灯油をこぼした時のあの臭い我慢してるの?対処方法教えます!

スポンサーリンク

灯油って、気をつけていても、少したれてしまったりして、

臭いがなかなかとれないんですよね!

灯油の保管は、だいたい寒い所に置いていると思うのですが、

灯油を入れる時、忙しかったり寒かったりするので、

落ち着いて入れられずに、こぼしてしまうことがとても多いです。

玄関だと、すぐに床にしみこんでしまうし、

フローリングの上だと、ティッシュでふいただけだと、

後でその付近がつるつるとすべりやすくなってしまいます。

そして、灯油の臭いって落ちにくいんです!

今回は、灯油がこぼれた時の臭いの対処法についてご紹介します。

灯油をこぼした臭い玄関や床の場合はどうするの?

スポンサーリンク

玄関の床やベランダなどに、

灯油のタンクを置いている人は多いと思いますが、

床がコンクリートだと、灯油がすぐにしみこんでしまいます。

しみこんだ灯油は、後でシミになってしまうこともあります。

この場合はどうすれば良いのでしょうか?

コンクリートや水分がしみこむ床なら、

すぐに洗剤や水で洗い流すのが一番早いのですが、

床に水を流せない場合は、

灯油の液体をペーパーなどでよく吸い取った後、

汚れが残った部分を、雑巾に食器洗い用洗剤をつけてこすり、

お湯などをふくませた雑巾や布で洗剤を取り除くようにして、

臭いが気にならなくなるまで、何回か繰り返します。

できれば、灯油が床にしみこまないようにするために、

灯油を入れる周辺には、

あらかじめジョイントマットや新聞紙、ビニールなどを敷いておくと、

こぼれてしまってもすぐに対処することができます!

また、灯油を入れる時は手にもつきやすいもの。

もし手についてしまったら、

女性の化粧落とし用の「クレンジングオイル」で灯油を浮かせて、

一度流し、いつもの手洗い石鹸などで洗い流すと臭いがとれますよ。

クレンジングオイルがなければ、食用油でも大丈夫です。

冬場は、ただでさえ手が荒れがちです!

できれば、灯油を入れる時には、手袋をすると良いですね。

灯油の臭い消しで部屋にも使える便利グッズ

玄関に灯油を保管している場合、

玄関自体が灯油臭くなってしまいます。

これを解消するには、

灯油のタンクを大きめのプラスチックケースなどに入れて

収納すれば大丈夫です。

カチッと閉まるフタがついているので、臭いが気になる方には

最適ですよ。

見栄えを気にするなら、さらに布などを上からかければ大丈夫です。

小さい子供がいたずらをする心配もないですよね!

そして、灯油をこぼした時、臭いを早く消したい時に便利なのが、

「アルコール」です!

ですが使う時には火気注意です。

掃除などに使う「無水エタノール」でもいいですし、

「キッチン用アルコールスプレー」でも大丈夫です。

これをたっぷり灯油の汚れ部分にかけて灯油を溶かし、

ふきとって、風をあててよく乾かす事を繰り返します。

(冷たい風のドライヤーでもOKです)

場所によっては、アルコールをまくと変色することがあるので、

アルコールをつけても良い場所なのか先に確認してくださいね。

じゅうたんやカーペットに灯油をこぼしてしまった場合は、

重曹の粉をたっぷりとかけて、しばらくおいておきます。

車の中にこぼしてしまった場合も同様です。

ただ、重曹では臭いを全部取りきるのは難しいんです。

重曹の代わりに、粉状の洗濯洗剤か小麦粉でもOKです。

でも、冬は粉状の洗濯洗剤は溶け残りやすいし、

最近は液体タイプの洗剤を使う人も多いので、

家にある人の方が少ないですよね。

紙パック式の掃除機でしたら、そのまま重曹を吸い込み、

食器洗い用洗剤や、ぬるま湯で交互にトントンとふいていきます。

また、ホームセンターでは「灯油専用の消臭グッズ」

置いているので、家に一つ持っていれば、

すぐに臭いを消せて良いですね!

灯油の臭いを消す方法の中でも服についた臭いを消す方法

灯油を入れて容器を運ぶ時などに、

服に臭いがついてしまうこともあります。

そんな時は、洗濯機に入れるよりも、先に臭いを消しておきます。

灯油の臭いは、洗濯をしても落ちてくれません。

臭いの消し方は、とても簡単なのですが、「陰干し」です。

外が雨続きで干せないなら、ドライヤーの冷風を当てるのも良いです。

とにかく灯油を乾燥させて、臭いをとります。

臭いがとれたら、洗濯機で洗います。

シミになるのを防ぐには、洗濯する前にクレンジングオイルや、

食器洗い用洗剤などで部分洗いをします。

特に色見の薄い白っぽい服は、

後からシミになる場合もあるので、部分洗いをした方が良いですね!

まとめ

 

 

灯油の臭いは、とれるのに時間がかかります。

換気ができる部屋で、

少量程度ならともかく、車内などに大量にこぼしてしまった場合など、

キツイ臭いをガマンするのはよくありません。

大量にこぼした場合は、まずは液体をふいて、

外なら土をかぶせたり、車の中なら、

重曹や粉の洗濯洗剤をこんもりをかぶせて応急処置をしましょう。

灯油は、油(クレンジングオイル、食用油)やアルコールと

溶け合うので、これらを活用して臭いを消す事ができますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする