子育ての悩み!子供のワガママどうしてる?我慢が出来たらほめてあげよう!

スポンサーリンク

子育てしていると子供の成長がほほえましく思えますよね。

あんなに小さくて私だけを頼りにしか生きられないのね!と

ただ泣く姿を見せていた子供は、

成長と共に自我が芽生え、ワガママだってでてくる!

そんな、ワガママに頭を悩ますママは多いはず!

ワガママと自我の違い

医学的に考えたりすると、ややこしいし難しい。

簡単に砕けた言い方にすると

自我は「自分でやってみたい」「頑固」な部分が出てきたりしていることで、

大人の階段を上っている最中ですね。

ワガママは、「自分の欲を満たす」「あのお菓子が欲しい」など

結構簡単に整理がつく気持ちを

泣いたりして大人をうまくあしらう行動、でしょうか。

自我も大変なんですが、

このワガママは 根負けすると自分が大変になります。

子供は、赤ちゃんの頃から頭がいい。

泣くとママが来てくれること、

泣くとオムツやミルクがもらえる事を知っています。

でも、もちろん赤ちゃんの頃は、言葉も態度もほぼないので

あの手この手でママも落ち着いてもらおうと必死ですから

満たしてあげてください。

ただ、やはりある程度「行動」が伴ってくると

社会で生きるという「社会性」も背中合わせでやってきますので

このワガママを少し考えていかなければなりません。

じゃこのワガママどうすればいい!?

ワガママも、ある程度の譲歩で

認めてあげる事もいいと思いますが

毎回、親側が根負けしているともう子供は親を手の平で転がします。

子どもは、「泣いて騒げば親は買ってくれる」としっかり頭に刻みます。

これを認めてしまうと、これからが大変です。

出かける度に、毎度、毎度、買ってくれるまで泣き叫びます。

泣き声も、毎度バージョンアップ!

こうなったら、もう買って黙らそうとなりがちです。

ここで、親が「今日はお菓子は買わないよ」と約束したら、

約束をひるがえさないことが大事です。

買わないと言ったら絶対に買わない、泣こうが騒ごうが買わない。

「親が買わない!」と言ったら「買わない!」

という姿勢を親がとるべきです。

この姿勢を崩さなければ、

子どもは自然とダメなものはダメなんだと

考えてくれるようになります。

私は、お菓子のコーナーに行かないという策を取っています。

どうしても行くときは、見るだけと決めています。

何回か守れたら「一つだけ買っていいよ」と吟味してもらいます。

そして、カゴに入れる前に本当にこれでいいか聞きます。

並んでる最中に、やっぱりあれがよかったと2度買いを防ぐためです。

子供も頭がいいので、2度買いが成功すると

こっちの策に変更してくるので親側も頭を使うしかありません!

公共機関に乗ると「泣かせたくない」

「騒がせたくない」と思いますよね。

それで、パンやお菓子を口に入れてなんとか静かにしてもらう。

でも、これも結局は同じ。

「これに乗れば もらえる」

「ここで騒げば、お菓子がもらえる」と覚えます。

そして、大きくなっても平然と電車やバス内で飲み食いし

あげくゴミを置いて行ったりする子供になることを想像してください。

嫌ですよね。

でも、それが普通と教えているようなものなので、

ママも頑張って少しずつ強くなりましょう!

こういうときは、時間に余裕を取って 泣くなら途中下車してみましょう。

私は、「泣くなら電車には乗せない」と駅のホームで

何本も電車を見送ったこともありました。

あとは、お菓子を買うのを「ガマン」出来たときにほめずに

泣くときだけ叱るってありませんか?

実は、私もよくやりました。

娘に、「よく我慢できたね~」と言ったときの 

私出来たの!我慢できた!と 自慢気な顔は忘れられません。 

それから、ちょっとずつ「欲しいコール」は減ったと思います。

ワガママをガマンするといった「子供の努力」はしっかり認めましょう。

すると、モチベーションもアップして少し成長してくれます!

1つ、悪い例をお伝えします。

きっと、ワガママを聞いてもらえない、

ほめてもらえない事が多かったのだと思います。

私は、子供とスーパーのお菓子のコーナーに言ったとき

行動のおかしい女の子がいました。

私は「あ~万引きか!?」と思ったら

お菓子を食べちゃったんです。

そして、食べた袋を柱の陰にポイ。

唖然としましたが、女の子は私の顔を見ると

マズイと思っているようで逃げていきました。

年齢的に小学低学年くらいなので、

絶対に親と来ていると思ったので

お店の人に説明し母親をみつけてもらいました。

その後は、知りません。

ただ、今でもスーパーで その子に会う事があります。

買ってもらえないから食べてしまおう。

もう、犯罪ですよね。

ワガママをガマンさせると同時に、

お金の払ってない物を食べたり

持ってきたりするのは犯罪だという事も同時に教えてください。

まとめ

子供のワガママに付き合うためには、

家族一致で頑張るしかありません。

私の母は、「パパが良いと言わないと買ってあげれない」と

孫のワガママをスルーします。

私も「パパが~」パパは「ママが~」と

全員でワガママをスルーする形をとります。

もちろん、時々は頑張ったりできたら、

ワガママをきいてあげます。

ただ、駆け引き的な事も多いので、

根負けせず本気のゲームだと思いながら

子供のワガママに付き合うといいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする