共働きと専業主婦はどちらが幸せ!?お金と子育て編!徹底検証!

スポンサーリンク

出産後、ある程度子育てが落ち着いてきたら、

あー働きたいなぁ~と思い始めるママも意外に多いと思います。

でも、子供を預けなきゃな~それはちょっと勇気いるな~

それに、預け場所も探さなきゃ~、

そもそも子育てと両立できる仕事ってあるのかなぁ~?など、

専業主婦からワーキングママへの道は悶々と長いわけです。

産休、育休をとって復帰される方も同じく、

保育園入園問題からはじまり、前のように働けるのかな、

実際に子育てしながら働き出しての

リアルな生活をなかなか想像できなかったりします。

わたし自身は、3才の子供をもつワーキングママですが、

出産前に、以前の仕事を退職したので、

専業主婦と共働きとどちらも経験しています。

専業主婦のときは

子育てしながら働きたいとは思っていたものの、

なかなかハードルが高かったです。

まず、

1.保育園を探す

2.子供のならし保育と同時に職探しをはじめる

3.平日毎日保育が始まると同時に働きはじめる

こんな流れでやりました。

幸い、ママでも働ける職場に出会えて、

17時キッカリに仕事を終えて17時半にはお迎えにいけています。

ママが働くってリアルは、なかなか大変そう~に思われがちですが、

慣れてしまえば、働いている方が楽なのでは?!

と思い始めてきます。

実際に、私の回りのワーキングママは口を揃えてそういっています。

それだけ子育ての大変さもわかっているからですね。

では、実際に共働き、専業主婦、どちらがどうよいのでしょうか。

これについて、わたしなりに検証してみます。

共働きと専業主婦はどちらが得?お金編

スポンサーリンク

まず、お金の面について。

共働きといえば、ママのお給料も世帯収入となるので、

経済的に専業の頃より、よくなるのでは?!と思います。

実際どうなのでしょうか。

まず、共働きの一番のネックは、保育園代

これは、ママが専業主婦であれば必要ないお金です。

この保育園代の支払いは大体の一般家庭が

ママの働くお金から出ているようです。

この保育園代は、大体月4万〜7万ぐらいです。

子供も歳と、通わせる保育園によりますが。

ちなみに、うちは7万。3歳になって6万になりました。

これは、結構な負担額です。

あとは、福利厚生面。旦那さんの扶養範囲内で働くのか?

扶養から抜けるのか?ここも大きなポイントです。

ママが社会保険を払うと、旦那さんの扶養手当は無くなります。

このように、ママが働くことにより、世帯収入の引き上げは見込めますが、

同時に金銭面での負担も増えます。

世帯により、勤め先により、多少変わることなので、

事前に自分で確認しておくべきことでしょう。

よく仕事を辞めたママのお子様が、保育園も同時にやめますが、

単に、ママが専業になったからといった理由ではなく、

保育料の理由も大きくあると思います。

もちろん、例外もありますので一概にはいえませんが。

このように、金銭面でのことはとても大切なことです。

子供と離れて、働く時間と稼ぐお金はとても貴重です。

そして、一番大切なこと。

それを、働くその前に、しっかり考えてみてください。

いくら稼いで、いくら手元に残るのか?

これももちろんですが、自分は働きたいか?!です。

お金のために働く、これももちろんある程度、必要ですが、

自ら働きたい!という思いがあるのかどうか?

これを問いてください。

働かないといけない、という気持ちで働くと、自滅します。

ただでさえ、仕事は厳しいです。

ママだから定時に帰る、これは許されても、

仕事自体の厳しさは皆同じです。

大事な子供を預けて、しんどい思いして、

色々差し引かれて手元にこれだけなんて、割りに合わない!

そう思うようでれば、最初から働かないほうが賢明です。

実際、私の友達は、働いている時間に子供のことが気になりすぎて、

仕事に集中できなかった、子供が自分と離れてないていることを想像すると、

自分も泣けてきて、仕事も給料もいらない!と思った・・

ってママもいます。

共働きと専業主婦はどちらがいい?子育て編

私自身は、専業からワーキングママになりましたが、

仕事を始めて本当によかったと思っています。

子供も保育園を楽しんでくれるようになったし、

自分も、専業主婦の頃より、

子供と良い意味で距離感を持って接することができるようになったので、

冷静に優しくできるようになりました。

専業主婦の頃は、常に子供のことが気になって、

イライラして自分でも嫌になるぐらいうるさく子供にいってしまったり・・

とにかく余裕がなかったのです。

でも、働き始めてから、子育てオンオフができて

バランスが取れるようになりました。

仕事も、子供のために頑張ろう!

子育ては、一緒にいる時間をめいっぱい楽しもう!と

どちらも良いモチベーションでやれていると思います。

あと、共働きは、旦那さんの了承、協力があって成り立ちます。

中には、嫁には子育て、家事をしていてほしい!

といったパパもまだまだ実際、存在します。

共働きには、家事の分担は、不可欠です。

突然の休日出勤、残業・・なども起こり得ますので、

旦那さんの理解がないと、なかなか仕事を続けることは困難でしょう。

まとめ

共働きと専業主婦。

どちらが幸せなのか?という問いには

私の場合は、共働きを選ぶことで

お金の面でも精神面でも余裕が生まれて

かえって良かったです。

個人的には、働くママがもっと増えて、

日本にも、ママが働きやすい職場がもっともっと増えたらいいなぁ

と思います。

ママも、一人の女性です。

一人の社会人として働く姿は、素敵です。

そして、子供がいざ働こうと、社会に出ようとする時、

何か、背中をおせる一言でもいってあげれたらなぁ・・と思うわけです。

子育てと仕事の両立は楽しい!?ストレスを激減させるコツとは?も見てみる。

子育てと仕事はどちらが大変!?徹底!頑張るワーキングママのリアル!も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする