離乳食の取り分けができない!?簡単!取り分けレシピのコツと作り方!

スポンサーリンク

離乳食の準備って大変ですよね!

ゆっくり作る時間があるならまだしも、

日々家事や育児に追われて時間なんてあるわけもなく、

でも赤ちゃんはお腹が空いたとアピールしてきて

とにかく早く離乳食を準備しないといけなかったり…。

特に離乳食後期になると

ある程度の大きさのものが食べれるようになるし、

色んな食材を取り入れなければならなくなるので、

今までのようにはいかなくなります。

でも、大丈夫!

大人の食事から取り分ける離乳食レシピを知っておけば

簡単に準備することができますよ♡

今回はそんな取り分けレシピのご紹介です!

離乳食後期になると準備が大変!

スポンサーリンク

離乳食は生後5,6か月から始めますが、

初めは野菜を茹でてペースト状にしたものだったり、

お粥だったりと、作るのもとにかく簡単でした。

また、時間があるときにまとめて大量に作って

フリージングしておけば

1週間分の野菜やお粥が準備出来ていたので

日々の離乳食を準備する手間がなくなり

とても楽でした。

しかし、離乳食後期になってくると

初期のように簡単に準備ができなくなってしまったんです。

我が家の娘は生後5ヶ月から歯が生え始めたので

離乳食を開始しました。

まだ午前も午後もよく寝る時期だったので

寝ている間に離乳食のストックを準備したり、

足りないときはミルクでお腹を満たしておけばよかったので、

週のどこかで時間があるときにまとめて作れば

十分準備が出来ていました。

しかし、生後10ヶ月すぎから

固形のものがだいぶ食べれるようになってきて

今までのようなただ野菜をつぶしただけのもの、

などでは満足しなくなってきました!

また、食べる量が増えてきたので、

ストックを頑張って作っても3日も持たない・・・

なのでストックを作る時間がもったいない!

と感じることも多くなりました。

また、3回食でしたが、

お昼寝の時間も少しずつ短くなってきて、

のんびり準備する時間がなくなってきました。

娘はお腹が空いていてグズグズしているし、

でも母乳やミルクをあげてしまうと離乳食を食べなくなるし、

とにかく早く準備して食べさせたいけど、ストックもない…

今から野菜をゆでるのは無理―!!と焦ることもしばしば。

もう準備が追い付かないので

市販のベビーフードに何とかお粥だけは作って

食べさせることが何回もありましたが、

市販のベビーフードは値段も高いし

この先ずっとそれに頼るわけにはいきません。

そこで私は

「大人の料理から離乳食を何とか取り分けできないかなぁ…」

と考えるようになりました。

離乳食の取り分けレシピのコツとは?

大人の料理から取り分けをしよう!と

始めた頃の私は

「大人の料理から食材を取り分ければいいだけだよね!」

簡単に考えていました。

ですが、取り分けレシピは注意が必要だったのです!

味付け前に取り出す

 

 

離乳食に限らず、

子供が食べる食事は薄味にするのが基本!

ですから、味付け前に食材を取り出さなくてはいけません。

しかし、慣れていない頃の私は、

うっかり大人用の味付けをしてしまったあとに気づいたり…。

煮込む前に塩を入れてしまったり…。と

何度もミスをしてしまいました。

取り分けるのは「味付け前!」

ということをしっかり考えて料理してくださいね。

塩分注意

 

 

離乳食も後期に差し掛かると、

色んな食材が使えるようになってきます。

しかし、大人用の食材は

塩分が強めに使われていることが多いです。

例えば、市販の乾燥タイプのうどん麺や素麺も

おいしさを保つために塩分が含まれており

何も味付けしなくても塩味がついています。

大人は塩分が効いている方がおいしいと感じますが、

赤ちゃんに与える塩分は注意が必要!

赤ちゃんの塩分の致死量は5gと言われています。

これは、カップラーメンを汁まですべて飲み干した際に

摂取する塩分量だそうです。

さすがに大人でも「塩辛いな」と感じる量だと思いますが、

それほどの量でも赤ちゃんにとっては

命の危険にさらされるのです。

ですからうどんや素麺など赤ちゃんが食べやすい食材でも

味見して塩味がきいていれば

しっかりお湯で塩抜きをするように気を付けましょう!!

生ものはNG、加工品はできるだけ成分を確認

 

 

離乳食に生ものはNGは基本だと思いますが、

いつも大人から取り分けをしていると、

ふと分け与えてしまいそうになるので注意してください!

ママは離乳食を作る立場なので

気を付けているかもしれませんが、

パパやおじいちゃんおばあちゃんなど、

普段離乳食を作っていない人は

取り分けてしまうかもしれませんので要注意。

また、離乳食後期になるとウインナーやハムなどの

加工品も食べれるようになってきますよね。

ウインナーやハムは子供向けのものも多いし、

切るだけで簡単で子供が大好きなイメージがあるので、

使いやすいな♪と思っていました!

ですが、ウインナーなどの加工品には

たくさんの「食品添加物」が含まれています。

もちろん、体に害があるものではありませんが…

0歳児のうちからたくさん食べさせるべきものではありません。

特に着色料などは摂取しない方がいいです。

なので、できる限り成分表示を確認して、

「赤色〇号」や「青色〇号」などの

着色料が使われているような加工品は

避けた方がいいと思います。

大人だと気にならない加工品ですが、

離乳食に取り分けるとなると少し注意が必要です!

でも、無添加にこだわりすぎると

何を食べさせればいいのか分からなくなってしまいます…。

そうなるとママが大変になってくるので、ほどほどに☆

赤ちゃんのご飯を取り分けて作る離乳食取り分けレシピのおすすめ

離乳食の取り分けは、

このように意外と気を付けなくてはいけない点が

たくさんありますよね。

なので私も、

初めのうちは味付けや食材選びに失敗をしてしまい、

結局時間がなく上手くいかずに

何度もベビーフードに頼りました。

でも、娘の成長と共に少しずつ食材の選び方を考え、

手際よく離乳食分を取り分けできるようになり、

大人の食事の準備と離乳食の準備を

一緒にできるようになりました!

そこから、ストックづくりは一切やめ、

毎回大人の食事の取り分けレシピで

3食分の離乳食をまかなっています。

そんな私の離乳食後期にオススメの

取り分けレシピを2つご紹介します☆

シチュー&カレー

 

 

*使う材料

ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、肉類(お子さんが好きなお肉)

①材料は大人が食べるとき用に大きめに切っておく。

②サラダ油で材料を炒め、お肉に火が通ったら水を入れて煮る。

③完全に火が通ったところで、離乳食用の取り分けをする。

④残った大人用はその後、カレーやシチューにする。

⑤離乳食用は、お子さんの離乳食の状況に合わせて小さく切る。

そのままあげてもいいし、

卵や片栗粉と混ぜておやきにしてもOK♪

温めた牛乳と混ぜればシチュー風にも♪

野菜もお肉も簡単に準備出来るので楽々のメニューです!

具沢山お味噌汁

 

 

メイン料理は別にあるときには、

お味噌汁で取り分けましょう♪

*使う材料

豆腐、わかめ、なめこ、もやしなどお子さんが好きな野菜

①大人用お味噌汁を作る要領で具材に火を通す。

②お味噌やだしを入れる前に離乳食用を取り分けする。

③残った大人用にはそのままいつも通りお味噌やだしを入れる。

④離乳食用は、お子さんの離乳食の状況に合わせて小さく切る。

こちらもそのままあげてもいいし、

お味噌やだしの量を薄味にすれば

子供用お味噌汁として出してもOKです!

にんじんや白菜なども入れると

野菜も食べやすくていいですよ♪

まとめ

離乳食後期になると

色んな食材が食べれるようになれますが、

それでもまだまだ何でも食べれるというわけにはいきません。

それまでは成分な何も気にせずに

自分たちの食材を買っていましたが、

取り分けをするようになってからは、

買い物に行くときに

素材や添加物をきちんと見るようになりました!

慣れるまではちょっと大変ですが、

念のためベビーフードも準備しておけば

心にも余裕ができます!

ここで慣れてしまえばあとがとても楽になるので

自分なりのコツを掴めるように少しずつ頑張ってください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする