子育てのイライラ対処法!イライラから解放される自分時間の作り方!

スポンサーリンク

子育て中のママ、特に未就学児のお子さまをもつママは

日々イライラとの闘い

といっても過言ではないでしょう。

子育てって本当に楽しくて子供との時間が何より幸せ!!

ってママのタイプもいらっしゃるのかもしれませんが、

子供が3才になった今でも、そんなママどこにおるねん!

(関西弁で失礼いたします)

って思ってしまうぐらい、子育て幸せママの気持ちがわからず、

子育てイライラしてしまうタイプです。

可愛い可愛い、愛してやまない我が子に対して

イライラしてしまう自分が嫌になり、

母親としての自信まで喪失してしまうこともあります。

でも、気にすることはありません。至って普通です。

むしろ、イライラしない方が普通ではありません。神の領域です。

ママを困らせない子供はいません。

成長と共に激しくなったり、一時的になくなったり、

と波はあるとは思いますが。

ママにとって特別な子供。子供にとってもママは特別。

だから、そんなママにだけは、

子供はわがままをいったりごねてきたりします。

そう、自分は子供にとって、特別な存在。

わかってるんだけど、、イライラがとまらない!!

わかります。すごくすごくわかります。

では、この子育てイライラ、なくなることはあるのでしょうか。

・・・あります!

あなたには一人の時間がありますか?

わたしは、その一人の時間を意識的に作ることで

心に余裕が生まれました。

どうやって一人の時間を作ったかなど

イライラしやすいわたしがつかっていた経験をもとにお伝えします。

子育て中のイライラの原因は一人の時間がないこと

スポンサーリンク

美味しいお茶を飲んでゆったり~なんてリフレッシュ法、

わかってますよね?

聞き飽きましたよね?

しかも、実際に美味しいお茶のんでも

イライラするときはしますよね?

飲む気分にもならないぐらい

イライラ疲れしちゃうことだってありますよね?

もっと具体的にどうすれば、心身共にリフレッシュして、

明日の子育てを迎えられるのか?!

気持ちのもっていき方も必要ですので、心してよんでくださいね。

まず、子育てママのイライラの原因から探ります。

原因を自分で理解することで、イライラの70%が解消します。

(そう思うのはわたしだけかもしれませんが)

初めは子供が思うように動いてくれない、

あぁ~もう!の小さなイライラから始まりますが、

段々、なんでこんなにいってるのに言うこときいてくれないのよ!

でかなり上昇。

最後には、言うこときいてよ!バッキャロー!

となってしまうわけですが。

最終系イライラまでいくのに、そう時間はかかりません。

そんなママには、明らかに、「余裕」がありません。

時間的余裕はもちろん、精神的にまぁ、いいかぁ~の心の余裕がないのです。

がんばりすぎるママほど、余裕がありません。

では、どうしてがんばりすぎママほど、「余裕」がないのでしょうか。

理由は明らかです。

一人の時間が足りていない。

一人の時間がない、という理由で、余裕を生み出せず、

結果、日々の子育てイライラが生じるのです。

これに、気づけないママは意外にいます。子育てが始まると、

ママは常に求められるため、

子供と一緒にいることに使命感を感じるのは誰しもですが、

そのため、一人の時間が「無」状態となるのです。

夜は疲れて子供と一緒に寝てしまうし・・

でも、人間ひとりでは生きていけないことは大前提としても、

ひとりの時間に心の充電や自分の気持ちや状況を整理できたりするものです。

ママにも、ひとりの時間はとても、とても、大切です。

個人的に、子供を産む前から一人が大好きで、

すぐ一人でどこかへ出かけてしまう私でさえ、

ママになってから、一人の時間のないことに気づけなかったぐらいです。

でも、これに気づいてからは、

一人の時間をより多く、意識的に作ることに気をつけました。

子育て中のイライラをリフレッシュする方法。私の一人時間の作り方

お茶を飲む、本を読む、TVを見る、考え事をする。。

何をするかは問題ではなく、

「私には一人の時間がある」という認識が、

心と脳みその余裕を生み出すのだと思いました。

子供の成長は早いので、赤ちゃんのころは、

お昼寝タイムに一人時間を自由にとれていたのに、、

昼寝は2度から1度、、そして3才になるころには、

ついにはなくなります。

この昼寝タイム=一人タイム、がなくなり、

100%子供に合わせているということに

かなりの疲労を感じます。

そんな3歳からの自分時間確保には、

ちょっとした気持ちの持ち方のコツがあります。

まず、朝起きた瞬間に、就寝(子供の)目標時間を決めます。

そして、なるべく、日中昼寝はさせません。

もちろん、ママも体力が尽きるほど、子供と遊ぶ覚悟を決めてください。

昼寝は、子供それぞれのペースがありますから、無理はさせませんが、

なるべく寝ずに夕方まで過ごせる方法を見つけます。

車なんて乗り物に乗った時には大体ねるので、

移動はなるべく電車にする。とか、行き先を近場の公園や児童館にする。

など、徒歩や電車でいける方法や場所を選びます。

(寝るときは寝ますが・・)

うちの子供は、2歳半ごろから平日保育園で寝ていても、

(多分寝たくないけど、みんな寝ているから、寝ているみたいです)

土日の休日には、昼寝しなくなったので、

土日は、昼寝のことを忘れるほど、一緒に遊びます。

そして、ここがポイント。

早めに家に帰って16時ぐらいにお風呂に入れる。

お風呂も遊び場所の一つとして全力で遊びます。

そうすると、17時ごろご飯を食べながら、、うとうと・・。

歯磨きは?!って思いますが、、

気持ち良さそうにしだすので、まぁいいか、です

(朝、ちゃんとさせます)

まぁ、これも3歳すぎたあたりから

17時にはねなくなるのですが・・

頑張ったご褒美として、

少なくともまとまって一人時間の確保はできます。

あとは、前述したように、一人時間の内容はお好きにどうぞ。です。

とにかく、一人時間を定期的に確保する努力をすること。

が大切です。

確保することができないなら、

周りに少し預けても全然ありだと思います。

一人時間に後ろめたさを感じなければ、

リフレッシュはいくらでもできます。

まとめ

子育てにイライラしてしまうママが、

一番周りを不幸にしてしまいます。

どうしても預けたくないなら、

子供中心の生活をしながら、自分のための

時間確保のための工夫をしまくりましょう。

自分時間のためなら、結構やれます。

いつまでも、いつまでも子供に合わせて振り回されると、

この時期いつまで続くのだろう

と途方に暮れて、本当に疲れ切ってイライラ地獄にはまってします。

少しでも、自分の時間をキープして、

ストレスない子育てを心がけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする