子育てママの悩み!子供が言うことを聞かない時の必殺技はパパの魔法?

スポンサーリンク

 

お子さんのいる家庭なら絶対に聞こえてくる

「や~だ~!!」という言葉。

ママだって本当は怒りたくない!

でもちゃんと言わないといけない・・・

「なんで言う事聞いてくれないの?」

5歳の女の子を育てる私は、毎日思っています。

私が怒っているとき

パパの「そうだよね!」の魔法の言葉で

娘が言うことを聞いてくれるようになった体験をお話します。

子育てママの悩み!女の子とは女と女の戦いになっちゃう?

 

 

 

2歳でも3歳でも4歳でも5歳でも

親の悩みって、ずっとあります。

子どもが言うことを聞かないということに、

ママはどれほど悩んでいるか・・・

これが男の子だけど「元気いい!!」と一言で済みそうだけど、

女の子だとちょっと違う。

私は、男も女も元気よくでいいと思ってるけれど、

世間の目は違ってる。

娘の、2歳のイヤイヤ、3歳のなんで?攻撃、

そのあとは、言うことを聞かない反抗期など、

乗り越えてきたつもりですが、

4歳を過ぎたくらいから、反抗と不満ばかり言って、

イヤイヤ期再来?いや、パワーアップしてる・・・

確実に・・・

5歳になってからは、

反抗に自分の意見と知識なるものもくっついてきます。

成長した!!と喜べればいいのですが。。。

そうも行きません。

駄目なものは駄目、どうして駄目なのかも説明・・・

他の家の子が、凄くよく出来ているように見えて

「どうしてうちの子は言う事がきけないの?」

と疑問ばかりです。

一生懸命子育てして、良い人間になってほしいと思って、

注意したり怒ったり。

でも、思いが伝わらなくてイライラして、

大声で怒鳴ってしまうことも今でもよくあります。

親になれば誰もが、一度は経験する事でしょう。

特にその役目は、ママが多いでしょう。

「言うこと聞かない」というなかで、私を一番困らす出来事

それは、「かたづけ」

これは、小さなころから言っているけど

どうしても出来ない。

本人はやっている「つもり」らしいけど・・・

そう、私の「かたづけ」と娘の「かたづけ」は違っていて

「おかたづけ」の言葉は同じでも、

ゴールが違っているのです。

このお片付け、私ではどうしても感情的になってしまい

もう、女と女の戦いのようになってしまいます。

簡単に言うと

私「かたづけしなさい」

娘「かたづけしたよ」

私「どこが!?きちんと、本を並べて~しなさいっていったじゃない!」

娘「だから、本、片づけてある!」と・・・

こんな感じでケンカです。

しかし、我が家では これを上手くまとめる人がいるのです・・・

子育てママの悩みをパパが魔法をかけて解決?

 

 

 

キャットファイトでも始まりそうな雰囲気を感じ取り、

よく自室に逃げるパパですが(笑

オモチャに絵本にぬいぐるみなどなどあたり一面に散乱。

ゴミ袋を持ち、全部捨てるぞ!と私。

「お片付けしなさいって言ったよね!

出来ないなら、全部捨てる約束よね!」

「やだ!!うぇ〜ん!(涙」

パパのもとへ娘は逃げます。

夫が言うには、言う事を聞かないのは、

子どもにとって片付けは「楽しくない」からだそうです。

私だって、

片付けは楽しくないし、ご飯だって面倒なくらいよ!

と言いたい(笑

ここで夫は娘に、ひとこと、「そうだよね!」

という言葉を使っています。

夫が言うには、パパの魔法「そうだよね!」攻撃だそうです。

まず、子どもの意見を聞いて、

パパママから提案してみることが大切だそうです。

パパ「なんで片付けしないの?」

娘「したもん!」

パパ「そっか~したんだね!○○は片付けしたんだね!」

娘「うん!!(喜!!)」

パパ「でもさ、オモチャ出しっ放しだと踏んで壊れたら悲しいよね。

ママの体重で踏んだら、一回でさよならだよ・・・

もっと悲しいし、ママは痛くてまた怒るよ~」

「お片付けをしないと、自分が困るんだよ!」教えています。

子ども自身が「困る」と感じると、「片付けすることが得」と感じれるようです。

そして、出来たら思い切り褒める。

言葉で寄り添う、提案する、出来たら褒める。

この繰り返しです。

すると、「今度も片付け頑張ってみよう!」と、

やらない!出来ない!を卒業するきっかけになります。

パパは、これが出来るため、

娘はパパの言う事をスンナリ聞くことが多いです。

なので、私は、なだめる役はパパの役と割り切って、

私は怒る役をしています。

ママが駄目なら、パパに役を買ってもらう事も、

言うことを聞いてくれない悩みを

少しだけ解決することが出来ると思います。

ただ、ケンカのようになってしまってもパパのもとへ逃げて

お片付けなり出来た時は、怒っていたことなど忘れて普通に接しましょう。

まとめ

基本、子どもは親の言う事を聞かないものと、おもうことが大切です。

振り返ると自分もそうでした(笑

パパママのちょっとした言葉や態度で、

コロッと良い子に変わってしまうこともあります!

でも、時々は「ヤダ!」と言える存在であることも必要です。

女の子は、相談したりすることも好きです。

おしゃべりがすきですから、

気兼ねなく「いや!」も言えることも大切です。

女の子だと、ママは自分に置き換えやすくなってしまう事があります。

でも、そこは違う人間と認めることです。

なので、反抗してもいう事を聞かなくても、

違う人間とわかっていれば少しは気が楽にあります。

「いいかげんして!!」と言ってしまう前に

大きく深呼吸してみましょう。

そして、パパには、なだめる役になってもらって

助けてもらいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする