子連れの外食マナーは大丈夫?やってしまいがちな迷惑行為とは?

スポンサーリンク

子供との外食は、公共の場所での食事の仕方を覚えてもらう

いい機会になるのですが、

子供って、じっとしていられないものですよね。

ママにとって外食は、つかの間の楽しみでもあるので、

ゆっくりしたい気持ちもありますが、

話しこんでいるうちに、子供を放っておきがちに

なってしまうことがあります。

子供だから何でも許されるとは限りませんし、

子供が走り回ったり騒いでしまうと、他のお客さんが

せっかくの外食をゆっくり楽しめないということも・・。

できればマナー良く外食したいし、

子供にも、家の外で食べるという体験させてあげたいものです。

今回は、子連れの外食のマナーについて見ていきましょう。

 

子連れの外食はいつから大丈夫?

スポンサーリンク

子供があまりに小さいと、外食はゆっくりできません

赤ちゃんは突然泣きだしてしまうということがあるので、

大人のペースではなく、赤ちゃんのペースに合わせてあげることが

大切です。

決して、外食中に泣いているのに放置してはいけません。

赤ちゃんの泣き声に、

他のお客さんが気になって仕方なくなってしまいます。

抱っこしても泣きやまない場合は、店員さんに断ってから、

少し外に出ると落ち着くこともありますよ。

時間を置いて店に入ろうとすると、泣き出してしまう場合は、

赤ちゃんがその店に入りたくないと訴えていることもあるので、

無理に戻らない方が良いでしょう。

赤ちゃんは案外、外に出ていると機嫌が良いですが、

よかれと思って予約した個室は、とても嫌がることがあります。

でも、2~3歳くらいになると、

そういうことはなくなってきます。

赤ちゃんは一日に何度も寝たり起きたりしていますが、

お昼寝タイムが整ってきたら、お出かけや外食がしやすくなります。

お昼寝タイムより早めにお店に入って、眠くならないうちに

帰るようにしましょう。

子供は眠かったり、お腹がすいていると機嫌が悪いものです。

子供も入りやすいような店を選んで、

お昼ごはんも、ささっと食べるようにしましょう。

子連れでは、外食でまったりすることは難しいです。

まったりしたい場合は、

子供を預けてから行くようにしましょう。

子供はあまり量を食べることができないので、

大人が食べ終わるまでにはもう遊びモードに入ってしまうことも。

お子様ランチにおもちゃがついている場合がありますよね。

うちの子はごはんが済んで、大人が食べ終わるまでは、

そのおもちゃでよく遊んでいてくれました。

子供も、大人しくしている子もいれば、

すぐに動き回ってしまう子もいます。

「一人目ではラクチンだった外食も、

二人目ではとても苦労した!」ということもあります。

子供のタイプに合わせた店選びをするようにしましょう。

子連れの外食で迷惑をかけないために気をつけること

外食をするにも、色んなお店があります。

ラーメン屋、ファミレス、居酒屋、カフェ、フレンチレストラン、

フードコート・・。

カフェ一つとっても、大人の雰囲気のカフェなどは、

単にお腹を満たすためではなく、雰囲気を大切にしたいカップルや、

ほっと一息ついてまったりしたい人などが利用します。

明らかに子供連れは場違いだな・・という店は、

子供向けのサービスをしていない場合も多く、

店員さんも利用する側も困ってしまうかもしれません。

子供が入っても違和感のないようなお店を選ぶようにしましょう。

食事をする場所なので、衛生面が大切です。

いくらお店が落ち着く空間だったとしても、

家でするのと同じように、

子供のパンツやおむつを席ではきかえさせたり、

席で授乳することは控えましょう。

ママは普段、授乳やパンツ交換をやり慣れていたとしても、

周りの人が見たらびっくりしてしまう事でしょう。

子供は食べこぼしがひどいので、

食べ終わった後は食べこぼしを片付けることや、

テーブルの下に落ちてしまった食べ物も拾うようにしましょう。

おしりふきは、こういう時にも便利なので、

子供とお出かけする時には、持ち歩くようにするといいですね。

また、ベビーカーはかなり場所をとりますし、

店の通路は狭いものです。

なるべく抱っこひもで子供を連れていくようにし、

ベビーカー持参の場合には、

お店や他のお客さんの迷惑にならないようにたたんでおく

ようにしましょう。

ママが疲れていたり、イライラしている時は、

外食はやめておくか、

テイクアウトして外や車の中で食べるようにすると楽です!

私もよく景色のいい場所に車を止めて、

子供とお昼を食べていましたよ。

開放的な景色だと、気持ちも落ち着きます。

ママの気持ちがツンツンしていたら、周りへの気配りをする余裕も

ありませんよね。

子連れの外食は大変ですが、お店の人や、他のお客さんの気持ちも

考えて行動したいですね。

 

まとめ

 

 

 

子連れの外食は、子供の性格にもよりますが、

本当にゆっくりできないし、大変です!

子供が泣きだしてしまうのが、

ママにとって一番避けたいことです。

そうならないためには、

子供のお昼寝タイムが整ってから外食デビューをしたり、

お昼寝タイムの前にさっと食事して帰るようにすると、

子供の機嫌もいい時に食事ができますよ。

おもちゃ付きの子供向けメニューがあると、

子供もご機嫌です。

大人が食べ終わるまでに、それで遊んでもらうこともできます。

子供も性格が様々なので、子供に合わせて店を選ぶように

するといいですよ。

ママは、店員さんや他のお客さんの気持ちも考えながら、

行動するようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする