いちじくのむき方って?するっとむける2つの方法とは?食べごろは?

スポンサーリンク

いちじくは、好き嫌いが分かれる果物ですよね~。

食べると身体に異変が出る方もいますし、

ただ味が苦手な人もいます。

でも、

「いちじくの皮ってむきにくい!」

「食べる時に手がベタベタして嫌だ!」

という理由で、いちじくをあまり食べない方がいらっしゃいますが、

その理由だけでいちじくを食べないなんて、

も~、すごく・・もったいないです(≧◇≦)

ベタベタは、いわば「いちじくが新鮮な証」です。

いちじくの皮をきれいにむく2つの方法と食べごろの見分け方

保存の仕方などを紹介します。

いちじくの湯むきの仕方と手できれいにむくむき方

スポンサーリンク

いちじくは湯むきできれいにむける

いちじくもトマトみたいに湯むきできるんです!

やり方はトマトの湯むきと一緒です。

熱湯にいちじくを入れ、すぐに冷水にとります。

完熟度にもよりますが、やりすぎNGです。

するっときれいにむけるんです。

 

 

いちじくを手でむく場合のむき方

 

 

まず、いちじくの皮は、軸の方からむいていますか?

おへその方からむいていますか?

実は、むく方向が違うだけで、全然むきやすさが違うのです。

軸の方からおへそに向かってむくと、きれいにむけますよ!

「皮がむきにくい」と言っている人がいたら、

おへその方からむいていることが多いので、

教えてあげて下さいね。

いちじくの食べ方は皮ごとが良い!?

 

 

いちじくって、実は皮ごと食べるのがいいって、知ってましたか?

いちじくの皮にも、アントシアニンなどの栄養が豊富なのです。

いちじくの皮が薄いものは、実と一緒に食べる方が、

栄養的にはいいわけです。

いちじくは皮をむいて食べるものと認識している人って、

たくさんいるはず!

私も、いちじくの皮むきだけは得意だったのですが・・(;’∀’)

皮ごと食べる時、注意点として、

さっきの「ベタベタ」が出てきます。

このベタベタ、いちじくを収穫する時に、茎や葉から出るもので、

口には入れない方がいいんです。

ただ、この白いベタベタも薬として昔から活用されているので、

決して悪いものではないんですよ。

いちじくを買うと、

包装やパックの中に、この白いベタベタが付着していることも

ありますが、全く問題ないのです。

ベタベタを取る方法もちゃんとあるんですよ。

このベタベタ、手についたら取れにくいですが、

油で落ちてくれます。

油で手をふき、洗剤で洗って下さいね。

このベタベタは「タンパク質」を分解する成分なので、

手についたままだとかゆくなることもあります。

手に付いたままにせず、ちゃんと洗い流してくださいね。

また、皮ごといちじくを食べる時には、

水でしっかり洗ってから食べるようにしてください(*^^)v

がっつり皮がベタベタしていたら・・普通に皮をむきましょう(笑)

 

いちじくの食べごろって?緑や黒いいちじくの場合は?

未熟ないちじくや、いちじくの食べすぎによって、

胃腸の具合が悪くなってしまうことがあります。

いちじくの食べごろの状態は、どこで見分けるといいのでしょうか?

いちじくは、品種がたくさんあります。

ドライいちじくでは、「白いいちじく」もあります(@_@)

最近は黒いいちじくや、

緑色のいちじくも、よく見かけるようになりました。

色づきで食べごろを判断することもありますが、

品種によってはわかりにくいですよね。

一番わかりやすいのは、おへその部分です。

割れかけているものが食べごろです。

そして、全体的に丸くて、

元気そうないちじくを選んでくださいね。

ちなみに、割れすぎているものは、熟しすぎたものです。

また、いちじくには香りがあります。

フルーツって、食べごろになるとフワーンといい香りがするので、

香りも確かめてみて下さい。

 

いちじくの保存の仕方は?冷凍はできるの?

生のいちじくは、あまり日持ちがしないので、

早めに食べる必要があります。

いちじくを買ってきたら、常温には置かずに野菜室に保存しますが、

乾燥しないように保存するようにしましょう。

調べると、ビニール袋に入れて保存するといいみたいですが、

うちの場合はパックごと野菜室に入れています。

(どっちみち、すぐに食べちゃうので。)

たくさんある場合は、重ならないように袋に入れておくと

いいですね(*’ω’*)

ですが、野菜室での日持ちも短いので、

数日中のうちに食べきれない場合には、早いうちに、

冷凍しておきましょう!

まるごとの状態で、保存袋に入れて冷凍できます。

冷凍したいちじくは、全解凍せず、半解凍で食べるか、

ジャムやシロップ漬けなどにしましょう。

 

いちじくは漢字で書くと「無花果」その由来は?

私が小学生のころ、「無花果」というケーキ屋さんが近所にありましたが、

「むかか~」と呼んでいました・・(^-^;

でも、いちじくは薬としても使われているのですが、

生薬では「むかか」と呼ぶそうです(笑)

いちじくの花は、じつは私たちが食べている実の中にあります。

実の中の、プチプチしたものが、いちじくの花なんです。

花が実の中に隠れて咲いています。

なので、花を咲かせないで実がなるように見えるため

花が無い果物という意味で「無花果」になったそうです。

プチプチした部分が花だったなんて・・。

なぜ花が、実の中に隠れるようにできるのでしょうか(*’ω’*)?

まとめ

 

 

 

いちじくは、花を隠すようにして咲かせる、不思議な果実です。

私たちは花を食べているわけですね!

いちじくは、皮をむく場合、

軸の方からむくときれいにむくことができますよ!

ベタベタが手についた場合は、油でふき取ることで、

とることができますよ。

いちじくの皮にも栄養が豊富なので、

良く洗ってから、実と一緒に食べるのがオススメです。

食べごろのいちじくの見分け方は、

おしりが割れかけているかどうかと、香りも確かめてみて下さい。

全体的にぽってり丸いものを選ぶようにしましょう!

いちじくの食べ方って?栄養満点いちじくを美味しく食べる方法!も見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする