春雨の原料って何?マロニー・ビーフン・フォーや葛切りとの違いは?

スポンサーリンク

美味しく、低カロリーな春雨。

乾燥春雨は手に入りやすく、

常温で日持ちがするので、お助け食材としても人気ですよね。

そんな春雨ですが、前々からちょっとした疑問がありました。

春雨を買う時って、同じコーナーに、

「くずきり」や「マロニー」といった、よく似たものが並んでませんか?

一体どこが違うのでしょうか?

ビーフンや、フォーとの違いも気になってきました(笑)

緑豆はるさめと商品名があるくらいですから

春雨の原料は緑豆?

日本で最もポピュラーな春雨は緑豆が原料

なんと、ほとんどが中国産なのだそうです!

国産の春雨は、違う原料で作られているみたいですよ。

ということで、今回は、似たようなこれらの

商品の違いを見ていきましょう!

 

春雨の原料は緑豆だけじゃない?日本で作られている春雨の原料は?

スポンサーリンク

春雨は、家庭でも普段よく使われている食材ですよね。

春雨は、何でできているのかというと、

  • じゃがいも
  • さつまいも
  • 緑豆(りょくとう)
  • 豌豆(えんどう)

などの、でんぷんからできています。

春雨は昔中国から伝わったもので、

今一番家庭でよく使われているのは、

「中国産の緑豆はるさめ」ではないでしょうか(^o^)丿

私たちが良く食べているのは、「豆」のでんぷんからできた春雨

ということになりますね!

韓国では、さつまいものでんぷんから春雨が作られていて、

「韓国はるさめ」と呼ばれています。

豆からできた春雨に比べると、色がグレーがかっています。

こちらは、チャプチェの材料として使われていますよね。

日本で出回っているのは、ほぼ中国産の春雨ですが、

日本の春雨もちゃんと存在するんですよ!(^^)!

日本では、リョクトウからではなく、

かんしょ(サツマイモ)やじゃがいものでんぷんで、

春雨が作られています。

色も、微妙に違います。

豆と芋の春雨では、それぞれ食感なども違いますので、

日本製の、芋からできた春雨も、

お店で見つけたら一度食べてみてくださいね(*^^)v

 

マロニーの原料は?

鍋に入れる具材として有名な、「マロニー」

私はマロニーと聞くと、

どうしてもある女優さんが浮かぶのですが(笑)

西日本は「マロニー」、東日本では「マロニーちゃん」という

商品名で販売されています!(^^)!

また、「生マロニー」もあります。

これらの商品は、マロニー株式会社が独自に開発したもの。

原料は、じゃがいもとトウモロコシのでんぷんです。

煮崩れしにくく、味もしみやすく作られているので、

やはり鍋にはもってこいですよね!

マロニー社のホームページには、

マロニーを使った料理のレシピが多数紹介されています!

鍋以外にも使える、便利なマロニーちゃんですが、

その名前の由来は、はっきりしません。

でも、なんだか懐かしくてかわいい響きのマロニーちゃん。

これからもお世話になりま~す(^^♪

 

ビーフンの原料は?

「ビーフン(米粉)」は、中国から伝わった食べ物です。

うるち米のでんぷんからできているライスヌードルで、

タイやシンガポール、ベトナムなど、世界各国で食べられています。

日本では、野菜たっぷりの焼きビーフンや汁ビーフンとして、

よく食べられていますよね。

ですが、

こちらもパスタやうどん、そうめんのように色々な食べ方ができます。

また、米が原料なので、小麦アレルギーの方も美味しく食べられます。

夏は冷やしてそうめん風に、トマトなどと一緒に食べるのもいいですね(*^^)v

 

フォーの原料は?ビーフンと違うの?

ベトナムの麺料理、「フォー」

ビーフンと同じ、「うるち米」からできていますが、形は平べったい麺です。

あっさり味のスープに入れて食べられることが多く、パクチーがよく合うので、

パクチー好きな人は本当に大好きですよね(^^♪!

フォーも色んな食べ方があり、夏は冷たく、冬は温かくして、

たまには異国感ある雰囲気のフォー料理もいいですよね。

フォーは、日本人にはまだなじみが浅いのか、

ちょっと好き嫌いが分かれる料理でもあります。

私もあまりなじみがなかったのですが、

夏に冷たいフォー料理、チャレンジしてみたいです!

 

くずきりの原料は?ところてんとは違う?

乾燥させたくずきりは、見た目は「太い春雨」のようですよね。

原料は「くず粉」なんです。

マメ科の植物、葛(くず)の「根」のでんぷんから作られています。

根ということで、なんだか栄養もありそうな感じ(*^^)v

この葛の根から、漢方薬も作られていて、

「葛根湯」の原料としても使われています。

また、和菓子の「くずもち」の材料としても使われ、

料理のとろみに「くず粉」を使う人も多いのではないでしょうか。

ただ、くずきりは、原料にじゃがいもやとうもろこしを使っていることも

多いので、買う時は原材料を確認してみて下さいね。

また、くずきりに似た「ところてん」や「寒天」は、

天草(テングサ)という海藻からできています。

似ていますが、原料は全くの別物なんですね~。

 

まとめ

 

 

 

春雨、マロニー、ビーフン、フォー、くずきり・・。

それぞれ生まれた場所も、原料も違うということがわかりました。

春雨、マロニーは、色んな食べ方ができることを発見したので、

ワンパターンだった料理も、レパートリーが広がりますね!

中でも、くずきりの原料となるくずは、

生薬として使われるほどなので、もっと取り入れていきたいです!

乾燥させてあるので長く保存ができる、でんぷん製品の数々。

ぜひ普段の食事にとりいれて下さい(*^^)v

春雨の食べすぎで胃痛や腹痛が起こるのはなぜ?してはいけない事とは?も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする