いちごパウダーでクッキー作り♪着色なしでピンク色のクッキーになった方法!

スポンサーリンク

いちごパウダーを何種類か購入してみたので、

今回は、さっそくいちごのクッキーを作ってみます!

作ったのは、この2つです。

  • スノーボールクッキー
  • 型抜きクッキー

フリーズドライのいちごパウダーは、

焼くと色が抜けてしまいます。

スノーボールクッキーは、

焼く前はきれいな淡いピンク色だったのに

焼いたら、だいぶ色が抜けてしまいました。

型抜きクッキーの方は

いちごパウダーだけでも色が抜けないように

色を残すことができましたよ。

ピンク色の可愛いクッキーが出来上がったので

クリスマスやひな祭り、バレンタインやお誕生日など

いろいろ作ってみて下さい(*^^*)

いちごパウダーを使ったクッキーの作り方。着色しないでピンク色のクッキーにした方法

スポンサーリンク

いちごクッキーを作るなら、見た目にも「いちご」とわかるように

作りたいですよね!

バターやオイルで作ることもありますが、

家にオーガニックショートニングがあったので、これを使います。

オーガニックショートニングは、

バターに置きかえて使うことができます。

パンを焼くのにも使え、

トランスフリーなので、少しは罪悪感ないかな・・?

という感じです(;’∀’)

バターのような使い心地なので、バターと同じように使っています。

いちごパウダーを使ったスノーボールの作り方

スノーボール(25~30個分)の材料に対して、

いちごパウダーは5~7gくらいがちょうど良かったです(^^)/

今回は、卵なしのレシピで作りました。

使ったいちごパウダーは、

cuocaのフリーズドライ(フレーズ)です。

いちごがまるごとフリーズドライになっているので

すりおろしてパウダー状にしました。

常温でやわらかくしたショートニング(60g)に、

砂糖(40g)、アーモンドプードル(20g)、いちごパウダー(5g)、

薄力粉(150g)の順にいれてまとめ、

お皿や天板に25~30個に分けて丸めて並べます。

ラップをかけて、冷蔵庫で30分ほど寝かしている間に、

オーブンを170度に予熱しておき、15~20分焼きます。

焼く前は淡いピンク色でしたが、焼くと色がだいぶ抜けました。

今回は、クッキーに溶けない粉砂糖(ストロベリー)をまぶします。

使用したのは、

TOMIZ cuoca (富澤商店 クオカ) 溶けない粉砂糖(ストロベリー) / 40g 粉砂糖 飾り用粉砂糖

普通の粉糖をクッキーやドーナツなどにまぶすと、

時間がたったら溶けてしまいますが、

溶けない(泣かない)粉糖は、次の日でも溶けずに、きれいなまま!

友達に贈るお菓子などに使えるアイテムです。

スノーボールクッキーにも、マストです!(^^)!

もちろん、次の日もきれいなままでしたよ!

いちごパウダーを使った型抜きクッキーの作り方

こちらも、オーガニックショートニングを使い、

卵なしのレシピです。

45~50個分に対して、6gのいちごパウダーを使いました。

こちらに使ったいちごパウダーも、

cuocaのフリーズドライ(フレーズ)を、

すりおろしてパウダーにしたものです(*^-^*)

いちごのつぶつぶ感の残るクッキーになりました!

いちごの色を残したかったので、120度の低温で焼き、

オーブンに入れて5分後にアルミホイルをかけて変色を防ぎました。

ショートニング(50g)に砂糖(20g)を入れてすりまぜ、

いちごパウダー(6g)と薄力粉(110g)をふるいながら入れて、

よく混ぜます。

ぼそぼそになりますが、やがてまとまりますよ。

混ざったら、ひとまとめにしてラップに包み、冷蔵庫で冷やします。

オーブンを120度で余熱し、

型抜きしたクッキーを入れて20~25分焼きます。

うちのオーブンでは、クッキー天板2枚分になりました。

焼く時に、周りの方から変色しやすいので、

20分たったごろから、色付きをよく見ながら取り出します。

170度くらいで焼く時は、

食用色素かベニコウジパウダーを入れると、色がきれいに出ます!

今回は、いちごパウダーのみで、いちご感を出してみました。

いちごの甘酸っぱさがよく出たクッキーになりました(^^♪

いちごパウダーでアイシング

いちごのアイシングも作ってみました。

スノーボールで使った「溶けない粉砂糖(ストロベリー)」と、

水、レモン汁を適量混ぜ合わせて作ります。

アイシングパウダーという、卵白のパウダーと水で混ぜても、

アイシングを作ることができます。

アイシングクッキーが流行中ですよね!

今回は簡単にクッキーに絞ってみました。

乾かしているうちに、子供が食べてしまいましたが(―_―)!!

溶けない粉糖(ストロベリー)は、水を入れると鮮やかな色に!

固さは調節してくださいね。

100円ショップに売っている、絞り出し袋の先を切り取って、

アイシングを絞る袋にします。

先を切り取る時は、慎重にハサミで少しずつ切って下さいね!

最初に固めにして、ふちどりをしぼり、

次に水を入れてゆるめにして、中を絞るといいのだそうです!

私は細かい作業が苦手なので、

超ズボラアイシングですが(;´∀`)

まとめ

 

 

 

いちごパウダーを使って、

クッキー2種類とアイシングを作ってみました。

今回のクッキー作りは、「いちご感をいかに出すか!」を意識しました。

つぶつぶ感のあるパウダーを使ったので、

クッキーをよく見ると(よく見なくても!笑)つぶつぶが入っています。

特に型抜きクッキーは、

自然ないちご味と風味で、子供にも大好評でした(*^▽^*)

スノーボールクッキーは、

普通に高温で焼いて、色が飛んでしまったとしても、

粉糖にいちごパウダーを入れると、いちご感が出ます。

型抜きクッキーは、低温で焼き、アルミホイルを途中でかぶせることで、

着色なしでも、自然ないちご色をキープすることができます。

いちごパウダーは、

アイシングクッキーのアイシングにも使えますよ!

スポンジケーキをピンク色に!いちごパウダーできれいに色付け!

セリアのいちごパウダーでいちご大福を作り!家族にも大好評!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする