いちごパウダーの市販品はどれがおすすめ?実際に使ってみました!

スポンサーリンク

「いちごパウダーを使ってお菓子を作りたいけど、

どれを選べばいいんだろう?」と迷っている人は多いはず。

実際、いちごパウダーを探してみると、

たくさんあるので私も迷いました(^-^;

そこで、原材料や、その商品のレビューなどをもとに、

「このいちごパウダーがいいんじゃないか!?」というものを、

勝手に厳選させてもらい、実際に使ってみました!

いちごパウダーを使うとピンク色にするだけじゃなく

甘酸っぱいいちご味のいちごの香りも広がる

お菓子が作れるのが良いですよね!

お誕生日はもちろん、クリスマスやひな祭り、

ハロウィン、バレンタインにも大活躍します。

どのいちごパウダーがいいのかな?と

いちごパウダー選びで迷っている方の参考になれば嬉しいです(*^^)v

いちごパウダーの使い方をオススメいちごパウダーごとに紹介

スポンサーリンク

私が今回使ったのは、この5種類です(*^-^*)

①cuocaの「KUKKUストロベリーパウダー」30g

②cuocaの「溶けない粉砂糖(ストロベリー)」40g

③cuocaの「フリーズドライ(フレーズ)」7g

④セリア(100均)の「イチゴパウダー」4g

⑤Cotta「フリーズドライ いちごパウダー」30g

*①~③は、こちらで購入しました!

クオカ公式オンラインショップ

*⑤はこちらで購入しました。

ラッピングストア(コッタ cotta)

では、順番に説明していきますね。

cuocaのフリーズドライKUKKUストロベリーパウダー

色はやわらかいピンク色で、着色料と香料は入っていません。

とてもきめ細かいパウダーで、サラサラとしています。

きめが細かくなじみやすいので、

「トッピングとしてのクリームや、アイシングに混ぜる」のが、

オススメの使い方ですよ!

オーブンで焼くタイプのケーキに混ぜると、

色はきれいに出ません(>_<)(茶色になります。)

cuocaの溶けない粉砂糖(ストロベリー)

色は薄めの青みがかったピンクです。

フリーズドライのいちごや、赤ビート色素などが入っています。

溶けない(泣かない)粉糖は、

時間がたっても溶けないように、砂糖の表面をコーティングしてあるので、

スノーボールクッキーにまぶしたり、

ドーナツ、シフォンケーキなどにふりかけて使います。

私も、スノーボールクッキーを作って、

この粉糖をまぶしてみましたが、次の日もきれいな状態でしたよ~。

色もきれいなので、「いちごのお菓子だ♪」って分かります。

プレゼントするお菓子に使うといいですね。

cuocaのフリーズドライ(フレーズ)

これは、いちごがまるごとフリーズドライになっていて、

パウダー状ではありません。

ですが、すりおろすだけで、簡単にパウダーになります!

すりおろした感じは、セリアのイチゴパウダーとよく似ています。

鮮やかな色合いで、甘酸っぱい香りです。

まるごとの形を生かしたチョコのお菓子や、砕いてトッピング、

すりおろしてパウダーにするなど、色々使えますよ。

私は、このすりおろしたいちごパウダー6gを使って、

型抜きクッキーを作ってみました(^^♪

焼く時に、高温で焼かずに120度くらいの低温で焼くことと、

オーブンに入れて5分後に、アルミホイルをふわりとかぶせることで、

ピンク色のクッキーができます。

クッキーにしても、しっかりといちご味になりますよ♪

いちごパウダーでクッキー作り♪着色なしでピンク色のクッキーになった方法!

高温で焼くと、間違いなく茶色のクッキーになります(*‘∀‘)

高温で焼きたい時は、食用色素やベニコウジも入れると、

ピンク色にできます。

セリアのイチゴパウダー

4gなので、使い切りができます。

色鮮やかな、いちごのつぶつぶ感が残るパウダーです。

湿気やすいので、開封後に保管する場合は、

ジップロックなどに入れておくといいですね(*^^)v

色々使えますが、高温で焼くお菓子に入れると、色は抜けます。

鮮やかな色を生かして、チョコのお菓子や、冷たいお菓子、

デコレーションのトッピング、低温で焼けるお菓子などに使うのが

オススメです。

こちらも、焼き菓子に入れる時は、

食用色素やベニコウジパウダーも一緒に入れるといいですよ!

私は、ほんのりピンク色のいちご大福を作ってみました。

セリアのいちごパウダーでいちご大福を作り!家族にも大好評!

 

ピンクスポンジケーキを作るときに使ういちごパウダーは?

フリーズドライのいちごのパウダーでは、

スポンジをピンク色にすることは難しいです(>_<)

ですが、「ベニコウジパウダー」を一緒に入れることで、

いちごの香りを出しつつ、ベニコウジでピンクの色を出すことができます!

もちろん、赤い食用色素でも色がつきます。

ですが、数あるいちごパウダーの中でも、

「ベニコウジ色素入り」のイチゴパウダーも存在します!

「cottaフリーズドライ いちごパウダー」には、

その色素が入っているので、(他にも色々と入っていますが(;^ω^))

焼き菓子にも使うことができますよ~(・ω<)

ですが、お菓子に使う卵黄の色味が濃いオレンジだと、

サーモンピンクに色味が変わるようです!

卵黄は入れずに卵白だけでスポンジケーキを焼いてみたら

きれいなピンク色になりましたよ!

スポンジケーキをピンク色に!いちごパウダーできれいに色付け!

まとめ

 

 

 

いちごパウダーもたくさん種類がありますね(*ノωノ)

いちごパウダーで作ったお菓子は、いちごの香りがとてもいいので、

香料の入っていないパウダーがオススメです!

フリーズドライのまるごといちごも、砕いたり、すりおろしたり、

色々な使い方ができます。

スノーボールクッキーにオススメなのは、

「溶けない粉砂糖」。

ベビーピンクの色味も可愛いです。

溶けない粉砂糖(白)に、いちごパウダーを混ぜたものでも

いいですね!

フリーズドライのイチゴパウダーは、高温で色が茶色に

なってしまいます。

「いちごのケーキを作りたい・色もつけたい」なら、

ベニコウジパウダーをプラスするか、

ベニコウジ色素入りのいちごパウダーを選んで使って下さい。

ぜひ、いちごパウダーを使って、

甘酸っぱいいちごのお菓子を作ってみて下さいね!

いちごパウダーが売ってる場所ってどこ?ないときの代用品はある?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする