく人と

ぞろぞろとヒール音を響かせながら、降りてきました。

狭い階段なので全員降りてくるまで、下で待っているしかありません。

階段の下に、他にも何人か降りてくるのを待っている人がいます。

おしゃべりに夢中なママさんたちは誰かが待っている

ということすら気づきません。

最後の一人だけ「お待たせしてすみません」と、

待っていた人に声をかけていました。

女性は、集団になると、まわりが見えなくなることがあります

また、声も大きくなります。

まさにこの状態でした。

私は、この光景を見て、自分も大名行列の一員なのか!?

こんなデカい声で騒いでるのか?と背筋が寒くなりました。

そう思ったら、私の心は「もう行かない!!」で固まったのです。

そしたら、今度はランチをどう断るかの問題が・・・

ママ友から誘われるランチの断り方

 

 

ママ友のランチを断るのがこわいと私も思いました。

それはなぜだろう?

「一人はなんとなく不安に感じる」

 

「断ったら、無視されるんじゃないか」

 

「嫌われたら嫌だ」

「子供が自分のせいで、いじめられたりしたら」

 

などなど、深く考えてくと色々頭をよぎりますよね。

ランチというのは強制ではないし、

行かなくちゃいけない契約も結んではいません。

お断りしても良いんです!

子供は、あなたの普段の姿を良くみていて、

我慢して、楽しくなさそうな顔をしていたら、

ためいきばかりのあなたの様子に気がつきます。

それは、家族にとっても良くない事です。

私が使ったママランチのお断りフレーズは

1 誘ってくれたお礼を言う

2 断る前にワンクッションおく

3 相手で断り方を変える

面倒ですが、毎回同じフレーズではだめですが、基本はこの形。

例えば、

1 誘ってくれてありがとう(お礼)

2 せっかくなんだけど(クッション)

3 風邪気味で微熱があるの(理由)ランチは遠慮させてもらうね(断り)

だいたい、これで「そーなんだ お大事に」とか言ってくれます。

一度断ってしまえば、一人ランチや一人の時間が良すぎて

今までが何だったんだ!!と爽快感を感じてしまいます(笑

ママ友とのLINEが原因のトラブルに巻き込まれないために

基本的に多いのがLINEで悪口

 

 

こんなことがありました。

誰の悪口かと思えば、子供の学校の校長・・・

子供を思ってなのか・・・自分が思い通りにいかないのか・・・

子供たちは、楽しく学んでいるんですよ。

親だけ大騒ぎで、それをLINEでです。

私は、何度となく携帯を見つめ。

「そんなに意見があるなら、校長とはなしてみたら?」

と打ってやろうか、辞めようか・・・と葛藤していました。

それが、毎日のようにです。

娘の学校では、飛び級制度があります。

もちろん落第もあります。

(注・・・学校はインターナショナルです)

今年、娘の学年から飛び級した子がいました。

両親ともに外国の人で数学とITの先生という

我が家では「絶対にかなわないよ~」って人です。

その子に対して、気に入らないと思ったママが

LINEで大騒ぎをしたことがありました。

その子だけズルい!ってことですね。

飛び級した子のママは日本語がわからないので

LINEには参加していません。

そのせいもあり、親の悪口から子供の悪口まで。

私は、我慢しきれなかったので

「飛び級は、認められたからあがるわけだし、

「おめでとう」の一言でよくない?」と入れてしまいました。

うっぷんをブチまけていた最中の反対意見で

他のママ達も「凄いよね~うちの子にも見習ってほしい」

「ほんと、おめでとう!だよね~いいな~」と始まったので

主になっていたママは、苦し紛れで

「5歳と6歳の差は大きいの!

私、幼児教室通ってるからわかるけど!」と

いや、そりゃ差はあるけどさ、

その差がないほど優秀だからの飛び級でしょう。

「ふーん。じゃ、それアメリカで言ってみてよ。

優秀なら飛び級普通だし、子供の学校インターナショナルだよ。

私たちが日本的考えで飛び級どうのじゃなくて、

アメリカやイギリス基準で考えないと、親側は遅れるよ。

とりあえず、おめでとう!っていいなよ」

と、LINEで伝えてしまいました。

これ以来、仲間内だけのLINEがまた出来たようで

悪口は私抜きというようになってしまいました。

基本、誰の悪口でも気持ちのよいものではありません。

私のように、我慢ならぬで言い返してしまうと、

どんどん巻き込まれていきます。

 

巻き込まれる前に、先手をうってみましょう。

LINEがしつこくうざい時は忙しいアピールをする

 

 

私は、仕事はしていませんが、していることにしています。

友達の企業を手伝ったりや習い事を始めてハマっているなど

忙しいママを演出しましょう。

しつこく聞いてくるママもいますが、

簡単な仕事よ~など適当に流すだけでいいでしょう。

LINEが来たときは既読を付けない

今は、便利なアプリもあります。

私は、のぞきみアプリなるものを使っています。

騒ぎがおさまったと思ったら、

初めてLINEを開け既読をつけます。

もう、話が終わってますから、返事を返すこともないし

聞かれたら 昨日、子供と寝ちゃってて・・・など

「忙しくて気がつかなかった、ごめんね。」

「玄関に携帯置きっぱなしで、探し回っててわからなかった、ごめんね。」

「バッグの中に入れてて気が付かなかった!ごめん!」

「ごめん」を入れると印象も悪くなりません。

返信するなら、とりあえず「ごめん」は使っておきましょう。

いつも返信を遅くするようにしていれば

LINEの来る回数は少なくなります。

本当に重要であれば電話が来ますから!

まとめ

 

 

 

ママ友は幼稚園だけでなく、この先もずっと付きまといます。

苦痛に思うランチは行きたくないという

気持ちだけが膨らんでしまいます。

そしてLINEもずるずると付き合っていると

時間だけが過ぎてしまったり

トラブルに巻き込まれてしまったり。

上手にある程度の距離を保ちつつ、お付き合いしていくのがポイントです。

無理せず、自分のペースでお付き合いするのが一番です。

 

ママ友はママ友で幼稚園、保育園だけの関係と割り切るのも

トラブルに巻き込まれないための大切な考え方です。

ママ友カーストは夫の職業で決まる?カースト1番下の私の対処法!も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする