春雨サラダの春雨が固まる!冷蔵庫に入れてもスルッとする作り方は?

スポンサーリンク

春雨を使った料理の中でも、人気が高いのが、「春雨サラダ」。

昔、学校の給食にも、

かまぼこ入りのすっぱ~い春雨サラダがよく出ていました。

冷たく冷やした春雨サラダを、暑い日に食べると美味しいですよね♪

この春雨サラダ、冷蔵庫に入れておくと、

ゴムのように固くなってしまったり、

春雨同士がくっついて、かたまりになってしまったことはありませんか?

スーパーのお惣菜の春雨サラダは、

時間がたっても固くなることはないですよね。

パサつかず、かたまらない春雨サラダの作り方や

長く保存したいときの方法を紹介します。

 

春雨サラダを冷蔵庫に入れても固まらない方法

スポンサーリンク

春雨は一度お湯などで戻しますよね!

戻したては、春雨は水分がたっぷりなのですが、

そのままの状態で時間がたつと、

はしで持ち上げると全部ついてくるような状態に(笑)!

春雨どうしは、とてもくっつきやすいんです~。

くっつかずに、スルッとした春雨サラダを作るポイントはこちら!

  • 戻した後、包丁やキッチンバサミで適度な大きさに切る
  • 戻したら、ごま油などの油を適量混ぜる
  • 野菜や海藻などの具を多めに入れる

春雨って意外と長いんですよね~。

適度に切ることで、絡まりにくくなりますよ(*^^)v

戻す前にハサミで切っても大丈夫です!

そして、戻した後で油を混ぜることにより、

絡まりにくくなります!

油はお好みの油で大丈夫ですが、

中華風の春雨サラダには、ごま油でしょうか(*‘ω‘ *)

調味料として入れるのではなく、

春雨を油でコーティングすることにより、

くっつかずに絡まりにくくなります。

ゆでたてのパスタにオリーブオイル+少量のゆで汁を絡めると、

くっつきにくくなるのと同じですね!

春雨サラダの冷蔵庫の中での日持ちはどのくらい?長く保存するポイントは?

春雨サラダの日持ちって、2日~7日と幅広いんです!

(スーパーのお惣菜の日持ちは、パックの表示の通りです!)

作り方や混ぜる具材によっても変わりますし、

保存の仕方によっても変わります。

春雨サラダの保存を長くするポイントは、戻し方と水分の調節です。

適度な水分を保つには、

使う春雨や混ぜる具材、調味料の量で調節します。

作り置きに向いている春雨は、「緑豆春雨」です。

じゃがいもやさつまいもが原料の春雨は、

作り置きには不向きなので、なるべく早く食べきりましょう。

春雨は戻した後に、水か氷水で洗って、しっかりと水を切ります。

こうすることで、春雨の表面のぬめりが取れます。

これも外せない作業です。

手でぎゅっとにぎっても絞りにくいので、

ザルに入れてこぶしで水分を押し出すようにすると、

うまく絞ることができますよ。

サラダに混ぜる具材は、お好みのもので大丈夫ですが、

中華風ならゴマときゅうりは外せないです!

お好みの調味料で合えて、

作り置きとして保存するなら、

消毒したタッパーに入れて冷蔵庫に入れましょう。

冷蔵庫で少し冷やし、休ませたぐらいが、

味がなじんですごく美味しくなります!

調味料は下にたまることがあるので、

何日か持たせたい時は、一日に一度くらい全体を清潔な箸で混ぜると

いいですよ~。

また、冷蔵庫に入れて固くなってしまった春雨は、

調味料を少し足して少し温めることで、解消されるようです。

(固くなり具合にもよります!)

別の料理に変身させるという手もあります。

春雨サラダがかたまりにくいポイントを押さえれば、

作り置きおかずとしても便利な春雨サラダ。

簡単なようで、とても奥深いですよね。

上手に作れば、一週間日持ちする!という人もいるくらいなので、

ようは、日持ちするかどうかは、

自分の腕にかかっているということでしょうか・・(^-^;

「おふくろの味」ともいえる美味しい春雨サラダを作れるように、

日々精進ですねっ(*^^)v

 

春雨サラダをマヨネーズであえてもパサパサしない作り方

中華風の春雨サラダよりも、春雨のマヨネーズサラダがパサついてしまう、

という経験はありませんか?

こちらも、中華風サラダと同じように、

春雨を戻したら水や氷水で洗い、しっかりと水を切って、

マヨネーズと合えましょう。

また、マヨネーズで合える時に、

マヨネーズに牛乳や豆乳を大さじ1程混ぜたもので和えることで、

パサつき感がなくなりますよ~。

マヨネーズサラダは、調味料の量が少なすぎないように気をつけましょう!

 

まとめ

 

冷蔵庫に入れても固まったり、

パサついたりしない春雨サラダを作るには、

  • 緑豆春雨を使う。
  • 春雨を戻したあと、ぬめりを水や氷水で洗い流す。
  • 水分はしっかり切る。
  • 春雨を戻したら、食べやすい大きさにカットする。
  • 油でコーティングする。
  • 具材を入れて、水分を調節する。

日持ちをさせたい場合は、

日持ちする具材を混ぜることや、清潔な容器で保存すること、

固くならないように、一日に一度全体を混ぜるといいですよ!

マヨネーズサラダには、マヨネーズに牛乳や豆乳を大さじ1程足して

合えると、しっとりします。

マヨネーズサラダを作る時も、

戻した春雨を水で洗い、水分をしっかり切ってくださいね!

では、美味しい春雨サラダを作ってください(*^^)v

春雨は消化が悪い?春雨の食べすぎで腹痛がなぜ起こる?予防策は?も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする