子育てしながらの家事のコツって知ってる?効率よく終わらせる方法!

スポンサーリンク

「家事って、何でこんなに大変なの?」

「何で私だけこんなにバタバタしなくちゃいけないの?」

「誰か、手伝ってよー!」

と、主婦の声が聞こえてきそうな、「家事」。

家事を好きでやっている人はどのくらいいるのでしょう?

愛する家族のために、

小言も言わずにニコニコとこなせる人、神です。

家事は一日にしてならず手抜きしながら続けるコツ

スポンサーリンク

私の家事レベル、

「自分が思っていたよりは、できてるじゃん」レベルです。

実家にいた時、一人暮らしの時は、

お客さんも呼べないような、

人には見せられない汚部屋に住んでいた私ですが、

結婚してみると、

手探り状態でも毎日少しずつ家事をやるように。

きっと、旦那さんの事が大好きで、頑張っちゃったのでしょう。

でも今は、家事に対する思いはその頃と違い、

「家族がスムーズに生活できて、過ごしやすい空間を作っている」

という感覚で家事をしています。

毎日の生活のサイクルの中で、前準備をしているだけ。

起きたらごはんを食べられるようにする係。

気持ち良く過ごすために掃除をする係。

明日服が着られるように洗濯する係。

疲れた身体を癒せるようにお風呂を入れる係。

気持ち良く寝られるように、布団をセットする係。

そんなふうに取り組んでいます。

家族は、どう思っているのかはわかりませんが、

カンペキな「ザ・自己満足」で家事をしています。

でもこだわりがあって、

それは「家族がいるときにバタバタしない」こと!

よく、休日に「そこ掃除機かけるから、あなたどいて!」

というのがありますが、それは嫌なのです。

私は家族が休みで家にいる時、掃除機をかけないことがほとんどです。

家族が別の部屋に行ったらかけるか、もうかけないか。

休日には、ごはんは作るけど、

家の事より、早く子供を連れて遊びに行く事を考えています。

家族は、一日くらい掃除機をかけなくても気にしませんし、

夕方帰ってきてから洗濯しても、気にしないのです。

だから、私も気にしないようにすることにしました。

サボりじゃないですよ?あえて、です。

「休日は、私も休もう!」これには、

家族で反対する人は誰もいません。

「休日も家事をやれ」と言う家族って、いますか?

(いたら、すいません・・)

でも平日は、家族がきっとびっくりするようなスピードで、

そして無表情(もしくは焦りの表情?)で家事をしています。

人に見られていない時に頑張るタイプなので(笑)

家事を早く終わらせたい!効率化のアイデア

家事は毎日のことですから、

しだいにルーティーンになっていきます。

「早く終わるにはどうすればいいのか?」

を常に考えています。

すると、自分なりの早技をみがくことができます。

ぼーっとしていては何も変わりません。

(でも、ぼーっとする時間はその後にちゃんととります。)

食料の買い出しに行くと、時間が結構かかります。

買い物に行くのと行かないとでは、大きな差です。

なので、週に一度~二度にしておきます。

本当は週に一度にしたいところですが、

買い忘れや、必要になったものなどが出てくるので、

それだけを買いに行くという意味で週二度です。

すると、時間を節約(確保)できます。

時間があれば、家事の他にも、やりたいことができますよね。

そして、効率を考えるなら、時計を見ます。

「何時までにこれとこれができる」

という自分なりの配分でやると、集中できます。

自分ができるのであろうギリギリの時間設定が良いです。

自分を追い込むくらいでやった方が、家事も上達します。

お金はもらえないけど、これも「手に職」ではないでしょうか。

できないままでいるより、

できた方が、自分も、家族も嬉しいはずです!

自分を許せる家事で上手に手抜きをする方法

私の旦那さんは、細かい人でなくて本当に良かった・・。

これって、結婚してからじゃないと分からないんですよね。

私の旦那さんは、片付けもそんなに得意じゃないし、

自分の部屋や車もキレイと言えません。

そして私は、潔癖な方ではありません(笑)

私と旦那さんのバランス感覚で「きれいさ」を保つ

ようにしています。

なので、他の誰かが見たら「汚い」と言われそうですが・・。

それでも、ほぼ毎日掃除機をかけ、洗濯をし、ごみを捨て、

晩御飯の片付けなど(三角コーナーもきれいに)しています。

これは私の最低限です。

もちろん、もっとできる方はたくさんおられるでしょう。

それに加えて、日々の家事+他にやることができたら、

とても気持ちがいいです。

例えば、「お風呂の壁に少しでてきたカビ」や、

「明日の朝のパンの仕込み」など、

別にすぐにやらなくてもいいけれど、できたらいいな、という仕事。

そういった仕事は完璧にやらず、できたらやるようにします。

時間や、体調と相談して決めます。

家事は毎日の事なので、今日できなかったら、明日でもいいのです。

そして、それを許せる自分になれたら楽ですよ!

まとめ

実は、私にはカンペキを目指していた時がありました。

自分が思ったように家の仕事をこなせない、

(自分のキャパもわかっていない。)

そんな自分を情けないと思い、一時、感情的になってしまった事も。

そんな時家族は「?」でしたけどね(笑)

そりゃそうです。

家族も、そんなになるまで頑張らなくていいって、

きっと思っています。

自分にとって辛くなく、

楽な形で家事ができるのが、理想ですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする