子育ては疲れる事の連続!イライラ爆発で壊れる前にするべき事とは?

スポンサーリンク

子育ては疲れる・・・。

イライラは、爆発寸前、

もう自分がよくわからなくなりそう。

いっそのこと

爆発できたら楽かもしれないけど、

母になってしまったからには壊れるわけにはいきません。

子育てって、なんでこんなにイライラすんるんでしょう!

子育てはいつだってイライラが止まらない

スポンサーリンク

小さいときは、自分の体力無視でミルクやオムツ

はては良くわからないけど泣いてます・・・

少し大きくなれば、あれもイヤこれもイヤ

イヤイヤイヤー!って「私も、いやですよ。。。」

って何度思ったことか・・・

これで、5歳にもなれば会話が通じる分いいかと思えば

「この服いや!」「何でこれ?」と意味あるイヤになってきます。

イライラに もれなくムカムカのオマケつきです!

でも、この私たち母にとっては迷惑行為のような事が、

人間の成長に変わっていくのだから不思議ですよね。

ただ、いつだって逃げ場なし!夫の協力なし!子供の協力なし!

なしなしなーし!と続けば、イライラは爆発しちゃうものです。

そういえば・・・・

 

旦那さんと付き合ってた時の事思い出してみてください。

ケンカしたことありますよね~

「きらわれたくない」なんて気持ちが邪魔して

思ってることが言えなくて イライラがつのって爆発して

「別れる!」なんて口走ったことや、考えた事ありませんでしたか?

そんな事を思い出すと

子育てだって夫との仲だって上手にやりたい!って思いますよね。

誰だって、二つが無理でも、ひとつくらいは上手にって!

イライラで爆発する前にするべきこと

爆発しちゃってからじゃ後には引けぬで

意地をはってしまうと子供に伝わって悪循環。

じゃ、この疲れとイライラはどうすれば!?

とみんな考えるはずです。

夫に手伝わせる

 

簡単そうで、なかなか難しくハードル高めですが。。。

ハッキリ言います!イクメンなんていません。

私から言わせれば、はぁ?手伝う?手伝うだって!?

自分の子供でしょ?育児するのが当然ですから、

イクメン気取りは認める必要なんてない。

でも、男って、なんか面倒で 意味不明にすねたり、

やってやったと張り切るが片付けまでは出来てない面倒な生き物。

なので、この「イクメン」という言葉は認めなくても

上手に使うのは大切です。

小さな子供と同じで、

「お手伝いできたね ありがとう!」を、大人向けに

「ありがとう!本当に助かった!パパは、イクメンだね!」と。

流行に乗ってるぜ!!少数派な男子になれたぜ!雑誌表彰ものよ!!

という感じに、気分をあげてやり

ついでに、他のやってほしいこともすぐに頼む。

これ大切です。

次を頼むのに、間を開けずにいくのも効きます。

断れない状況を作るのです。

夫を見ているだけで、ためいき出るし疲れてくるしイライラする。

たまには、手のひらで転がしても 罰は当たりませんよ!

当たれるものを用意する

 

心がスカッとするものを探しておくといいです。

イライラが爆発、子供を叩いてしまう、

なんて事になってしまったら悲しいですよね。

それに、もしそこで「スッとした」なんて感じてしまったら、

エスカレートしてしまいます。

それなら、なんでもいいので無心で出来るものを一つみつけましょう。

私は、ひたすら新聞を千切っていました。

そのうち子供も面白がって一緒に遊んでいましたね。

大人の塗り絵なる本気の物を、

子供のお絵かきに付き合うときにやるのも意外とよかったです。

ビニール製のサンドバックなんかも、

1000円前後で買えるのでいいと思います。

もう、ボッコボコにしても誰も文句はいいません。

凄くスッキリします。

今や、5歳の娘の運動用具と変化していますが。。。

日記をつけてみる

 

メモ程度のものでいいです。

好きな人は、本格的に書いてもいいですね。

自分の気持ちを吐き出すだけでも違います。

私は、今でも、走り書きするようにしています。

それを口に出して読んでみたりするとなんとなく、

そんなに頑張るなくていいよ!と心が軽くなります。

自分が壊れないようにするには?

心の調子がおかしい・・・

産後うつや育児ノイローゼを耳にしたことはありますよね。

ちょっとでも変だ・・・と思ったときは、

周りに相談したり、病院に行ってきちんと指導を受けたり

薬を飲むことが大切な家族を守る自分を守る一歩になります。

凄く勇気がいるかもしれませんが、誰かに相談してみましょう!

まとめ

子育てに「正しい!」とか「理想」を求めすぎてはいけません。

なぜなら、子供はそんな理想などすぐに壊せるチビモンスター!!

不安な事は、病院の先生や助産師さんなど

プロの言葉を聞くことも大切です。

今は、ネットなどを検索するとたくさんの情報があり

見極めるだけでも不安を感じてしまいます。

そんなときは、人と話しましょう。

友達や、先生、助産師さん、保健師さんと頼れる人はたくさんいます。

イライラや疲れをため込んで爆発しないように、ゆるく子育てをすれば、

ママもご機嫌!子供もご機嫌!家族で楽しく良い育児につながるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする