妊婦さんが風邪のときは行く病院は?予防の仕方と薬はどうする?

スポンサーリンク

妊娠すると、誰でもなるべく風邪をひきたくないものです。

お腹の赤ちゃんに影響が出ないか、かぜ薬を飲んでもいいのか、

不安になりますよね。

けれど、妊娠していても、仕事をしている人は多いです。

妊娠~出産~授乳の時期まで、赤ちゃんのためには、

なるべく風邪をひきたくないし、

薬のお世話になりたくないのですが、

その間一度も風邪をひかない人という人は、少ないのではないでしょうか?

風邪が流行る時期などは特に、

マスクをつけていても、予防には限界があります。

妊娠中に風邪をひいた時、病院に行くタイミングや、

かぜ薬の選び方、オススメの風邪予防などをご紹介します!

妊婦さんが風邪をひいたときは内科がよい?産婦人科がよい?

スポンサーリンク

風邪のウイルスというのは目に見えないので、

どこで感染するかわかりません。

妊娠中はなるべく人の多い場所に行くのを控えましょう。

それでも、風邪をひいてしまうことがあります。

市販の風邪薬は、薬の成分によっては、

胎児に影響する可能性もあります。

市販の風邪薬は慎重に考えた方が良いですね。

妊娠中は、たいしたことのない風邪だったとしても、

病院に行って処方された薬を飲んでください。

産婦人科の医師の方が妊婦さんが飲める薬に詳しいので

内科よりもかかりつけの産婦人科の方が良いです。

妊娠中だからと、薬を飲むのを我慢してしまうのはよくありません。

薬は、妊娠中でも飲んで大丈夫なのです。

ただ、どの薬を飲むのか、自分の判断ではなく、

病院に判断を任せましょう。

妊婦さんは仕事中もマタニティーマークをつけた方が良い!?無理をしないで風邪予防

妊娠中は、体調の変化が激しく、特に妊娠初期はつわりがひどくなる

ことも考えられます。

「妊娠前と同じようには働けない」ということをまず頭に置き、

勤務時間を減らせるのなら、減らしてもらって、

身体と相談しながら、無理のない範囲で働くのが一番です。

そういったことも、風邪の予防に繋がりますよ。

接客の仕事をしている人は特に、マスクをつけるようにしましょう。

私は妊娠中は接客業で、マスクをつけて、

名札にはマタニティーマークのキーホルダーをつけて、

仕事していましたよ。

妊娠初期は、体調が悪くてもお腹が目立たないので、周りからは

妊娠しているとはわかりません。

つわりもなく、体調が悪くなかったら、

マタニティーマークをつけなかったと思いますが、

自分の体調のせいで、お店に迷惑をかけたくなかったので、

あえてつけていました。

重いものを運んだりすることもそれまで多かったのですが、

無理を言ってくるお客さんはさすがにいませんでした。

私にとって、このマタニティーマークのキーホルダーは

本当に役にたちました。

妊娠中は、本当に無理をしない方がいいし、

周りの人も「無理しないでほしい」と思っているはずです。

ですが、マタニティーマークにも賛否両論あり、

いつもつけていればいいわけでもなく、

つける場所やタイミングも少し考えなければなりません。

私の働いていたお店は、年配のお客さんが中心だったので、

マタニティーマークのキーホルダーをつけていても、

何もトラブルはありませんでしたよ!

妊娠中は、無理をせず、マスクもつけて風邪予防を

きちんとするようにしましょう。

まとめ

 

 

 

妊娠中でも仕事を抱えている人は少なくありません。

仕事場によっては、妊娠中でも、それまでと同じように働かされる

こともありますが、

お腹の赤ちゃんが一番大事なので、働き方の工夫をすることが

必要です。

マタニティーマークを常に持ち歩くこともオススメします。

仕事では(特に接客業)なるべくウイルスをもらわないように、

マスクの着用を心がけましょう。

万が一風邪をひいてしまった時は、

薬を飲んでも大丈夫ですが、

病院で処方された、妊婦さんでも飲める薬を飲むようにしましょう。

お腹の赤ちゃんのために、不安や心配ごとをためないように、

生活することを心がけてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする